世界一周Blogランキング参加中でーす♪
「あっ、おもしろっ!」って思った方!
1日1クリックお願いします!!
(ワンクリックでポイントが入るそうです♪)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
.................................................
地球のらくがきのFacebookページ作りました♪
リアルタイム情報やブログで使った写真をアルバムにして掲載しています。
よかったら「いいね!」押して下さいね(^^)

Petit Customization Diary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悩みの種

<ブルガリア編その2>




ブルガリア滞在2日目です。

今日もイエメンで出会った仲間がぼくをブルガリア観光に連れて行ってくれました。


なんともありがたい。

ここまでされると泣けてきますね。



ってか、昨晩はビクトールが寿司を食べたことがないというので

プロヴディフのお寿司屋さんに行ったんです。
IMG_0393.jpg
とっても嬉しそうにするビクトール。 初めての体験にワクワク♪


そして定番のようにマグロを注文したわけなんですが・・・
IMG_0392.jpg
このマグロ・・・
白身魚を着色したものだったのです!!


しかも赤いのは表面だけで、中身は白・・・。

もっと長く染料につけたほうが良かったのでは?そういうわけでもないかw



中国から輸入してるからこうなるんだよ。

こちらも違う意味で泣きたくなるよね。


まあ、日本に来たらぼくがたらふく本場の寿司を食わせてあげるからね。
そのためにいっぱい仕事しなきゃな。




◆  ◇  ◆



さて、話戻って今日の観光♪

シプカ峠にやってきました。
TAI_4733.jpg
森の中にちょっと隠れるかにように佇むが、存在を隠しきれない教会。

写真大好きなボリスは「たい!このポイント好きだろぉ~」
いろいろ気を使って撮影のロケーションを教えてくれる(^^)


キリスト降誕シプカ修道院です。
TAI_4580.jpg
このテカリ具合と派手さ。
ロシアっぽい教会ですね。

あまり繊細さがないなと思っていたら、これは珍しく男子専用の修道院だそうです。
TAI_4631_20131031051634d33.jpg
男らしい・・・かな?たぶん。

このドームのシンメトリーもなかなか。
TAI_4557.jpg 
そういえば、ロシアの教会がこんなツルツルで丸々した形をとってるのは、
玉葱を意識したわけではなく、積もった雪を落ちやすくするために工夫を重ねた結果だそうです。




教会ってのはそのほとんどが、

その土地や記念、何かの意味があって建てられるんだけど


シプカ峠は、
1877~1878年にかけての露土戦争で、最も激しい戦いが繰り広げられた場所。
キリスト降誕シプカ修道院にはブルガリア解放のために死んだロシア人とブルガリア人
の兵士に捧げられています。





そしてここからは更にシプカ峠の曲がりくねった道を進み

峠の頂上を目指します。


更に890段ほどの階段を登っていく。。
TAI_4694_2013103105232831e.jpg
地味に運動不足の解消が・・・


ボリスはここに来るのは今年で3度めだそうで、

お客さんが来る度にやってくるらしい。


この左に見えたのがシプカの自由の碑
TAI_4671.jpg 


この自由の碑はブルガリア人にとっては重要なモニュメント。


こちらも、オスマントルコからの独立のきっかけとなった

露土戦争の激戦の英雄たちを追悼する意味があります。

TAI_4660.jpg 
まあ、結局この戦争でロシアの力を借りて独立したことでロシアよりになっちゃうんだけどね。

それでもブルガリア人にとってはこの場所こそがブルガリア人のアイデンティティになている。


なかなか眺めも良い。
TAI_4685_20131031052320695.jpg


有名なのはこの絵に見るように

崖の上から石を投げて戦ったそうです。
 TAI_4681.jpg
ブルガリア人の4万人の虐殺もありました。当然、占領当時なんかは反乱防止のために
武器も没収されていたわけです。捨て身でぶつかって行った様子が伺えます。


赤と白の紐が巻かれている。
TAI_4670.jpg 
これは、マルテニツァと呼ばれる赤白の紐。

ブルガリアではいろんなところでこの紐をみますが、三月下旬になり渡り鳥がブルガリアにくると手首からはずし果物の木に巻きつけ今年の豊作を祈願する習慣があるんだって。

広義的には何か願い事をするときに使うラッキーアイテムだそうです。
ここにもいろんな思いがあるんでしょうね。




そしてその次にやって来たのは

ブジェンツィ村
TAI_4711.jpg
この村には木造の建物や風車、家畜小屋、小川・・・昔ながらの風景があります。


最盛期にたくさんあったブルガリア民族復興時代の建物を保存するためだそうですが

日本人の我々が見ると、普通ですがヨーロッパではこういった村はすごく珍しいのです。


歩いているととっても落ち着く・・・。
TAI_4712.jpg 

今となっては日本でさえこんな村は少ないかも。
TAI_4701.jpg   

この面下がっている家畜は楽器だそうです。
TAI_4709.jpg
どんな音が出るんだろう。





さて、ここからは帰る途中の出来事です。


その土地に住む人にとって普通でしょうが
ぼくのとってはとっても珍しい景色がありました。



それはひまわり畑です。
TAI_4468.jpg 
その数と広さが無限大です。


どこまで行っても、

地平線を覆い尽くすかのようにびっしりとヒマワリです。



しかもみーーーんな同じ方向。
みんな仲良しでしょ。


それに後ろを向いた姿もかわいいんです(^^)
TAI_4511.jpg
このひまわり畑に心から胸が打たれ、ちょっとうるうるしました。




いやね、

一見平和そうにみえるブルガリアのいろんな話を聞いていたんです。




ビクトールの小さい頃のブルガリアは、

ロシア(旧ソビエト)圏だったので社会主義国家だったんです。


食べ物は配給で、貧しく車を買うにも順番制?贅沢すらできないよう様々な制限が
ありました。


一番印象的だったのが
クリスマスの楽しみは一本のバナナ



ビクトールのお父さんは歯医者で決して貧しい家庭に生まれたわけありません。

でも、キューバもそうだけど社会主義のスーパーマーケットって塩や砂糖など

必要最低限しかおけない仕組みになっていて、不自然なほど棚がガラガラなんです。



それがクリスマスになると、この日だけはバナナが置かれるんですって。

南国の果物なんて当時にすれば珍しいものでしょうが、それでも20年ちょっと前の話です。



割りと最近までなんですね。
TAI_4452.jpg 
貧しかったのでブルガリア人はみんなひまわりの種を食べるのが大好きなのだろうか。



ドライブ中のスナックは、ずっとひまわりの種だし、

油もヒマワリを使うのが一般的だそうです。


久しぶりにリスになった気分でハムハムしていました。
ぼくも小さい頃に食べたけど、香ばしくってやみつきになるよねw



太陽の花「ヒマワリ」
TAI_4443.jpg 





あと印象的だったのはもう2つあります。

ジプシー(ロマ)の話



ジプシーってアウシュビッツの記事でも話ししたけど、
このヨーロッパ各地に広がってる放浪民族で起源は南インドだそうです。


ちょっと浅黒い顔でヨーロッパの白人でも、アラブ系の顔つきでもない。

彼らは長い間、迫害の歴史をたどっています。


現在でも事あるごとに迫害や虐殺、レイプなど犯罪に巻き込まれていますが、

彼らの特徴は決して現代社会に馴染もうとしない。



第二次世界大戦においては、

ナチスに強制連行されたジプシーに至っては見て見ぬふりだったそうです。



このジプシーはブルガリヤやルーマニアにとても多くいるのですが

彼らのほとんどは物乞いをして生活をしています。




時には、話せないふりをしたり

時には、歩けないふりをたり

時には、今にも餓死しそうなふりをしたり



でもね、随分とぶくぶく太ってるばあさんが腹が空いてるって物乞いしてるのをみて

軽蔑すら抱くのは、本当にご飯を食べられない子供が病気で腹がぶくっでてる姿を見て
知っていたからかもしれない。




あるジプシーは、物乞いで十分なほどの生計を立てています。

更に、働かないことで国からの生活保護でお金を受け取っています。



素晴らしいですよね。

どこの先進国でも、働かず税金も収めない、社会の役にもひとの役にたってないのに

国からお金をもらえる問題はあるんですよね。



そんなだから本当に困っているひとにお金が回らない。

働いても働いても貧乏の人より、働かないほうが裕福になる現実。




赤子を抱くジプシーのお母さんをみて、こんな状況でなぜ子供産む?

って思ったことがありますが、

ジプシーってすごく子沢山なんです。家族が多いほうが生活保護の収入が増えるのです。





ぼくがブルガリアに入った時には一番に注意されたのは

奴らはいつもスリや盗みをするので注意しろよって言われました。
本当に厄介者として嫌われてるのを感じました。




もちろん、ジプシー村もあり農作業しながらまっとうに生活するひともいます。
 
あのチャップリンもジプシー出身です。


ただ旅をしていてどこの国でもジプシーはいますが、やっていることはどこも同じ。

印象的だったのは、ヨルダンのペトラ遺跡を管理する部族がジプシーそっくり

だったこと。歴史は古くただ一概には言えないのかって思いました。





ブルガリアがEU連合に加盟するときの条件も印象的でした。

EUはブルガリアが加盟するために、ジプシー問題を解決するようにいいました。




なぜジプシーなのか。

それはEUに加盟すれば、国境がなくなります。
そうすればジプシーが西欧に流れ込むからです。


当然、金をもらうならより裕福な国を選びますよね。

問題はそのジプシーと一緒に犯罪も増えるからです。




だけどそこで手を差し伸べたのがイギリス王室。

彼らはブルガリアにジプシーの村として家を建ててあげたのです。

そう、放浪をやめて定住されたのです。




そっそこまで。

これではジプシーのアイテンティティが・・・。







❖印象的な話の2つ目。



何人かこの国で仲良くなった人に戦争の話を聞いてみました。

テレビやニュースで日韓、日中問題が取りあげられるとドイツを引き合いに出すけど
ブルガリアを侵略した歴史のあるドイツ人やトルコとどうやったら仲良くなれるの?


素直に関係改善の秘訣を聞こうとしたら


「別にドイツとか嫌いなやついっぱいだよ。」

だって。


戦後賠償でドイツの美談を引き合いに出されるけど、結局戦争で被害にあったひとが
単純に許せる問題はないのです。

ただブルガリア人も、以前インドであった韓国人青年も冷静に言ってたけど



戦争の当事者が生きているうちは、憎しみは消えないんじゃない?

彼らこそ戦争の象徴だからね。



200年も300年も前の戦争を今でも憎しみを持つものがいないのと一緒で

解決しない問題には時が必要。

だから今の大人達ができるのは、憎しみを今の子供達に受け継がせないこと。







まあ、そんな難しい問題もヒマワリを見ながら話を聞いていたわけです。



向日葵みたいに、


みんな同じものを見て

同じ方向に顔を向けて


一緒に行きていけたらどんなに幸せだろうってね。



TAI_4735_2013110215372429a.jpg
いろんな現実を見ました。 
 



さて、話変わってブルガリアの1つおもしろいことを見つめました。

それはこちらです☆
TAI_4739.jpg 

ブルガリアの各村には

なぜか1つだけ渡り鳥の巣が電柱の上に1つできるそうです。


TAI_4748.jpg 
他に高い木なんていっぱいあるのに。なんで?


「わっほんとだーーー雛がいる!」って思わず感激してしまいました。
TAI_4756.jpg 
ピーピーなく姿と、この大きな巣の下には別の鳥が一緒に巣を作って共存していて
心がほっこりしました。





そしてプロヴディフに到着。



さて、ブルガリア最後にヨーグルトご飯でも食べるかなって思ったら

ビクトールがそわそわしてる。



理由を聞いたら

「いやぁ~さすがに今日はデモに参加しないといけないみたい。呼び出しが・・・」




デモ?

どうやら、国の政治が良くないらしくブルガリア各地でデモがあるそうです。



でもと言っても

すっごくのんびり、和気あいあいだそうで見に行ってみました。



毎日30分くらい旗を振って歩くらしい。
TAI_4769.jpg
暴動もなければ、みんな同窓会での再会のように元気かーとか、笑顔に会話している。


すごくやってることは緩いんだけど、

国を良くするために行動することは義務だという意志は伝わってきました。


ちょっおじさんサッカーの試合じゃないよ!笑
TAI_4771.jpg 


今の政治をマフィアと言う看板。
TAI_4775_20131031053036f21.jpg 

今となっては、国の批判のない国を探すほうが難しいですよね。
ほんとどこにでもる問題です。



そしては最後の夜は、ビクトールの家族と団欒タイム。

お父さん♪
TAI_4791_201310310530460ea.jpg
コトオーシュー!!
と叫ぶ父。


ブルガリアではブルガリア人力士の琴欧洲が勝った負けたは
いつもニュースで速報があるのです
PN2009072401000409_-_-_CI0003.jpg 
異国の地で相撲をとり活躍する姿はブルガリア人に沢山勇気を与えているそうです。


こちらはお母さん♪
TAI_4792.jpg 

息子のビクトール
TAI_4789_2013110216343252d.jpg
みんな顔が似てるね( ´∀`)



  

ほんと短いホームステイだったけど

心がほくほくすることもあれば、真剣に悩んでみたり

いろんなブルガリアに触れたとっても内容が濃い2日でした。



今日も読んでくれてありがとう。

次回からトルコ編です☆





世界一周Blogランキング参加中でーす♪
「あっ、おもしろっ!」って思った方!
1日1クリックお願いします!!
(ワンクリックでポイントが入るそうです♪)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村(携帯、スマホの方はこちら)

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : バックパッカー
ジャンル : 旅行

このひとに会いに来た!!

<ブルガリア編その1>




ハンガリーからバスでブルガリアのプロヴディブにやってきました。



プロヴディブといういうと、首都ソフィアの次の大きな街ですが

知らなかった。完全にノーマークでした。



歴史にいたってはヨーロッパでも最も古いとも言われており新石器時代から

6千年に及ぶ歴史を有しており、紀元前4千年ごろの居住跡が見つかっているそうです。



町の旧市街には今もアチコチから遺跡が見つかり現在も発掘中。
TAI_4342.jpg


こちらは、ローマ円形劇場跡
TAI_4320.jpg
2世紀に造られ、3000人も収容出来るそうです。
 
最近トンネルを作ろうとしたら見つかったらしいです。そりゃあ、ビックリですよね。


古代ギリシャ文字?
TAI_4327.jpg



まあこういったのは一部でまだいっぱいあるのですが、

観光としていまいち知られていないのが実際のところ。






とは言っても、もうそろそろ遺跡はいいんじゃないかな?

ってなってたので、


特別興味のなかったぼくがこの街にやってきたのはただ1つ。


友達に会うため!!


なのです。




観光が目的がなく、他でもない友達に会うために行動するのは久しぶり。

うれしいことにぼくが町に着くと当時のメンバーそのままで出迎えてくれました。

TAI_4348.jpg
すっごくうれしい!!

奇跡のめぐり合わせを感じました。
みんな会社を休んでわざわざやってきてくれたんですよーー。 泣






この4人とは中東の秘境イエメンのソコトラ島で出会いました。

ひとりでぷらっとソコトラ島に入り、たまたま仲良くなって一緒に冒険をした日々。



以前のブログが無くなってしまったので

写真を載せると、こんなナメック星みたいなところです☆
61748_427272074020039_1796207464_n.jpg  

48073_427278294019417_996689228_n_20131031231338583.jpg

560101_427274274019819_1273484857_n.jpg 


普通の観光で来るようなところでもないので

ちょっとした緊張感のなか協力し、仲良くなっていろんな話をしました。





そして当時の別れ際に

「ブルガリアに会いに来て欲しい。」とお誘いがあったのでした。






・・・あれから5ヶ月。


ギリシャで足を骨折し遅くはなってしまったけど、

まずはハグ。そして固く握手。


最高の再会を果たしたのでした。 

やばいっ!胸がジンジンするっ!!





こういうの再会って旅の醍醐味だよね。

やっぱり2度めの再会ほどうれしく、より絆が深まるんですよ☆



彼らには別れた後の旅の話をしながらいろんなところに連れて行ってもらいました。

ってか序盤はずっとぼくは話しっぱなし!



❖ソフィアの観光

アレクサンドル・ネフスキー大聖堂
TAI_4868_1.jpg   


ブルガリアの守り神はライオンTAI_4860.jpg
(別に古来からライオンがいたわけではない。)


奇蹟者聖ニコライ聖堂、通称「ソフィアのロシア教会」
TAI_4852_stitch.jpg
ブルガリアは旧ソビエト圏だったのでロシア教会が多い。


格式高そうな建築物。
TAI_4833_20131031023016ff9.jpg



ぼくが一番興味をもったのは教会で見た洗礼の儀式
TAI_4287.jpg  
ブルガリアでは新しく生まれた子供をキリスト教の信仰に入れる場合、

洗礼式と命名式が同時に行われるそうです。


赤ちゃんにちゃぷちゃぷ水をかけていたのが、とても興味深く見入ってしまいました。



他にもいっぱい子どもたちがいたなぁ。
TAI_4292_20131031020512d36.jpg 

君も前に洗礼の儀式は済んだんだろうね。 今日は随分と大人っぽい服装。
TAI_4294_20131031020516ea8.jpg 



一番仲良かったビクトールに


「こういうのは日本にあるかい?」

と聞かれたので七五三について説明しておきました。



まあ、似たような儀式ではあるだろう。たぶん(-_-;)




そしてその後は、山にトレッキングに行きました。
TAI_4307_201310310205205dd.jpg
冬はスキー場となるところだけど、
それ以外はトレッキングとして有名な7つの湖がある場所に行きました。


天気さえ良ければなぁ。すっごく気持ち良いんだけど・・・
TAI_4309.jpg
地味に雪が降ってきてものすごく寒い中、我慢大会になっておりました・・・笑


ふーーー寒い寒い。
TAI_4313_201310310211344c6.jpg 



そして今度は一転して、

丘の上から見下ろす教会に。
TAI_4379.jpg 

この教会はトルコが攻めてくる際の見張り小屋にもなったそうです。
TAI_4373.jpg


ここもかなり歴史が古いそうだが、目にしたのは一風変わった宗教画。
TAI_4368.jpg  
    

教会のドーム
TAI_4369.jpg 


TAI_4370.jpg 



ぼくがブルガリアに滞在するには2日と言っていたので

随分といろんなところに連れて行ってくれました。


かなり弾丸!!笑




写真撮影不可で撮れなかったけど世界遺産の”リアの僧院”も行きました。




そして帰りはリアルなブルガリア料理を食べられる数少ないレストランに。
TAI_4420.jpg
普段は簡単に済ませるかモダンな食事が広まってからは、古くからのブルガリア料理は
なかなか食べられないそうなのです。

鉄板焼きから煮込み料理に至るまでもうお腹いっぱい!
TAI_4407_201310310225097f7.jpg


そしてブルガリアらしい♪

って思ったのは、料理にいたるところにヨーグルトを使っていましたw
TAI_4354_20131101003044281.jpg


全然甘くないんですよ。

逆に日本では砂糖を入れる話をしたら”おえ~”って苦笑いされました。



あとブルガリアの文化や戦争の話、それに人種差別の話や政治のこと。

普通に観光してはわからないことまでいろいろ教わりました。

TAI_4416.jpg  




続きはまた次回にしますが

正直いろんなカルチャーショックがありました。



そしてまた暗く落ち込んでみたり・・・。

ブルガリアというと
ヨーグルトしか知らなかったけど、初日ながら本当に来てよかったと思いました。



それでは
今日も読んでくれてありがとう!





世界一周Blogランキング参加中でーす♪
「あっ、おもしろっ!」って思った方!
1日1クリックお願いします!!
(ワンクリックでポイントが入るそうです♪)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村(携帯、スマホの方はこちら)

テーマ : バックパッカー
ジャンル : 旅行

スポンサードリンク
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

カレンダー
06 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
合わせて読んでね♪
Twitter
世界一周の持ち物
使用一眼カメラ
❖NiconD7000
+18-105mレンズキット

中型サイズで邪魔にならず無難に良いカメラ
.................................
❖単焦点レンズ35m f/1.8G

値段も手頃で人や物をぼかすに最適
.................................
❖Canon デジタルカメラ PowerShot S120
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。