世界一周Blogランキング参加中でーす♪
「あっ、おもしろっ!」って思った方!
1日1クリックお願いします!!
(ワンクリックでポイントが入るそうです♪)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
.................................................
地球のらくがきのFacebookページ作りました♪
リアルタイム情報やブログで使った写真をアルバムにして掲載しています。
よかったら「いいね!」押して下さいね(^^)

Petit Customization Diary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イランには行きたくないと思ったんだけね。

<トルコ編その11 トラブゾン>





ぼくがトルコに滞在しながらずっと悩んでいたこと。




それは


イランに行くか、否か。



イランは滞在した旅人によれば、

とっても人の良い国と言われています。






人の良いって??


この表現に付いて聞くとその答えは決まって



・ご飯に無料で招いてくれる。

・外国人を見ると歓迎してくれ、初めてでも優しく面倒みてくれる。




まあ、その程度で国民の本質を”人が良い”と言ってるわけだが

そんなに興味ないんだよね。




ってか、ぼくが行く半年前には日本人の女のこがレイプ未遂あったしね。

警察には実際にヤラれたらおいでっ相手されず、

結局、人が良いなんてのはいろんな一面の1つだからね。




何を目的に旅をするかにおいて

そんなに”ひと”にこだわったことがないからこう言ってるのだけど


「行ったほうがいいよ」ってみんな勧めるから余計悩んだの。

時間もそんなに残されてないし。







でもね、それが

珍味があるなら別なわけよ!!!


最近はご無沙汰ですが、それが目的な旅ですからねっ。





イランの珍味でずっと情報収集していたのは

世界三大珍味で知られるキャビアです。



カスピ海沿いのイランは、キャビアで輸出量がとっても高く

しかもイスラム教徒が宗教上の理由でキャビアを食べないので



”とびっこ”並みの価格で手に入ると聞いていたのです。

つまり超安いんです!!!






でもその情報は5年以上前までの話なんだよね。


最近はあまりにも情報がないからあらゆる手を使って調べまくりましたが

有力な情報はつかめず終い。




何やらラムサール協定でチョウザメの捕獲が禁止されて・・・

漁業権をロシアに売って・・・養殖を少しとかね。


ロシアのキャビアは高いので隣国のアゼルバイジャンやトルクメニスタン

とかも調べたんだけどね、これも同じ状況。








ってことで、




悩んで悩んで

悩んで悩んで悩んで悩んで









行くことにしましたm(__)m



よく「行動力あるよね」なんか言われるけど、実際は目的がはっきりしないと

グダグダです。人に見せられるもんじゃないです。

こういう時ってついつい優柔不断にな自分が出てしまうのが困ったところ。




まあ、実際に産地に行って確かめればいいじゃない?



そう最後は決断したのでした。





◇   ◆  ◇




前置きが大変長くなりましたが

そういうことで、イランビザが即日取得できるトラブゾンにやってきたのでした。



❖イラン大使館
TAI_8079.jpg



すげーーー。

ほんと楽勝でとれたよ。


アメリカ人は頑張ってもとれないけど、日本人ってほんと楽勝なんだね。






◇   ◆   ◇


ビザが一段落ついたら

魚市場見たいなぁって海にやってきました。

TAI_8105.jpg 

TAI_8111.jpg


トルコ人って美人が多いよなぁ。
TAI_8141.jpg 

TAI_8133.jpg



途中、オカマちゃんのトルコ人に手を振られて

へ~トルコもいるんだなぁってちょっと感動したりしながら海岸を歩きました。



青果市場を通過したその先に魚市場がある。
TAI_8100.jpg 


魚市場に到着すると、小さな魚屋さんがいっぱ並んでいました。
TAI_8090.jpg



どこも似たような魚で変わり映えないなぁ。

もっと変わった魚とかあると興奮するんだけどね。


っていうか、サーモンが多いね。
TAI_8096.jpg 


まあ、こんなもんなかなって

帰ろうと思ったんだけど、帰る瞬間に



うっわーーーーーーーーーーー!!!

なんじゃこりゃあああああああ!!!





トルコで一番の激震が走りました。


TAI_8094.jpg



黄金のサーモン発見です!!



これめちゃくちゃ珍しいんですよ。

見るのだって初めてだもん。


ってか、食べてぇ。

だけどぼくの泊まってるホテルにキッチンないので買えないよぉぉ。



本気でどうしよう。どうしよう。

なんとかなんないか考えた。






だけど、結局丸々一匹なんて買えないし、部屋で内緒で捌いて食べる

にしても残したら勿体ないので諦めました。


黄金のサーモンってどんな味なんだろうなぁ。





そんなことを考えなら食べた晩御飯は、

とっても美味しいのだけど、どこか心がポッカリ穴が空いたような感じでした。

TAI_8127.jpg
  
TAI_8120_20131126182705b81.jpg

TAI_8115.jpg



~今日の写真~

❖トラブゾンの街並とひと
TAI_8145.jpg

TAI_8132_20131126190054931.jpg 


❖宿泊したHOTEL BENLIにて
TAI_8152_20131126190433890.jpg   

TAI_8158.jpg





さて、トルコ最後の記事はあっさりしてましたが


黄金サーモンを拝むことができた。


それに尽きます。






今日も読んでくれてありがとう。





世界一周Blogランキング参加中でーす♪
「あっ、おもしろっ!」って思った方!
1日1クリックお願いします!!
(ワンクリックでポイントが入るそうです♪)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村(携帯、スマホの方はこちら)

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : バックパッカー
ジャンル : 旅行

カウチ断られて、結果良かった。・・かな?

<トルコ編その10 アマスラ2>



アマスラ滞在2日目。

TAI_7668.jpg 

TAI_7669.jpg 



昨日は旅に出て初めてカウチサーフィンというものに挑戦し

ケマルというホストに出会ったのでした。



ただ、夜の飲み会では散々なセクハラゲームになってしまったところで

場の雰囲気がすごく悪く、ノリの良い連中だったらそれで楽しいのだろうが



まずこういったセクハラゲームにおいては

そもそも夫婦がいた時点で成立するわけがないのである。
TAI_7851_201311251917335ca.jpg
↑↑昨日紹介した「けんじ君&さちこちゃん夫婦。」
ブログ世界一周してみ~ひん?



ただケマルが強引に進めたのは

明らかにゆいこを気に入ってのことで 集中攻撃があった。




ゆいこは女友達と2人でカウチサーフォンで世界一周した経験者だけど


カウチサーフォンは無料で家に泊めてもらうことが前提で

ホームステイ感覚で家族と素晴らしい交流もできるメリットもある反面、


女の子だと酷いセクハラを経験したこともあるので

こういったゲームはどうしてもやりたくなかったらしいのだ。



(一応、点数制で悪いホストはそういう評価がつくので、あまり悪い対応は
ないはずってことと、カウチサーフィン自体はとても良いシステムということは
強調しておこうと思う。)





本当に家に泊めてもらって、

歓迎してくれ、感謝はしているのだがちょっと悪ノリが過ぎた気がする。



しかも、みんなで買ったワインがゲーム専用にされたので

ぼくはルーレットで ”SHOT” つまり”一気飲み”が出ないと飲むこともできない。

一気飲み歓迎のぼくにとっては甚だ残念なゲームでした。



ってか、めんどくさくなったので勝手に寝ました。

そうでもしないと終わらないのでした。





◆  ◇  ◆





そして翌日。

もう一泊の予定でしたが、ホストの気を損ねたので延泊はできませんでした。


⇒ ですよね~。 
  

  ってかすいませんでしたm(__)m





そしてケマルの家を出た後は

紹介してもらった有料の貸し部屋に移動することになったのでした。



こちらが、
マンションの最上階の一室をゲスト用に貸出ししているオーナーさん。
TAI_8047.jpg 
オーナーさんとっても良い感じでした。



そして部屋を案内してもらってびっくり!!

めちゃくくちゃ最高なんですけど!!

TAI_7874.jpg 

10人くらい寝泊まりできるので、そのまま誰か呼んじゃおうかって思ったほど。


2SLDKってめちゃくちゃ広い部屋にキッチンもランドリーも付いて

もうずっと住んでもいいかなってくらいの満足度でした。




TAI_7659_201311251908307c9.jpg 


もう舞い上がったぼくたちは、海に潜ってゴリゴリとムール貝と捕りまくり
TAI_7781_20131125190836f80.jpg 

また市場では大量に食材を買い入れに行ったら
TAI_7817_201311251917272c7.jpg  

さすがに2度めはもっと歓迎されいろいろ値下げやサービスがありました。。


珍味として、どんぐりっぽい野菜を味見させてもらいました。
TAI_7823.jpg

おばちゃん!ありがと~~ね☆
TAI_7824.jpg 



そして宿に戻ったら早速、料理開始!!
TAI_7868.jpg  
 


さちこちゃんはとっても料理上手なのでポンポンとテーブルに料理が出てくる。

さすが、人妻は違いますね~。(^m^;)



そして、 さちこちゃんが

ケンチが、ケンチがね唐揚が大好きなの~♡

ってやたらアピールするので仕方ないので作らせてあげた。

TAI_7867.jpg


そんな唐揚げごとき・・・

「ケンちゃんも子供ねぇ」って思って食べたら


ちょーーーーーうんめぇ!!



人妻めっちゃすげぇぇ。


ってか、すごいね!

そりゃあ、ケンジくんがべた惚れのはずだ。



なんか、ぼくの作ったにぎり寿司がショボく見えてしまったぞ。笑
TAI_7864.jpg 


まあ、でもこの時はほんとに思ったな。

そろそろ嫁さん欲しいなってね。こんな旅してる場合じゃないってか。



それにしても

ぼくらいつの間にこんなに仲良しになったのだろう。
TAI_7869.jpg 

めっちゃ家族みたい!





特にこのメンバーで良かったのは

みんな個人プレーの歓迎なところかな。



けんち・さちこ夫婦は、2人でお手て繋いでお散歩したいし

ゆいこは彼氏に国際電話だし



ぼくは気兼ねなく現地交流ができるわけです。

別に寂しくなんかないんだからね。

TAI_7675.jpg
海辺で魚のバーベキューをご馳走になったけど、めっちゃうまかったよ(^^)


こちらはバーのオーナーでビールをご馳走になりました。
TAI_7989.jpg
「その刺青いいねっ!」から始まったんだけど、おじさん格好良かったなぁ。


おばちゃん、笑顔かわいいなぁ♪
TAI_7700.jpg

みんな仲良し。
TAI_7956.jpg

やっぱり若い女の子もいいなぁ。
TAI_7736 (2) 

素敵な笑顔だな。
TAI_7712.jpg 

この女の子はぼくはトルコ人を思い描く理想の女性だったな。
TAI_8011.jpg

家族水入らずの旅行だそうです。
TAI_8006.jpg   


途中から3人と合流。
TAI_8014.jpg 

TAI_8019.jpg


最後は、とってもほのぼのしたアマスラ生活を送ることができたのでした。

TAI_8066_201311251953589e8.jpg 

TAI_8070_20131125195400351.jpg




今日も読んでくれてありがとう!




世界一周Blogランキング参加中でーす♪
「あっ、おもしろっ!」って思った方!
1日1クリックお願いします!!
(ワンクリックでポイントが入るそうです♪)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村(携帯、スマホの方はこちら)

続きを読む

テーマ : バックパッカー
ジャンル : 旅行

ブログが出会いを繋いてくれる旅

<トルコ編その9 アマスラその1>




サフランボルからバスで約2時間。

黒海沿いの町アマスラに着きました。


TAI_7767.jpg


TAI_7954.jpg 
黒海って黒い海ってイメージだったけど、とってもきれいなグリーンでした。




アマスラは観光客からすればとても知名度が低く、

ネットで探してもほとんど情報はでききません。


とってもきれいなのにね。



そんなアマスラですが、ひょんな出会いから旅を共にすることにあった2人

夫婦ブログ世界一周してみ~ひんのケンジ君とさちこちゃん夫婦と

一緒に行くことになったのです。

TAI_7851_20131121192549d92.jpg



もともとイスタンブールにいるときに会いに来てくれて10分話し出発・・・

その後、カッパドキアにいるときに会いに来てくれて10分話し出発・・・



いつもぼくが出発する当日ギリギリにやってきては別れるが続いたのですが

この度ようやく合流してくれ一緒にアマスラに行くことになったのでした。

っというか、さすがに待ってました。笑




ずっとブログを読んでいてくれたそうで、

こんなに何度もくじけずに会いにきてくれてとっても嬉しかったです。

ブログを続けていたからこその出会いですね。




それとそのさちこちゃんの妹分のゆいこ。

TAI_8073.jpg 


本当はこれからキプロスに行く予定で、

往復チケットもあったのに捨ててまで来てくれた。


短期旅行者なのにすごいフットワークだよね。





でも、

アマスラに来たことは本当に正解だったもしれません。



前情報もほとんどなしにアマスラにしたんだけど

決めた理由が単純に


「新鮮な魚が食べたい。」


それだけでした。 笑



アマスラという土地に魚以外の価値を見出さずにやってきたけど

ついて本当にビックリしました。




だって、すっごくきれいな町なんだもん。
TAI_7943_20131121192400e20.jpg

TAI_7916.jpg 


こちらはアマスラの町中です。
TAI_8054.jpg 

TAI_8060.jpg
巨大なチェスは子どもたちの遊び場。



当時の侵略者もこの町を見て、

「きれいだから破壊するのはやめよう。」

そう言わせたほどだそうです。



こういった歴史ある町は只今、世界遺産に申請中にもなっています。

いつかとっても有名になるのかな。
TAI_7901.jpg  

TAI_7899.jpg 




でも1つ問題が・・・



それは



全然、宿情報がなかったのです。



ホステル情報サイトでもアマスラが全然見つからなかったの。

困った困ったで、辿り着いたのがカウチサーフィン



最近の旅人はカウチサーフィンという

「部屋を無料で提供してくれるホスト」を渡り歩くのが流行っているそうです。



ゆいこが、そのカウチサーフィンで宿代を節約しながら世界一周した経験を

持つのでそれを伝授してもらったさちこちゃんがホストを探してくれました。



これが、アマスラで大学に通うケマルとの出会いとなります。
TAI_7696.jpg
なかなかのイケメンです。



でもビックリしたなぁ。


着いて早々に「海で泳ごう!」ってことになって僕たちは岩場に行ったのですが

その泳ぐ目的地がこの写真で言う小さな小島。
TAI_7895.jpg



・・・。


・・・   ・・・・。



えっ無理だけど!




最長学校のプールで50mしか泳いだことのないぼくにとって絶対無理だよ。
 


海岸でチャプチャプをイメージしていたぼくにとってはあまりに想定外だけど

これからお世話になるホストの歓迎を粗末にできない。


ってことで、たまたまぼくはシュノーケルグッツを持ち歩いていたので

それで半分死にそうになりながらも小島まで辿り着いたのです。




帰りは、ゆいこが足を痛めちゃったので

漁師のボートをヒッチハイクという初めての試みに挑戦し無事に帰還したのでした。




もうくたばりそうになっていました。泣




でもケマルはとっても優しかったですよ。

まあ、ぼくたちというよりは若いゆいこに優しかったです。



完全にケンジ君とさちこちゃん、ぼくの3人はオマケ的立場でしたが

それでもこの宿泊の恩はお返ししないといけないの

みんなで日本食を作ってあげることにしたのでした。




まずは買い出し!
TAI_7802.jpg 

TAI_7792.jpg 

やっぱり現地の食材市場を周るのはとっても楽しい。


トルコの物価は高い高いってヒーヒーしてたけど

こういった食材や生活雑貨はとても安いんですよね。


お魚屋さんではマスが旬だったようで沢山水揚げされていました。
TAI_7832.jpg 

まずは味見してもらってと・・・。笑
TAI_7836.jpg 

ぼくたちが買ったのは、サーモンです。
TAI_7743.jpg 
結局いろんな魚もあったけど、
日本人以外が抵抗少なく”生”で食べられるのはサーモンやマグロ、エビなんですよね。



こちらは、ケマルの家で調理しているところ!
TAI_7748.jpg 


はい、サーモン丼と潜って捕まえたカニの味噌汁
TAI_7751.jpg 



ぼくたちは久しぶりの日本食、何より生魚が食べられて大喜び!


ケマルもとっても喜んでくれたけど、カニの味噌汁がショックだったらしい。

あんまり食べないのかなぁ。



小さいカニなんだけど、

ザリガニと同じ扱いのようでそれがなんだか残念に思えました。




そして食後は

なんと待ちに待ったゲーム大会!!
TAI_7758.jpg  

今は海外の若者にはこういった合コンアプリが流行っているみたい。



ルーレットには、一気飲みなどの罰ゲームがあって順番に周っていくのだけど

ケマルはホストを募集してはこのゲームをするのを楽しみにしているそうです。



だけど、女性陣が引いてたわ。笑 ケマルはめっちゃうれしそう。
TAI_7756_20131121201031ee3.jpg


ぼくやケンジ君は営業上がりなので

”飲め”と言われれば飲むって身体に染み付いてるけど、

やっぱり女性はそうもいかない。



それにこのルーレットは王様ゲーム的な要素もあって

はずれを引くと、王様の命令を聞かないといけないようです。





っで、ケマルのゆいこへの要求が


1枚服を脱ぐ!!



ゲゲっ!! これ・・・辛いねぇ。

単純に、ケマルがゆいこのことを気にいてって、その影響がもろにでている。



できないと言ってるゆいこをかわそうといろいろ試行錯誤するも



ノリが悪いねぇ。

この前きたヨーロッパ人はノリノリだったよ。



って言われる始末・・・。

ケマルもテンションダウンです。




仕方ないので

やられたい願望の強いケマルにも


逆立ちをしていただきました!笑
TAI_7761_201311212010346a7.jpg



めっちゃ喜んでる!



まあ、お世話になる以上は・・・っていろいろこちらも気を使うけど

お互いにたいへんなところもあるよね。



これはこれで1つ勉強になったと思い、

明日もアマスラ観光楽しみたいと思います。






世界一周Blogランキング参加中でーす♪
「あっ、おもしろっ!」って思った方!
1日1クリックお願いします!!
(ワンクリックでポイントが入るそうです♪)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村(携帯、スマホの方はこちら)

続きを読む

テーマ : バックパッカー
ジャンル : 旅行

言葉も出ないサフランボルライフ

<トルコ編その8 サフランボルその2>



今日もサフランボルにいます。


TAI_7472.jpg 

TAI_7578_201311211652292c2.jpg


昨日は「にゃんにゃん日記」だったので、

今回はサフランボルの”人”との出会いについて。


TAI_7415.jpg



町をトコトコと歩いていると地元の食堂や喫茶店を多く見かけます。

そこにはいつも同じ顔ぶれが並んでいて、のんびりとした様子があるんです。


TAI_7420.jpg

新聞を読んだり、とりとめもない会話もあるようです。



でもぼくが見た限りでは、毎日同じ景色は変わらないので話すことは一緒。

むしろ話さないでも同じ空気を吸い、一緒の空間のなか存在している心地よさ

を感じているように思えました。



ぼくが通りかかると決まって一杯のトルコティーを出してくれます。
 TAI_7419.jpg   

そして座りなさいと。


ぼくものんびりしに来ただけなので、こういうのが嫌いじゃないです。

小さな小さな一杯のトルコティーを少しずつすすります。

TAI_7424_201311211636097ed.jpg 

 

ぼくたちの間にも会話はありません。




いや・・・っというか、ぼくも挨拶の「メルハバ」以外のトルコ語は知らないし

おじさんたちも英語は一切無理なので会話ができないのです。



でも、それでいいんだよね。


ぼくもおじさんたちの空気に浸りその生活や人生を想像し

おじさんたちもぼくの様子からいろいろ想像して楽しんでる。



会話はないけど、心地良い交流はあるのです。



仲良しのおじさんたち。
TAI_7600.jpg 


きっとみんな仕事を引退してのんびりしてるんだね。

ぼくもいつか仕事を引退したら、家でじっとしてるのではなくこういった環境で

老後を迎えたいなって思いました。




こちらは、昨日食堂で一緒になった女の子。

TAI_7413 (2) 

お土産屋さんで働いてるそうなので訪ねてみたのです。

そばかすと、はにかむような笑い方がとってもかわいらしい。



昨日出会った時は、もっとはしゃいでいたけど

今日ははずかしかったのかな?

なんかそんなに会話がはずまなかったので、退散。




その後は、行きつけの食堂に行きました。


TAI_7525.jpg


なんとなく、屋根にかかったブドウの木が気に入ってて

自分がもし「珍味レストラン」を持つならこんなのがいいなって思ってたら

いつの間にか常連になっていました。



まあ、常連っていうか

”食べる”もあるんだけど”お手伝い”のほうかな。

TAI_7588.jpg 



TAI_7586_2013112117105199b.jpg 

TAI_7587.jpg
美味しそうなくるみでしょっ!


おじさんが撮ってくれた(*^_^*)
TAI_7591.jpg 


やっぱりここでも会話はないです。

でもとっても居心地がいいんですよね。



ってか、

おじさん!!この虫がいっぱいいるのは捨ててもいいかな?



そして一仕事終えたら今度はやっぱり食べないとね。

❖くるみパスタ
TAI_7524.jpg

トルコ北部の地方料理として、短く切ったパスタがあるんだけど
これがモチモチして美味しいんだよね。

うどんに近い感じかな。

これにクルミを絡めて食べるがとっても美味しいんですよ。


❖ナスとひき肉とペッパーの煮込み
TAI_7522.jpg 

これも適度な辛みと、柔らかいナスに肉汁が染みこんでとってもうまいのだ。

身も心も温まる料理です。 




◆  ◇  ◆

そして晩ご飯はトルコ人のみなさんに混ざって食べています。

TAI_7501.jpg


なんか学校で食べる給食みたい。
TAI_7503.jpg  


食べる前に”感謝”を込めてお祈りを忘れずに。
TAI_7508.jpg 


みんなさぁ、本当に良くしてくれるんだよね。
TAI_7532.jpg  
おばあちゃんのふっくらした笑顔がすきっ!


優しい笑顔に包まれて、安らかな気分になれました。
TAI_7483.jpg 

TAI_7511.jpg

TAI_7512.jpg

幸せそうな家族。こういう家庭を持ちたいな。
TAI_7573.jpg 




こんな旅ってどうですか?



せかせかとスタンプラリーのように観光地を見て周るのもいいですが

こんなふうにその土地に住む人と同じ空気を吸い、生活を共にしたことは

経験というよりは心を育んでいる気がします。




近頃は、最後の旅を目前にして今度の人生について考えるようになりましたが

旅に出る前と出た後では何か自分も変わったのかな?


それは明確には答えは出ていませんが、失ったもの以上の価値を今後の将来で

証明していかないとなって思っています。




ちょっと最後は脱線したけど

今日も読んでくれてありがとう。







世界一周Blogランキング参加中でーす♪
「あっ、おもしろっ!」って思った方!
1日1クリックお願いします!!
(ワンクリックでポイントが入るそうです♪)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村(携帯、スマホの方はこちら)

続きを読む

テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

初めての「にゃんにゃん日記」

<トルコ編その7 サフランボル> 
 



カッパドキアの次の街サフランボルにやって来ました。


サフランボルはとってもかわいい街。

特に何がある??ってわけでもないけど、


トルコのなかでも1、2を争うほどのんびりした癒し系の町なんだってさ!




そんな癒し系の町はこちらです♪
TAI_7405.jpg  

TAI_7461.jpg

TAI_7428.jpg

青い空にオレンジ色の屋根。

トルコなんだけど今までみたトルコの町とは全然違う雰囲気。



時が止まったようなレトロな世界を想像させるほど

落ち着いた町で人々の喧騒がないだけでなく町を歩けば



メルハバ~♪ (こんにちは)



と、自然に声がかかる。

そんな町です。


TAI_7411.jpg 

TAI_7408.jpg


田舎の夏休みに帰省するようなイメージかな。

人々が優しくとっても心がやすらぎます。





そんなサフランボルですが、

今日はこの町に住む”猫”ちゃんの世界をのぞいてみました。







◆  ◇  ◆




ぼくが泊まっていたのはエフェゲストハウス。

20131120 (2) 


毎朝の朝食を3階のリビングで食べるのが日課なのだが

ぼくと同じようにご飯を食べに来るもう1つ存在する。



TAI_7129_20131120230505508.jpg 
一匹の猫ちゃん。




それはいつも同じ場所、同じ時間。

ぼくたちが3階から放り投げるチーズを待っているのだ。



TAI_7133.jpg 

20131120_1.jpg 


でもね実は

ライバルもとっても多いの。



いつも朝一番から待ってるのに、それを横取りしようとするやつもいるんだ。


20131120_3.jpg 



もの影からこっそり様子を伺う猫ちゃんもいれば・・・ 


 20131120_2.jpg

堂々と正面からやってくる猫ちゃんもいる。

まあ、結果は目に見えてるけどね。


20131120.jpg 



まあ、仕方ないよね。

そんなポイポイ食べ物が降ってくるわけでもないしね。




でもそうなると、喧嘩することもあるけど

大抵はいじけながらも次のチャンスを待つらしい・・・。



TAI_7274.jpg 



でも、しっかりやることはやってるらしい。

TAI_7279.jpg
 

やっぱりアピールが大事だよね。




でもね、不思議なことに

いつもこの”黒と白色の猫ちゃん”が人気あるんだよね。



なんでろう。
 


20131120_1_20131120234811575.jpg 



その理由は他の猫ちゃんにはわからないらしい。


でもね、それはぼくたちが見ると一目瞭然。



TAI_7202_20131120235053bcd.jpg 

 


そう、世にも珍しいオッドアイの猫なのである。

トルコでは特にバン地方にいっぱい生息していた頃から、

バンネコとも呼ばれている。




ブルーサファイアのような青い瞳と光り輝く黄金の瞳。

一目惚れしてしまうほどの魅力を持った猫ちゃんなのでした。



TAI_7365-001 (2) 




今ではなかなかオッドアイの猫を見るのは難しいようですが

他にはイスタンブールやアンカラ、バンで見つけた情報も多数あります。



もしトルコ旅行の際に、オッドアイの猫を見つけたらちょっと良いことも

あるかもしれませんね!




今日も読んでくれてありがとう。 

人気ブログの総合部門を見ると、やたらにゃんにゃんブログが人気が
あるのでちょっと挑戦してみました。どうでしたか?笑


 

世界一周Blogランキング参加中でーす♪
「あっ、おもしろっ!」って思った方!
1日1クリックお願いします!!
(ワンクリックでポイントが入るそうです♪)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村(携帯、スマホの方はこちら)

続きを読む

テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

スポンサードリンク
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

カレンダー
06 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
合わせて読んでね♪
Twitter
世界一周の持ち物
使用一眼カメラ
❖NiconD7000
+18-105mレンズキット

中型サイズで邪魔にならず無難に良いカメラ
.................................
❖単焦点レンズ35m f/1.8G

値段も手頃で人や物をぼかすに最適
.................................
❖Canon デジタルカメラ PowerShot S120
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。