世界一周Blogランキング参加中でーす♪
「あっ、おもしろっ!」って思った方!
1日1クリックお願いします!!
(ワンクリックでポイントが入るそうです♪)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
.................................................
地球のらくがきのFacebookページ作りました♪
リアルタイム情報やブログで使った写真をアルバムにして掲載しています。
よかったら「いいね!」押して下さいね(^^)

Petit Customization Diary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初公開!幻のアイツにお得、間近にみえる隠れスポット!

<親父旅 ペルー編クスコ③>



昨日紹介したピサック村の続きです!

クスコからピサック村に向かうのは一本道なのですが、途中にいくつか寄っておくとおもしろいスポットがあるんです。




まず1つ目のこちらがコンドル牧場!
20140223-105714.jpg  

ここはガイドブックには載っていないのです。

ぼくもたまたまタクシードライバーが「見ていく??」っていうので立ち寄ったのですが

ここがなかなか興味深い。




大きな陸ガメがいたり
20140223-105653.jpg 

アルパカ親子がいたり
20140223-105625_201403090923271c0.jpg 

オウムががまた青空に映えるんだ。
20140223-105825.jpg  


そしてこの牧場の主役がこのコンドルなんです。
20140223-110508_20140311000442526.jpg 


コンドルというと世界的にも超希少種にもなっているほど。


アレキパのコンドルツアーでは、ものすごい遠くのゴマ粒にしか見えないのに

わざわざ見に来る観光客が絶えないんですよ。 まさに幻の鳥です。



それなのに、

まさかこんなところで、こんな目の前に見えるなんて!




翼を広げるとほんとにでかいなぁ。
20140223-110709.jpg
バサッバサッ!!

両翼の端から端の長さがおよそ3m。

ちょっと羽ばたくだけで、その風がこっちにも伝わってきます。



しかしほんとブサイクな顔だなぁ。
20140223-110929.jpg
首元のふかふかマフラーがとっても気持ち良さそう。


これが50年以上も生き、大型動物の死肉を食べるコンドルの手足。
20140223-110925.jpg
ぼくの手よりもちょっと大きいくらいかな。掴まれたら痛そうだな。



このコンドル牧場は野生のコンドルを保護しているところみたいで

現在は4、5羽ほど見ることが出来ました。


それにしても、コンドルをフェンス越しでさえもなく間近に見えるなんて、途上国のゆるい監視体制の中で無い限りありえないですよね。ちなみに入場料は無料ですが、寄付制になっています。コンドルは大型動物の死肉をエサにするのでその食事代が高くつくようなのでご協力を!


目の前から撮影したら、ちょうどてっちゃんとバッティングしたところ。笑
20140223-110912.jpg 


    

次にやってきたのは、アワナカンチャ。
20140223-150054.jpg
入り口がとってもかわいいですよね。

位置的にはコンドル牧場から数キロってところだけど、
通称アルパカ牧場と言われています。


ここも入場料無料でアルパカと触れ合うことができるんです!
20140223-153113.jpg  

ウサギがいたり、
20140223-150338.jpg 

ビクーニャもいます。
20140223-150248.jpg
このビクーニャの毛は世界で最も高価なものの1つと言われ、この1頭で15万円は余裕で超えます!うわーーどんな手触りなんだろう。




よしっ、アルパカに会いに行こう!

まずは干し草をいっぱい入手してっと。この絵が意味不明!ウケる笑
20140223-152259.jpg 

いたいたっ!
20140223-151041.jpg 

このなんとも言えないアホ面にこのもふもふが何とも愛らしい!!

アルパカはエサをあげたり直接触ることもできるので、これがまた楽しんだ。

20140223-152931.jpg

アルパカは肉は食べられたり、毛は衣料品にされたり、糞は燃料にされたりと全身くまなく利用されてきたんだけど、衣料品としてはしっかり品種改良もされていて、2年間ほど毛を切らないと地面にも着いてしまうほどらしい。

ちょっ長すぎーーーーー!笑
560301_307535019327079_1804269816_n.jpg 

一応ラクダ科なので、どこか面影もあるよね。
20140223-150137.jpg 

こんなふうにさまざな種類のアルパカがいるから、

そのアルパカの毛の用途もさまざまだそうです。


ほんと見ていると癒やされますね!
20140223-150612.jpg 



だけど、注意しなければいけないのがアルパカの性格。

実は、めちゃくちゃ短気なんです。




干し草をあげるのをじらしたりして遊んでいたんです。


食べる??ほれほれ・・・はーいあげないよーーー。


ってな具合。




そうしたら急に怒りだして

ぺっペ ぺっぺっ!!

唾を吐き出した。

20140223-152110.jpg 

アルパカは威嚇・防衛のために「つばき」を吐きかけるという習性を持つんだけど

これが集団で、しかも顔面に向かって連射されてしまったのでもうたいへん!!



めっちゃくちゃ くさっ!!!

臭すぎるーーーーーーーーーーーー!!



これ、秋頃にイチョウ並木に落ちている銀杏の臭いにそっくり。

顔中が銀杏臭くってしかも、なかなかとれない。



ひ~~~ごめんなさいごめんなさい。

持ってる干し草をぜーーーんぶ置いて逃げてしました。

アルパカで遊んだ罰ですよね。反省っす!



その後は、子供のアルパカを相手にのんびりです。
20140223-151527.jpg 
かわいい(^^)  やっぱりこのくらいのサイズはとっても安全です。笑
20140223-152603.jpg 

 


アルパカ牧場では、インディヘナの女性がアルパカから糸を紡ぐところも見れるし



隣接しているアルパカ製品販売所では

かーーーなりクオリティの高いアルパカ製品が購入できます。



このお店の売上があるから入場料も無料にしているのでしょうね。



だけど、いろんなアルパカショップを見てきたけど ものすごいピンきり!

大切な人用にちゃんとしたアルパカ製品を買おうとするなら絶対にここがオススメです。


アルパカの毛にもクオリティのランクがあって、その中でも全て上等のもののみを使用している割にまだ値頃感はあるのです。とは言ってもストール1枚で120ソレス(4,400円ほど)するけどね!



ちなみに僕たちは、家族全員分の春用アルパカマフラーを購入しました!
TAI_0004_2014031101514386d.jpg 

手触り、肌触り良しっ!!

ぼくって首に巻いた時のチクチクに敏感なのですが、それがないのが本当に最高♪




ではでは今日はこんな感じです。

明日はとうとう今回の旅の最後に国、ボリビアに出発!!

そしてそのままウユニ塩湖に行って来ます。お楽しみに~。


20140223-153258.jpg




世界一周Blogランキング参加中でーす♪
「あっ、おもしろっ!」って思った方!
1日1クリックお願いします!!
(ワンクリックでポイントが入るそうです♪)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村(携帯、スマホの方はこちら)

スポンサーサイト

テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

あっブログ村1位のギター侍?!金丸さんとの出会い。

<親父旅 ペルー編クスコ①>




オリャンタイタンボからクスコにやってきました!


クスコは統一された茶色い屋根に、
20140222-113138.jpg 

緑色の山々を覆い尽くすほどにびっしりと家が立ち並んでいます。
20140222-113342.jpg 

標高3600m。
富士山の頂上くらいなのに、よくもこんなに人が住んでいるものだ。感心します。

そういえば、マラソンランナーが低地から高地に行って赤血球を増やすトレーニングもあるけど、逆にこっちの人が低地に行ったらスーパーマンになりそうな感じがするけど、それを聞いたら気持ち悪くなって体調崩しちゃんですって。なんだか、難しいなぁって感じました。




さてさて、
基本的にクスコでは3日間滞在の予定ですが、まったり希望です。



連日の移動と観光。

事前に宿の手配とかツアーの予約とかはしていたにも関わらずさすがに疲れてきました。



ぼくはぼくでブログを書くのがめっちゃ遅いし、

肝心な時にドジ踏んで保存なしに消してしまったりして最近の睡眠時間は2、3時間ってところです。




父はこの旅の記録をメモてとっているので、それをまとめる時間も必要だし

常さんはネットゲームしたいし、

てっちゃんは、クスコでどうしても会いたい人がいるらしくチャットばかりしてる。




これでいいのです。

ゆとりがあるから、観光も楽しいのです。

20140223-164501_20140308230312e80.jpg 





❖もちろん観光ガイドもします!


はい、みなさんこちらがアルマス広場ですよー。
20140221-160156.jpg 
スペイン人がもともとあった町を破壊し、植民地化したら町を作り直すわけですが、まず最初にアルマス広場を作ります。そしてこの広場を中心に町を広げていくのです。ですので迷ったらとりあえずここを集合にしましょう☆


次にサント・ドミンゴ教会!!
20140221-145030.jpg

こちらはスペインが造った教会ですが、もともとはインカ時代の太陽神殿でした。

教会建造の際にこの土台の石組は利用しその上に教会を建てたのですが、地震があった際にこの土台を残し上モノは崩壊したそうです。その結果、インカ人の石組み技術がどれだけすごいかの証明になったみたいです。



❖こちらが有名な12角の石です!
20140221-160635.jpg 
ハトゥン・ルミヨック通りという細い路地を進むと、この石組を目にします。
”カミソリの歯も通さない”と言われる石組み技術はかなり高度なものだったそうです。



まあ、ここまでの観光の説明はありきたりなので、天邪鬼なぼくは言わせていただきます。



このインカ帝国時代と時を同じくするのは日本の戦国時代です。

個人的な意見としてはこの程度の石組技術は日本にも存在したし、紀元前に建造されたイランのペルセポリスにも同等なものは存在します。更に、同時期にヨーロッパ諸国も様々な様式で教会を建造していましたがその技術はインカ帝国を遥かに凌駕します。


だから、なぜクスコにくるとここまでこの石組技術に感心するのか。

それは、インカ文明が車輪も大型家畜(牛・馬)も鉄器も文字も存在しないという低文明ながら頑張っていたからでしょうか。 大陸が違うだけでここまで文明にも開きがあるのですね。

でも、そんなことを言ったら観光できなくなりますね。これ以上はやめましょう。






さて、気を取り直して

町を歩いたら必ず注目して欲しいのは屋根の上!


そこには必ずプカラ牛”という置物を発見するだろう。

20140221-111235.jpg 
20140221-120827.jpg


沖縄のシーサーにも似ているが、

ペルーでは「家の守り神」「魔除け」「幸運を運ぶ」 と言われています。

意味合いも沖縄に近いかな。




プカラ牛は昔から幸運を呼ぶ置物とされてきましたが、


ペルーの象徴はコンドル

ペルーを侵略したスペインの象徴は牛なわけです。



幸運を運ぶはずの牛(スペイン)がペルーを侵略したわけなんですよね。
少し複雑な気持ちになるのはぼくだけでしょうか。








さて、そんな不純なことを考えていたからでしょうね。

クスコではあんまりよくないこともありました。


❖クスコのインカマッサージ屋にて
20140222-111523.jpg 

クスコではインカマッサージというのも有名で

一人15ソレス(550円)で 疲れた身体をほぐしてもらうことができるのですが



服を脱いで、タオルを身体に巻いてくださーーーい。はーーい。

脱いだ服はベットの床下に置いてくださーーい。はーーい。



1時間後、マッサージが終わり服を着ようとしたら

ぼくの服が思いっきり漂白されていました!!!

どうやら、床一面が漂白剤で濡れていたようです。




もうちょっと、奥に置いてくれれば良かったに~。もう。
20140222-105806.jpg 
そういう問題じゃないだろ!!



こっちは床に付いた部分の服全部が漂白剤で白くなってるんだよ。

こんな時にみんな色物で、もう着れないよぉぉ。



私なら着るわよっ!!



だから、そういう問題じゃないだろって!!





❖それと、アマゾナス航空。
20140221-145012.jpg 

クスコのあとは、ボリビアのラパス経由でウユニに飛ぶチケットを手配していたんだけど、
もともと乗継時間が1時間半だったのに、なぜか時間変更があって乗継30分になってしまったの。


ペルーからボリビアに入って、入国手続までしたら確実にウユニ行きの便に間に合わないだろ。



結局、受付の人に聞いたけど

わかんないなーーー。まあ、だいじょうぶじゃないかな?

みたいなゆるい返事もらって終わり。心配だなぁ。



だけど、旅してりゃこんなことはよくある気分を変えないとね。







さて、夜になるとてっちゃんが

あの旅人が来てるから会いに行こうよ!

って半ば強引に誘うので、ついて行くい事に。

20140222-193536_20140308165850f0d.jpg 

20140222-185709.jpg  

人混みを分けて進んでるのに、道端の売り物に興味津々で立ち止まってしまう。
20140222-185829.jpg 

こっこれは今年まだ食べてないクイ(テンジクネズミ)ではないかっ!!
20140222-185816.jpg
見た目はアレですが、美味しいので最後にレポートしますね!



あっ見つけた!!


てっちゃんが遠くを指さす。

演奏してるんだよ。折角だから邪魔をしちゃいけないよね。まずは遠くからすり寄ろう。





遠くから撮影を試みると、

えっ私を撮りたいの??

とっても嬉しそうにおばちゃん割って入ってきた。

20140222-191524.jpg 

ちっちがぁぁーーーーーーー

えっ?はあ、では1枚失礼します。。。。



とんだ勘違い野郎だぜ。

でもとっても満足そうなおばちゃんの顔が印象的だった。

 

そして本題はこのひと!
20140222-191551.jpg

20140222-192057.jpg 

ギターで歌いながら世界一周する金丸文武さんでした。

すげーーーーめっちゃ人集まってるじゃん。

20140222-192233.jpg

世界一周ブログランキングではずっと1位に君臨するこのひと。


歌を歌いその稼ぎで旅を続けるスタイルにファンも多いと聞く。

それに対してぼくは日本で働いて稼ぐか、海外で稼ぐかの違いであってそれがすごいとは思っていなかったんですが、歌を歌うことで人に出会い、そこから特別な経験をしていることがすごいなーーーっていつもブログを見て感心していたんです。

ぼくは短期旅行とは違うバックパッカーの醍醐味は現地交流にあると思うので、それを地でいってるような感じです。


日本が恋しいかと思い、お金の替わりに思いっきり日本食を差し入れしておきました。笑 
IMG_5250.jpg 

めっちゃくちゃ喜んでくれた!!
IMG_5248.jpg 


ってか、金丸さん!

こんなに歌が上手いとは思ってもいなかったっす!!笑




たったいさんっすか?

こんなに声が高いとは思ってもいなかたっす!!笑




えっえーーーぼくって声が高かったの??!!




こんな感じでまさかここで会うとは思ってもいなかったですが

てっちゃんがずーっとチャットしてたのは金丸さんでずっと出会う機会を探ってくれていたようです。




そしてこの後、一緒に飲みにもいったのですが

これが今日の売上げっす!!
20140223-013328.jpg 
でたーーー、
全部こぜにーーいくらかわかんねーーー。
 



確かにお札入れたら結構な額なので小銭になるのかな。持ち運びが大変そう。笑

あとどこでも歌っていいわけではなく、警察の取り締まりもあるし、乾燥で喉も傷めるし、高地で酸素量がもろ少ない中で歌うのもすごくたいへんだそうです。そういう話を聞くと応援したくなるなって素直に思いました。っていうか、ほんと声がいいのでファンになってしまったし。




さて、クスコでやるべきことと言えば

あとは珍味めぐりでしょう!!
20140223-202735.jpg  

とりあえず、フルクローレでアンデスの曲を演奏してくれるレストランに入り

注文したのはこちら!!
20140223-124116.jpg 

クイは観光客向けのレストランや、クイエリアと呼ばれるクイ専門レストランで食べられます。

クイエリアともなると、レストランの中にクイが飼育されていて好きなクイを選んで調理してもらうことも可能。美味しく食べるなら2時間程度はかかるのでその間のんびりお酒でも飲んで待っていましょう♪


そしてやって来たのは

❖クイの丸揚げ!
20140223-201644.jpg


ぼくはペルーに来てクイを食べないで帰るのは、

ペルーに来てマチュピチュに行かないのと同じ程度残念
だと思っています。


確かにこれ一匹で2000円もします。

だけど、高地であり植物だって育ちにくい環境で畜産はたいへんなんです。そこで繁殖力能力が高く、管理が容易なテンジクネズミ(クイ)が食べ物として普及するのは必然だったかもしれません。


それにスペイン人が侵略し、キリスト教改宗を進めようとしたときより大衆に受け入れられるようにした政策。

こっちでは宗教画「最後の晩餐」で食べているのは、なんと”クイ”なんです。

神の子たるイエスにネズミを食わせるとは、なかなか興味深いですがこれはすさまじい効果があったそうですよ。




次に注文したのはアルパカ!!
20140223-105625.jpg
このアルパカはほんと美味いんですよ。笑


まずはアルパカのカルパッチョ!
20140223-201627.jpg 

柔らかいのは仔アルパカを使っているからでしょうか、肉がピンク色です。

臭みもなく、脂っぽくもない。豚にもどことなく近いような食感です。


そして次にアルパカのステーキ!
20140223-203107.jpg 

これもミディアム・レアか、レアくらいで食べるとちょうどいいのですが、 肉汁の割になかなかアッサリして美味しいんですよね。

そして左側に添えられているのがキヌア。
ペルーやエクアドル、ボリビアで食べられる穀物ですが、栄養価が高くNASAの食事にも採用されているそうですが、栽培が難しく高級食材となっているのが現状なようです。




っという具合に、なんとまあ食材に関して話すと書ききれないのが残念です。

南米には日本では食べられないような食材がとっても沢山あります。しかもこれを調べると必ずその土地の気候・風土にあっていて大衆に馴染む理由もあるんですよね。

これを見つけるのがまた楽しいのです。





さてさて、今日はここまで。


今日も読んでくださってありがとうございます。

明日はクスコから2時間ほど離れたアンデスの村で市場があるようです。
まさかの2年ぶりの再会?!思わぬ出会いがあるのでお楽しみに☆   




世界一周Blogランキング参加中でーす♪
「あっ、おもしろっ!」って思った方!
1日1クリックお願いします!!
(ワンクリックでポイントが入るそうです♪)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村(携帯、スマホの方はこちら)


テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

マチュピチュとマネマネ女の子に本気ウケしてしまった。

あと、親父旅ってどのくらいなんだろう?って考えてみた。
記事にしてもう片手に収まっちゃうよ。なんか寂しくなってきました。






<親父旅 ペルー編マチュピチュ②>



ワンッ!!


朝起きるとぼくに迫ってきたのは一匹の子犬だった。

前回は狂犬病の犬にヤラれたが、今回は違うぞ。




ぐるるるるるぅぅぅぅーー。

ぼくも唸る。


っていう設定にしたがったが、腹の虫である。笑




まあ、こんなかわいい犬に噛まれても怒れないよね。
20140220-155538.jpg 


不思議なことにペルーって野良犬のレベルがハンパなく高いって有名。

ペットショップでキャンキャンしてそうなのが、普通に野良化しているのが不思議でたまらないです。


その代わり猫はあんまり見ない。なんでだろうね。








ってことで、今日はマチュピチュの日

朝5時半の始発バスでマチュピチュを目指します。



ちょうど今年の1月も土砂崩れでたいへんだったみたいですね。

1時間程度の道のりだがそれほど、地盤はゆるいらしい。



冷静に考えてみれば土砂崩れが問題ならしっかり擁壁等で補強すれば良いのだが

世界遺産に登録されると景観や保護の観点から人の手を加える事ができなくなるんだよね。


今まで世界遺産をいくつも見てきたが、そういったデメリットも一緒に見てみると

より観光は楽しめる気がする。







❖さて、マチュピチュに到着。

残念などに、昨晩から雨でございます!!




そういえば、マチュピチュに雨に降られたひとっているの?

あんまり聞かないからよっぽど運が悪いのかと思ってしまったよ。






早く来て、朝もやの中見え隠れするマチュピチュ。

天空の城のように孤高に佇むその姿をパシャッ!!



ってしたかったけど、雨じゃあね。





❖アルパカと一緒に、見晴し台からマチュピチュを見下ろすぼくたち。

20140220-063017.jpg
その姿は、ロード・オブ・ザ・リングの最終シーンのようにシリアスだった。

雲に隠れるマチュピチュ。
c.jpg


ううぅ~ん、雨雲と朝もやじゃあ全然違うけど、まあいいか。

ってか、想定外だったけどこんなに雨降ってるとおそろしく寒いのね。



ぼくにとっては、

二度目のマチュピチュだったので父にガイドブックを持たせて自由行動
いってらっしゃい♪

20140221-234511.jpg 

たぶん、そっちのほうが自分の興味があるところに時間を費やせるからね。

父はガイドブックをしっかり予習してきたので、楽しそうに遺跡に入って行きました。



そんなぼくは待ち合わせ時間までどうしよう。

とりあえず寒すぎるので一旦マチュピチュの外に出てカフェで待機でもしようかな



❖おそろしく高いホットチョコレートを購入。
20140221-234322.jpg


は~。

あたたかい(^^)


いつ雨がやむかわからないけど、

寒い時にふーふー言いながら飲むのは癒やされるよね。父よ自分だけすまんね。




っということで、10時に待ち合わせしていたので合流したら早速

ワイナピチュに登ります!!雨もやんだよ。ワーイ笑

20140221-234513.jpg 


<ワイナピチュチケットの買い方・落とし穴>


ワイナピチュは7時~と10時~の1日2回ほど登るチャンスがあります。

道が狭いので1日の人数制限があり、事前にチケット購入が必要だけど、学割利用ならオフィス。それ以外はネットでも購入できます。ちなみにネットでの購入はこちらの⇒ HPより
注意としては英語バージョンでは途中で止まってしまい先には進めなくなることが多いみたい。スペイン語バージョンでは進める。あと、清算はクレジットカードでの清算はVISA認証が必要。それができないなら、ツアー代理店にで購入してもらいましょう。以上、購入時の落とし穴でした。





❖さて、ワイナピチュ登山はスタートして1時間半程度で頂上に到着です。
(父のマイペースなので早い人はもっと短いかな。)


途中の景色もなかなか美しい。
20140221-234626.jpg 


トレッキング嫌いの常ちゃんがアーダコーダ泣き言をいうかと思いきや意外に何も言わない。

高地は酸素濃度が薄いからゼーゼー疲れるのも早いんだけど、さすがにロライマ山の後ではこれは楽ちんなのかな。ちなみにぼくは・・・・しんどかった。笑




でもすれ違う日本の女子大生さんグループかな?

あと少しですよぉーー。頑張ってくださぁぁい♡


って声をかけてくれたのが嬉しかったな。

どこが少しだよっ!!!っても思ったけどデレデレと元気充電です。笑





あっ!

1月にあったマチュピチュ村から入り口までの道での土砂崩れが残っていました。
20140221-234536.jpg

これはほぼ毎年なんですって。
20140221-234641.jpg 


そしてっ!!ワイナピチュ標高2693m、登頂です。
20140221-234624.jpg 


頂上からの景色を堪能♪
20140221-234536_stitch-001.jpg 


ここから見るマチュピチュの様子が、

コンドルの絵になってることを父に話すと感動していました。

20140221-234556.jpg 


     
ちょうど頂上につく頃には雨が上がってくれて良かったな。

だって、このまま雨の中登頂したら目の前は雲で何もみえないからね。


この日、7時スタートのワイナピチュ登山を予定していた人は結構諦めたひとも多かったそうです。

そう考えると僕たちはまだラッキーだったのかな。




❖下山しマチュピチュ遺跡に戻ると子供がツンツクツンしていた。
20140221-234628.jpg

海外の昆虫ってすっごいデカいよね。ちょっと興奮した!笑
20140221-234640.jpg 


相変わらずの雲景色だったけど

集合写真を撮りにもう一度見晴し台に行ってみましょう。


アルパカを見てー・・・
20140220-130104.jpg 

クリアになった遺跡も再確認して・・・
20140221-234646.jpg 

20140221-234642.jpg 


また、階段をズンズコと息を切らせながら登ってようやく見晴し台に到着。
20140220-125343.jpg


今度こそ良い景色ですね。

ではでは3人で集合写真を☆
20140220-124459.jpg 



てっちゃんはも数年前に家族と連れて2度目のマチュピチュに来ているので今回は宿で寝ています。


さてさて、大満足なようなのでみなさん帰りましょうか。

もう今日は満足です。疲れが溜まっている上に身体も冷えたので早めに寝たいです。



ぼくたちはそのままマチュピチュ村に帰り、ペルーレイルに乗って宿を予約していたオリャンタイタンボにそのまま移動します。





駅に着くと、てっちゃんがちょうど迎えに来てくれて

一緒に晩ごはんを食べることに。
20140220-193237.jpg

今日は奮発しよう!


駅の中にオリャンタイタンボでとっても美味しいと有名なレストランがあるみたい。

そういえば、旅行を初めてちゃんとしたレストランで食事することは一度もなかったので肉を食うぞーーってみんなで息巻いて出発したのでした。



そして入ってビックリ。

えっここはペルーですかあ?って思うほどオシャレな店内に

食事のレベルがめっちゃ高い!
20140220-200615.jpg

前菜の火加減と塩加減が絶妙。

メインはビーフやアルパカのステーキを注文したけど、どれもこれもうまい!
20140220-201753.jpg

20140220-201938.jpg

たまにはこんな贅沢もいいよね(^^)

何よりとりあえず、みんなにアルパカ肉を食べさせるというミッションはクリアできたしね。



❖そして翌日はオリャンタイタンボ観光♪
20140221-092720.jpg 

オリャンタイタンボの見どころはインカ帝国時代の遺跡。

1536年、マンコ・インカ・ユパンキがスペインに対し反乱を起こした際、立てこもったが、 スペイン軍の攻撃の前にオリャンタイタンボは放棄されたそうです。


そんな遺跡ですが、入場料70ソレス(2600円)もする。
20140221-091823.jpg


まあ、砦も十分に堪能できたから行かなくていいんじゃね?(遠くからだけど)

ここに来て全員が疲れてきたし、遺跡は十分にマチュピチュで堪能したのでのんびり町を観光して終わったのでした。




❖子どもたちとじゃれ合いながらね(^^)

20140221-091436.jpg 

ううぅぅん、やっぱり現地の子供はかわいい。




目が合うと、あっちから

マネーーーーマネマネマネマネーーーーー!!

って語りかけてくれる。


父はスペイン語がわからないので、「うんうん。」と頷いて微笑んでいる。






今度は

マネマネーーー!!って叫びながら

女の子たちは手のひらを出してきたので、それを見た父はまた一層喜びます。


そして茶色い手をとって 握手しました。



ぼくもそれを見ていてとってもほんわかした気分でした。笑






まさか、父もこんな幼気な女の子に

「金だ!金よこせー!!」

って近寄られていたとは思わなかったろうな。笑



まあ、彼女たちは観光客に写真を撮られるために民族衣装を着飾っているので、最後はしっかり撮影してあげてお小遣いをあげました。(一人15円くらいでいいみたい。)




❖では今日の写真でさようなら。
20140221-091526_1_1-001.jpg
少女たちよ。力強く生きてくれよ。

さらばマチュピチュ!
マチュピチュFB用-001 





これからクスコに戻ります!


まっまさか?!

こんなところであの有名人との出会いがあるなんて?!



今日も読んでくれてありがとう☆





世界一周Blogランキング参加中でーす♪
「あっ、おもしろっ!」って思った方!
1日1クリックお願いします!!
(ワンクリックでポイントが入るそうです♪)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村(携帯、スマホの方はこちら)




テーマ : バックパッカー
ジャンル : 旅行

スポンサードリンク
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最新記事
カテゴリ
合わせて読んでね♪
Twitter
世界一周の持ち物
使用一眼カメラ
❖NiconD7000
+18-105mレンズキット

中型サイズで邪魔にならず無難に良いカメラ
.................................
❖単焦点レンズ35m f/1.8G

値段も手頃で人や物をぼかすに最適
.................................
❖Canon デジタルカメラ PowerShot S120
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。