世界一周Blogランキング参加中でーす♪
「あっ、おもしろっ!」って思った方!
1日1クリックお願いします!!
(ワンクリックでポイントが入るそうです♪)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
.................................................
地球のらくがきのFacebookページ作りました♪
リアルタイム情報やブログで使った写真をアルバムにして掲載しています。
よかったら「いいね!」押して下さいね(^^)

Petit Customization Diary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だいぶ形になってきた。

今日は記事のカテゴリーまでやってきました。




あとトップ画を作ったので早速変更してみた。

しかも見る度に画像がかわるやつ!!

やっとできたときはちょっと感動しちゃったなw



あとはウェルカムボードも作ってみようと思うんだけど
そこからがなかなか難しいみたい。

うなくいかないなぁ。
スポンサーサイト

テーマ : バックパッカー
ジャンル : 旅行

旅の仕方を伝授する!移動のウラ技編

今日は移動についてお話したいと思います。

まあ、もっと良い方法あるよーとか、そんなことはないなって意見も
折角なのに共有できたらと思うのでそんな意見あったらコメント残して
くださいね。






まあ、バックパッカーたるもの旅を安くあげる
ことが一番の前提となります。



それぞれ出会う旅人がいろんな節約術をしているので
それを見習ってぼくの旅のスタイルを紹介したいと思います。






1.航空券は一番安いのは買うな!




はっ?何を言ってるの?

って思うでしょうが、極端な話です。




安いチケットってだいたいが、早朝便など不便な時間帯ですよね。
飛行機って2時間前から3時間前にチェックインしないといけないとなると
その更に1時間前には出発することになるでしょ。


例えば朝7時の便でも最悪3時にでないといけないこともある。




何がイケないかっていうと交通機関がやってないケースが多々ある。

タクシーなんて使ったらものすごい高いし、じゃあ夜に出発して待ってる?



それだったら数千円高くてももっとマシな時間にチケットを買ったほうがいい。






_____________________




2.航空券の検索サイトを信用するな!




まあ、ぼくも2年前にこのカテゴリーでスカイスキャナーを紹介したけど
今は全然使ってないです。

でもぼくは誰よりも安くチケットを買って移動してると思います。
むしろ安いチケットに合わせて移動のルートを考えてると言ってもいいです。



結局航空券の検索サイトってたくさんあるんだけど、
その検索サイトによって扱ってる航空会社が違うんです。



とくに、ローコストキャリアと呼ばれる格安航空会社は検索サイトでは
引っかからないことも多いです。

おそらく運休などのリスクや荷物代金があとからべらぼうに加算されたり
検索サイト側に不利益があるからじゃないかなって思う。



だからもし、行きたいところのチケットが高かったら
そのエリアの格安航空会社を調べてそのホームページで検索したり
現地の旅行代理店に話を聞きに行ったり、旅友に相談しては
どうかと思う。




あと、やってると思うけど
検索サイトで調べてその安い航空券を、更にその航空会社のHPでも
直接検索しなおすこと。

検索サイトのほうが安いこともあれば、高いこともあるんです。




検索サイトってのはおそらく誰かが検索したデータをもとに
データベースを出してルートやその料金がアップされてきてると思うんだよね。

だから今はなくても1週間後にものすごい安いフライトがアップされたり
検索して特定の日にしか安いのがなかったけど、その航空会社のホームページで
検索しなおしたら普通に見つからなかったものが見つかったとかもある。





______________________



3.航空会社のバーゲンを知れ!




例えば、アジア圏で安いのだと


JETSTAR
AIRASIA
TIGERAIRWAYS


ってあるけど、
定期的に日程が先のチケットを早売りバーゲンするんです。

それはホームページにアップされたり、メール会員なってると
定期的に情報が送信されてきます。


あと、航空会社によってはハッピーアワーなんてのもありました。
ちょっと前だけどタイガーエアウェイズは毎日◯時間限定!ってのが
あったんですよ。


注意としては)
別途預け荷物代金や食事料金は有料になったりするけど
まあそれは格安航空会社なのでそれも考慮した上で検索して
見て下さい。



直前でも前日まで高かったチケットが急に安くなったりするんだけど
これは検索サイトというよりは直接ホームページにアップされること
が多いです。

ぼくは、ガラパゴス諸島に行くとき直前に買ったんだけど
まさに出発の数日前にLAN航空のホームペーージをみたら突然
プロモーションがアップされてたんだよね。あれはタイムリーだった。





________________________




4.航空会社の現地人価格を知れ!




航空会社のなかには、地元で紹介されるキャンペーン的なものがある。
例えば学割で半額になったり、途中にある経由地でトランジットすれば
マイルが倍になったり、料金が割引がされたりね。

あと、その航空会社のホームページで購入する料金と直接窓口に行く
のでは値段が大きく違いことがある。




例えば、エチオピア航空!!


ぼくのブログも旅の本編が再開すればすぐにエチオピアからになるけど
このエチオピア航空はホームページではなく直接現地オフィスに行くと
その料金が半額くらいになる。

これぞ現地人価格です☆


先に着いたひとが後からくる友達の分を買っててあげることも可能なので
無くなる前にぼくは友達のぶんまでチケットを買ってあげたりもしました。




注意したいのはラン航空!!


アメリカ大陸で大きくシェアを持つこの航空会社には現地人価格がしっかりと
ある。選択した言語で値段が違ったりすることがあるんだ。

しっかりチケット購入の際に注意書きがアップされるが
エクアドルのガラパゴス島行きのチケットを現地人価格で買うとペナルティーが
あるが、チリのイースター島に行くチケットを購入する分には問題ないみたい。

そんな情報もあるので、先に現地にいる日本人とかと情報交流するのもいいかも。






__________________













5.日本語サイトでチケットなんて買うなよ!





もういい加減に英語のサイトでチケットを買おうよ。

ぼくも旅のはじめの頃はすごいストレス溜まったけど、英語が一番いいです。
慣れます。



なんでかっていうといくtかトリックがあって

上の4番も紹介したようにその選択した言語によって値段が違う場合がるんです。



極端な例でいうと、ラン航空もそうだけど、レンタカーのハーツ!!

あれは不満があるけど同じ日付、同じ車種で借りても
英語と日本語のサイトでは値段が全然違うんです。






それと、スカイゲートとかトラベルコちゃ◯、エイビーロー◯とかいろいろ

日本のチケット比較サイトもあれはオトリ広告がほとんど!!




まず、選んだ日付で安いのがあっても
メール問い合わせをするとそのチケットは売り切れといわれ
別のチケットをおすすめされる。

広告上のこういった”釣り”をオトリ広告っていうの。


(旅行業界はおそらく公取のチェックがゆるいと思われる。)






そしてぼくがイチイチ日本の比較サイトで嫌いなのが、


検索に使う値段って税別・サーチャージ別表示してるでしょ!!






しかもその全部合わせたチケット料金は

お問い合わせしないとわからない!!






その代理店に言わせれば




航空会社やその日程に寄ってその料金が変化するんですよぉぉ。



って言い訳だけど馬鹿言え!!

そんな自動計算するシステムだって取り入れないだけだからね。





例えば)

日本からロサンゼルス4万円のチケットがあった。
問い合わせしてみたら、チケット代4万円、税金サーチャージ別途6万円ってこと。




何をしたいかというと

ぼくも不動産のネット広告を毎日にようにいろいろ試行錯誤してたから
その気持がわかるけど




見えない客に問い合わせさせて、個人情報を入手し
直接アプローチを図るための一種のテクニックなんです。







_______________________





6.航空券は単発でとるな!!



たまに航空会社のホームページにマルチプルでいろいろ行き先を指定して
まとめて料金を検索できるときがあるんです。



それを無理やり最初の出発地と、いろいろ周った後の最終目的地を同じ場所
にする、つまり周遊にするとガクッと値段が下がる時がある。


これは南米ウシュアイアを周ってる時にアルゼンチン航空でとても助かりました。
如何せん、時間もなかったし、片道バスの移動時間が30時間以上だったんですよ。






_______________________





6.チケットは片道で買うな!!



まあ、これは周知の通りだけど、往復で買ったほうが明らかにチケット代金は
安いですよね。つまりは片道は正規料金、往復買えば割引料金で販売して
くれるってことです。

割引料金で売ってくれた航空会社の都合やペナルティーを無視すれば
往復チケットを買って片道チケットを捨てるっ方法は昔ちょっとだけ流行った
時代があります。


まあ、先に述べたようにリスクがあるのでそれは自分で判断して欲しいですが
格安航空会社でない普通の航空会社でよくやってますね。



まあ今の時代はそんなことしなくても、格安航空会社がもっと安く売ってたり
日本からだと適当に中国や韓国でも経由してどっか行けば充分に安く
チケットは手に入りますね。






7.マイーレージには恐ろしくお得なものがある!!




たまに人のブログを見ると、


内緒なんだけどーある方法ですごく安くチケットが手に入ったので・・・






なんて記事を見るんだけど(特にオセアニア方面)

すっ込んでろボケ!って思うんだよね(笑






マイレージに関して言えば、

日本からオセアニアに行くのに往復15~20万円前後もしてものすごい高いでしょ。
でも安い方法があるんです。




まあ、ぼくにとっては情報をブログに記載することも内緒にすることも
メリットもデメリットもないけどそのもったいぶられるのが嫌いなので書きます。




それぞれ世界一周するひとであれば
どこかしらのアライアンスでマイレージを集めてるでしょ。


この使い方やそのタイミングをしっかり掴むことが重要なんです。





例えば、アメリカのロサンゼルスから日本に帰るときに咲ちゃんは
今まで貯めたマイルで帰ろうとしました。




でも、結局マレーシア航空で帰りました。




なぜ??




それは、



マレーシア航空のチケット代が45000円で

マイルで獲得するチケットに別途かかるサーチャージが
同じく45000円だったから。






それだったら、サーチャージのかからない国内線に使ったほうがいいよね。


はい、ここまでが長い前置き。






でもその例外を覆すのが

スターアライアンスのマイルで行くオセアニア!!





25000マイルでグアム・パラオ・フィジー
あのタヒチだって日本から往復できてしまうんです。

しかもサーチャージがかからない!!






マイルのイメージがつかないだろうから
例に出すと中国や韓国、台湾にマイルで行くと20000マイルかかります。



それがたったの5000マイルの差で

あのビィーテフルなオセアニア(ポリネシア)にいけちゃう(≧▽≦)




中国や韓国、台湾なんて今は往復1.5万円で行けちゃう時代ですよ。

それだったらその10倍位上の値段するオセアニアに使ったほうが得じゃね。




きっと、世界一周することにはマイルも貯まってるでしょうから
一度ね、日本に帰ってこの旅で物価やチケットが高くて行くのを断念した
あなた!またもう一度短期旅行をしてみてはいかが?




注意)タヒチなんかはニュージーランド航空で、毎日便があるわけでもない
のでぼくが確認した時点ではこの特典航空券も月に1日~2日程度しかなかった。

まあ、この特典航空券ってものはその時々で状況もかわるだろうから
その度に自分で確認してみてくださいね。



注意2)後で読者の方から聞いたら、スターアライアンスでもANAはこのオセアニアはダメみたい。



_______________________



これ最後。ホントはもっとあるんだけど
腹が減った!あと観光もしないとっ!!






8.航空会社のお得な中継地点を知れ!!




う~ん、意味がわかんないねぇ。
何が言いたいかっていうと、ある中継地点を通るとチケットがものすごく
安くなる。



例えばね、ぼくはブログの一部を完結したあとに
シンガポールにいたんです。




それはなぜかというと、

シンガポールからサウジアラビア経由で入るエチオピアが3万円だったから!







エチオピアってアフリカだよ。

めっちゃ安くない?!(-^□^-





もちろん、往復で買ったら6万円だったなんてあるけど僕たちバックパッカーは
片道チケットしか基本は買わないでしょ。


だからこういう格安ルート・中継地点も知っておくといいんです。

もう1ついうと、直通より乗り換え一回したほうが同じ目的地でもかなり安くなるんです。





ちなみに、ヨーロッパ・アフリカの間に中東のオイルマネーで潤う航空会社を
使ってアジアを結んだりするとを結構安いのが見つかる。

とくに、アジアの中でも



シンガポール!!


マレーシアのクアラルンプールもそうだけど、ここは多くの格安航空会社が
拠点にするので安いチケットが手に入りやすい。


つまりはとりあえず、アジアに行きたいと思ったら行き先をシンガポールで
検索してみたら?







ってことで3日ぶりにやっとネットをできるようになったのですが
今日はここまで!!


参考にしてくださった方、みんな楽しい旅にしましょうね♪

ではでは。





今日も読んでくれてありがとう。

旅の情報あれこれ


旅を初めて1年後に書いた記事です。
参考になるかわかりませんが、良かったら読んで下さい。
_________________________________






1.国際キャッシュカードについて


■最低2枚持つこと。(盗難に備えたスペアです。)

盗難にあった際にクレジットカードは数日で再発行できますが
キャッシュカードはとにかくメンドクサイし、本人が受け取り必要。
つまり日本に帰らないと再発行できない金融機関もあります。


■どの金融機関が良いか

メジャーどころは、三井住友、シティバンク、新生銀行、楽天、スルガ銀行
でしょうか。
それぞれ手数料、年会費が違うので、それは自分でネットで比較して
くださいな。


上記から視点を変えて
僕からおすすめできるのは


楽天カード


PLUSと記載されたATMであればどこもでも引き落としできるのが
国際キャッシュカードですが

アフリカなど発展途上国に行くと取り扱いできない
金融機関が出てきます。

つまり、あなたのキャッシュカードでは引き落としできないということです。
その中でも、一番引き落としできたのが楽天だったというわけです。


取り扱いの良さでは


楽天>シティ>三井住友=新生>スルガ


これは僕の個人的名な評価です。

まあ、いろんなATM探せばいつかは、引き落としできるので、
そんなに心配もしなくてもいいですけど参考にしてください。

楽天は手数料、年会費もお得なようですね。
まあ、ぼくはシティバンクなので持っていませんが・・・





2.クレジットカードについて


■VISAあれば十分です。

MASTERもあればと言う人もいますがいらないと思います。
ただ、どこであれ、これも2枚あったほうがいいです。


■ICチップ内臓がいい(たぶん)

ぼくのカード2枚はICチップ内臓ではありません。
そのせいで、北欧では利用できないお店がいくつかありました。

ちなみに、盗難にあって唯一持っていたエポスカードは、ブラジルでは
全てのお店で利用ができませんでした。

まさにクズカードです。




3.保険について


入るか入らないかってよく悩んでる人いるけど、
絶対に入ったほうが良い。

ぼくは保険屋ではないので、”どこが”は書きません。


単に、お得だから です。


安心感というのは一番の理由だけど、

実はほとんどの人がモトをとってるんですね。



オプションの説明をします。


<携行品損害>

主に盗難にあった場合に請求できます。
枠は10万円、20万円、30万円。

バスの中まで持ち込みデリケートな電化製品を入れたサブバック。
パソコン、カメラ、電子辞書、アイフォン・・・これで10万円。

ぼくは10万円付けて、1回目の睡眠薬強盗でほぼ全部使って
しまいました。


<航空機寄託手荷物遅延>

飛行機が6時間以上遅れた。荷物がロストバゲージして6時間以上経った。
ケースに10万円まで必要なものが買えます。(何を?は保険会社へ)
これは意外にも付帯されてないケースや付帯されてるけど利用されない
ケースがあります。

ぼくはフィンランドでロスロバゲージ1週間近くした時に、これで
全ての冬物、時計、サングラスまで買っちゃいました。


<航空機遅延費用等担保特約>

航空会社が倒産したときに2万円までの保障がでます。

ぼくはフィンランドからスペインに飛ぶときに、航空会社が倒産してしまい
ました。買いなおしの費用は4万円以上して、結局は2万円でも保険で
カバーできたのは良かったです。



これだけでも、ぼくはかなり保険にお世話になったことが
わかると思います。



<治療について>

ケニアで僕を含めた4人が同時期に病院にいきました。
みんなキャッシュレスを希望して同じ病院に行きましたが
3人が長時間並び、結局キャッシュレスになりませんでした。

ぼくだけ、並ばずにすぐ診察できてキャッシュレスでした。

保険会社によって海外での活躍に差があることは事前に知っておいた
ほうがいいです。


あと、病院に行った際のアドバイスですが

薬は多めにもらいましょう。
また来てもらうことを想定して、4日分~1週間分の処方がほとんど
でしょうが、移動続きのバックパッカーに再診はほとんどないと
思います。よっぽど悪くない限りはね。

だから、万が一と再発の場合のストックね。


<死亡保障><治療・救援費用>

あなたが旅先で死んでしまった場合の保障ですね。
保険料が高いので、保障を付けずに何がなんでも帰るので入らない!

そんな声が聞こえてきますね。

でも、ご両親はあなたを成長させる為にどれだけのお金を使って
きたんでしょうね。

死んだあと、ものすごいお金かかるんですよ。
よく悩んでください。


<保険期間について>

一周航空券の場合は1年と決められてるので、更に旅を続ける人も
少ないでしょうが、自分で航空券を手配しながら周る旅人。
ほとんどの人が1年の加入だと思います。

保険を使いすぎると、延長を断られることがあるので注意しましょう。




4.持ってると役に立つ物についてのアドバイス


必要なものは皆さんは十分に知ってると思うので、その落とし穴を。


・電熱コイル
 (海外で買ったのはすぐに火を噴いて爆発しました(笑


・圧縮袋
数ヶ月でどこかに穴が開くのか、機能は失います。


・変圧器
いりません。日本で買うほとんどの電化製品は海外対応になっているはず。
ただ僕が持ち歩いているドコモの充電器は対応してなかったので、大変な
思いをしました。


・コンデジ
砂漠で微小な砂が入ったらしく、みんな壊れてました。


・HDD(ハードディスク)
写真などのデータを入れます。旅にでると、旅人の間でいろんなデータ
(映画やマンガ、男の必需品)を交換する機会があります。


・衣服
頑張って日本から持ってくる必要もないです。海外で必要なときに
安く買って、使い捨てるほうがいいと思います。バックパックが重くなると
本当に辛いです。ただ、収縮可能なジャケットはあるといいかも。




とりあえず今日はここまで!!


旅に出て初めて知ることも多いです。
アドバイスはいっぱいできるけど、長くなるのでとりあえず
今日はお終いです。

そして今回のアドバイスは僕の独断と偏見ですので最終判断は
自分でしてくださいね。



今日も読んでくれてありがとう。

テーマ : バックパッカー
ジャンル : 旅行

エチオピア情報(メケレ、ラリベラの宿ダナキル砂漠ツアー情報)

以前削除された記事だけど、必要性を感じたのでここだけ先に復活。
_____________________________



今回のは旅のメモ代わりです。
特に参考になるかわからないけど、行かれる人にとっては知らないよりは知っておいたほうが
いいと思うので一応あげておきます。






◆アディスアベバ



Titu Hotel
シングル160Bくらい
ツイン170Bくらいから
Wifiは一応あるがかなり接続にムラあり。よく接続が切れるし日中は使えない。
ホットシャワー有。
昨年と比べ、従業員の態度がものすごく悪くなっていた。



Baro hotel
シングル200B
ツイン280B-400B
2012年に訪れた時にwifiはなかったが、今回来たら使えるようになっていた。
Barohotelの正面にあるWutmahotel のレストランでWIFIが使える。
ここは食事もうまい!
◆ラリベラ
ラリベラのティムカット祭り中は宿の値段は
5倍近くに跳ね上がる。



Blue Lal
1泊1ルーム 通常9ドル→100ドル
無難に良い宿 wifiなし
Helen
1泊ダブルルーム 65ドル
ティムカット祭が行われる場所の近く
まぁまぁボロめ
Mini roha
1泊ダブルルーム 600ブル(30ドルくらい)
ティムカット祭が行われる場所の近く
かなりボロめ(笑)
MESTIホテル
一泊30$
薄暗いけど無難。ティムカットの会場に近いのが良い。


wifiについては、村のはずれのビューホテルでは使える。
WIFIについては上記のホテルだが、ネットカフェがある。
かなり遅い。

◆メケレ
Merkeb Hotel
シングル70B~90B
ツイン 105B~
Wifiなし。ホットシャワーは105Bの部屋より
バスターミナルのそばにあり、立地は良し。


メケレ空港ーメルケブホテル
トゥクトゥク80B 10キロくらい


wifiはアクスムホテルで使える。
基本宿泊者だけの利用だけど、宿泊者からパスワードをもらって
利用が可能になる。



◆ダナキル砂漠ツアーについて


・トラブル
ツアー会社は旅友に紹介されたところを利用。
トラブルがあり快くオススメはできませんが一応参考になるかもしれないので
情報を載せます。

アクスムホテルのG.K AHADU TOUR のカルメンにお願いしました。
ドイツ人女性がやってるツアー会社です。


前日にぼくたちは、日本人10人のみで車3台エアコン付で契約しました。
一人475$。あと1台追加で欧米人のグループ有り。
しかし当日、集まってみるとぼくたち日本人グループの車が2台しかなく1台足りない。
日本人2人はエアコンなしのガイドやコック、警備員の車に乗車させられます。
もう車はホコリまみれで残酷としか表現できないような悲惨な状況でした。


不満もあったけど帰ってきてから文句いうと、

イタリア人がエアコンなしの車で契約し警備員やコックの車に乗るはずだったのに、
エアコン有りの車(ぼくたちが乗るはずの1台)
を占領していたことが発覚。。

帰ってきてから笑って逃げたというイタリア人。
とても感じが悪かったです。



そしてツアー会社のカルメンは自分たちに責任はないと一点張り。
どちらにせよ、このツアー会社が事前にぼくたちに確認したことも無視したこと
当日のツアー客の管理もままならない状況だったことは否定できないので責任
がある。ぼくたちも契約違反ってわかっていながら出発させたのは問題だった
かもしれない。
あと1日目と3日目にシャワーがあると聞いていたが実際は水をかぶる程度。
欧米人が後先考えずに水を使うので水も底をついてみんながシャワーを浴びれない
こともあった。
食事はコックが良いと聞いていたが、トマト缶で炊いたご飯と具の少ないパスタ。
最終日だけしっかりサラダも出してくれ、たったそれだけのことに感激してしまった。
一日一人5リットルの水が支給されるということだったが、実際には1日3リットル程度
だと思う。しかしながら、エアコン付車ならこの量と持参の水でなんとかなる。
しかし、7月など真夏シーズンでは一日5リットルでは少ないかもしれない。
ツアー会社は信用せず時期に合わせて水を持参しよう。
ちなみにぼくたちは、10人にグループで1人475$支払ったが
同時期に行った日本人7人グループは別のツアー会社で1人450$でした。
安いツアー会社は他にもいろいろあるようです。

そちらで行った方は、同じ時期なのに鏡張りの塩湖も連れていってもらえ
かなり良さそうでした。ちなみにぼくがオーナーに聞いたときは
それは時期ではないので案内できないと言われました。

<ダナキルツアーにて注意すべき点>
・エアコン付きの4DWをチャーターしよう。窓を開けようものならすぐにホコリまみれです。
エアコン無しの車は熱くて窓を開けるでしょうが、そうするとホコリがモロに入ってきて
体が真っ白になる。
・ホコリや砂塵のせいでカメラが壊れやすくなります。
・ツアーは事前の契約内容をしっかり把握し、履行されていることの確認
・できれば11月~3月のベストシーズンに行きましょう。ちなみに死んでもリスクを犯しても
絶景を見たいなら真夏かも。塩湖に水が張り、ウユニ塩湖のような鏡張りになります。

ツアー会社のパソコンに入ってる写真集をみて発見しました。



持って行くと良い物
・花粉用マスク(ホコリ対策です。)
・水出しお茶のもと
・ライト
・毒マスク(刺激臭も出るのであったらいいと思うけどなくても我慢出来る)
・カメラの交換バッテリー(充電できないので)
・車にシガレットソケットに付ける充電器があれば良い。
・夜用の寝袋かコンパクトなジャケット1枚
<ラリベラ→メケレへの移動>
人数が多いときにはチャーターするとラクかも。
ホテルのバスチャーター1台500$→450$値下
ミニバスチャーター 1台3200B
(Blue Nile というレストランのおっちゃんが手配してくれる。)






かなり雑に書いたけど、参考になれば幸いです。






世界一周Blogランキング参加中でーす♪
「あっ、おもしろっ!」って思った方!
1日1クリックお願いします!!
(ワンクリックでポイントが入るそうです♪)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村(携帯、スマホの方はこちら)

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

世界で見つけた珍味



 

 

ここでは世界中で食べた見つけた珍味を紹介していきたいと思います。




注)ゲテモノ・血生臭い写真もリアルに載せますのでお気をつけ下さいm(__)m




...........................................................................................................










<ペルー>


インディヘナのご馳走はネズミ:クイ
o0700046612528428573.jpg


クイ料理を伝授されています。
o0700046612528419460.jpg 

o0700046612528419459.jpg 
クイはボリビア版の”最後の晩餐”でもキリストに食されるほどの動物です。





アルパカ
o0511070012528367465.jpg 


o0700049312528452531.jpg
アルパカは生でも食べられました。これはクスコで食べたカルパッチョ。





ペルーの精力剤:カエルジュース
o0500033312534127380.jpg


o0500033312534127381.jpg 
マカというアンデスの高麗人蔘のような漢方と一緒飲みます。お味はおっても美味しい・・・??





ねこ(猫)
o0700052312528452532.jpg 


猫の煮込み
o0700046612528428575.jpg 
注文すると、「では今から捕まえてくるねー」ってのは定番の返答。






アマゾン都市イキトスのベレンマーケットにて




子ワニ
538213_321992521214662_2030612054_n.jpg     



陸ガメ
303518_321994251214489_1554530562_n.jpg
朝の4時頃いくと、10匹ほど解体しているところだった。

403504_321989544548293_1284902219_n.jpg
陸ガメは食堂の人気メニューでした。


陸ガメの卵は滋養強壮として食されている。
o0700052512528452533.jpg
カメの卵はぼくたちが想像するものではありません。白身はゼラチン質で、黄身はザラザラしています。




アルマジロ
246436_321994547881126_840219832_n.jpg 



o0600040012528419458.jpg
アルマジロはマヤ料理としてニカラグアやグアテマラでもよく食べる。





猿:サル
o0553070012528371398.jpg 

o0700052512528457616.jpg 
料理するのが最も辛いと思った動物。でもアマゾン出身の兄ちゃんは嬉しいそうに食べてた。





おばけカタツムリ
o0800060012528333706.jpg

o0800060012528405019.jpg
超巨大なカタツムリ・・・とっても硬かった。





ピラニアの活き造り
o0800060012528331344.jpg 
アマゾンで捌いているときに、ピラニアが飛んできて指を食われ全治一ヶ月。油断した。




ゾウムシの幼虫:スリー
o0720096012528331343.jpg
幼虫は”山の海老”と呼ばれるほどの甘みと歯ざわりがあり、生きたままこの幼虫を食べます。
皮はきくらげ、中身は栗あんみたいです。






...........................................................................................................





<ボリビア>


コカインの材料となるコカの葉
o0466070012533963224.jpg
昔はコカ・コーラの原材料にもなったそうです。コカの葉自体は 別に怖いものではありません。






ラクダに似た動物:リャマ
o0500036012528367464.jpg 
アルパカよりは肉が硬い。ペルーではアルパカを、ボリビアではリャマを食べるようです。






...........................................................................................................





<ニカラグア>


ヘビ:アナコンダ
o0600040012528411269.jpg


o0600040012528411268.jpg
すごい繊維質。ゴムのように硬い。




ニカラグアの強壮剤:ウミガメの卵
o0600040012531674453.jpg


o0600040012531674454.jpg
これがウミガメの卵を掘っているところ 。1日に4万引きくらい産卵にくるので卵の採取も一定のルールのもとに合法。
産み落とした直後の卵だけは黄身も滑らかでうまいが、時間が経つと徐々にザラザラになっていく。基本的には生のまま丸呑みするのがローカルの食べ方。





...........................................................................................................





<グアテマラ>



イグアナ

o0700046612528384855.jpg 
 

イグアナの煮込み
o0600040012528411270.jpg
アンティグアの市場では燻製にされたイグアナが販売されています。これも古代マヤの料理。






...........................................................................................................





<メキシコ>

エスカモーレ:蟻の卵
o0600045012534128693.jpg 
これがまた美味いのなんのって!




ウチワサボテンの葉
o0600040012533991836.jpg
煮て食べるとネバネバ、酸っぱい 。スーパーで販売されています。




幻術サボテン:サンペドロ
o0700046612528384852.jpg 
これは呪術用に使う幻術サボテンです。






...........................................................................................................





<タンザニア>



レッサークドゥ
o0426064012528333705.jpg   
みんながサファリと騒いでるところで、タンザニアの猟師とハンティングに行って来ました。






...........................................................................................................





<エジプト>


鳩:ハト
o0450029912528359249.jpg 
鳩のお腹に野菜や米を入れて、煮込んで焼いています。






...........................................................................................................





<マダガスカル>


マダカスカルの興奮剤:コーラの実
o0500036812528367463.jpg
コカの葉同様に昔はコカ・コーラの原材料になっていました。





...........................................................................................................




<イタリア>


世界三大珍味の1つ:白トリュフ
o0450029912528348473.jpg


黒トリュフ
o0450029912528348469.jpg 




ダチョウの卵 VS 鶏卵(右下)
o0450029912528348474.jpg
ダチョウの卵は割るのにトンカチが必要です。でも食べても美味しくない。






...........................................................................................................





<フランス>


かたつむり:エスカルゴ
o0500040112528397833.jpg
フランスではカタツムリの中身を出して苦い肝を処理して、戻してオーブンで焼く。





...........................................................................................................




<アイスランド>


パフィン
o0450033712528363734.jpg
かわいい。


o0450029912528344927.jpg
肉が真っ赤でレバーみたい。燻製はまあ美味しいけど、ステーキは微妙。





...........................................................................................................





<フィンランド>


世界三大珍味の1つ:キャビア
o0500038512528466293.jpg 







...........................................................................................................





<グリーンランド>


アザラシの開き
o0450029912528344926.jpg 


ハンティングされたアザラシ
o0450030012528359252.jpg 




イルカ
o0500033312534131633.jpg  
現在、アザラシやイルカはイヌイットの食料ではなく、血に飢えた猟犬に与えられます。
1家族10頭ほど買っているので毎日ハンティングに行かないといけないのだ。






........................................................................................................... 



      

<タイ>


カブトガニ
o0380021312528405016.jpg 
o0380021312528405018.jpg
肉はないので卵を食べます。たまに神経性の中毒なるみたい。美味くははない。




ハチの幼虫

o0500036112528384853.jpg 




昆虫各種
o0380025312528333704.jpg 






...........................................................................................................




<フィリピン>



孵化しかけのアヒルの卵:バロット、バルー
o0550030812528371395.jpg


o0550031612528371396.jpg


o0550031612528371397.jpg
意外にも美味いだなこれが。目をつぶって食べるべし!





...........................................................................................................




<パプアニューギニア>


パプアの興奮剤:ビートルナッツ
o0450029912534026618.jpg


食べると口の中で真っ赤になる。
   o0450033712534026619.jpg 
パプアニューギニアでは3歩歩くごとにこれが売っています。





世界で一番美味な卵:ツカツクリの卵
o0500028012529791091.jpg


黄身が卵の9割を占める。
o0500028012528408422.jpg 

o0500028012528408423.jpg 
濃厚でとっても香ばしい。うまい。






       
    


どうでしたか??



これでもまだ珍味の半分くらいなんですけど、

キモい!!OR うまそう!!

何でもいいので感想をくれると嬉しいです。       
       
    


続きを読む

テーマ : バックパッカー
ジャンル : 旅行

世界の写真展

 
世界で興味をもった自然建築の写真を


ピックアップして紹介していきたいと思います !! 





.........................................................................................................................................




<インド>
 

インドのひとびと
29.jpg 




TAI_5582-002.jpg




TAI_0914.jpg
  




TAI_6044-001.jpg
  






ブッダが修行中に立ち寄ったスジャータ村のガジュマルの木(樹齢は2000~2500年とか)
TAI_2401-002.jpg






インドのホーリー祭2013
 TAI_9166.jpg





TAI_0501.jpg 





TAI_0484-001_2_tonemapped1.jpg





インドの奇祭クンブメーラとシヴァラトリ2013
TAI_3162.jpg  




TAI_3057.jpg





TAI_3756.jpg 






.........................................................................................................................................





<イエメン>

ソコトラ島の竜血樹
72640_427277790686134_1760376998_n.jpg 




48073_427278294019417_996689228_n.jpg






.........................................................................................................................................





<ポーランド>


ポズナンのランタン祭り2013
23 (2) 





23 (1) 






.........................................................................................................................................





<スロヴェニア>

ブレット湖に浮かぶ教会
TAI_1944 (2)  






......................................................................................................................................... 





<チェコ>

チェスキー・クルムロフ
 TAI_2623_4_5_tonemapped-002.jpg







.........................................................................................................................................





<オーストリア>

ハルシュタッド
TAI_2142-002.jpg 






.........................................................................................................................................





<クロアチア>

ドブロブニク
TAI_0533.jpg 






.........................................................................................................................................





<ギリシャ>

メテオラ
TAI_9728_tonemapped (3)





サントリーニ島
TAI_7924_tonemapped.jpg 





ヒオス島のロケット祭り2013
TAI_9707name.jpg 



TAI_9886_201309291259101f4.jpg 



TAI_9502.jpg




.........................................................................................................................................





<ペルー>


アンデス山脈の景色
DSC07041-003.jpg 




DSC07071_-001_-002_tonemapped_20130628202420.jpg






.........................................................................................................................................





<ベネズエラ>


ギアナ高地
390875_355095377904376_1513150186_n.jpg






.........................................................................................................................................





<タンザニア>

標高5960mのキリマンジャロから
396039_213472098733372_1101800265_n_-002.jpg 






.........................................................................................................................................





<ケニア>

アフリカのサバンナと象
1.jpg






.........................................................................................................................................





<エチオピア>

ダナキル砂漠
533739_415464211867492_1788352963_n.jpg





マグマ噴き出る火山口
68412_414050245342222_1299877492_n.jpg






.........................................................................................................................................






<ニカラグア>


カメの大産卵
557292_361665440580703_620671905_n.jpg 





.........................................................................................................................................




<メキシコ>

セノーテ
227497_371180842962496_1546601599_n.jpg




.........................................................................................................................................




<アメリカ>

ザ・ウェーブ
574771_402678936479353_215472152_n.jpg  
 



268425_402678626479384_366664380_n.jpg








とりあえず、今回はここまでかな。

あとは本編でもいっぱいアップしていくのでよろしく♪




続きを読む

スポンサードリンク
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
合わせて読んでね♪
Twitter
世界一周の持ち物
使用一眼カメラ
❖NiconD7000
+18-105mレンズキット

中型サイズで邪魔にならず無難に良いカメラ
.................................
❖単焦点レンズ35m f/1.8G

値段も手頃で人や物をぼかすに最適
.................................
❖Canon デジタルカメラ PowerShot S120
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。