世界一周Blogランキング参加中でーす♪
「あっ、おもしろっ!」って思った方!
1日1クリックお願いします!!
(ワンクリックでポイントが入るそうです♪)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
.................................................
地球のらくがきのFacebookページ作りました♪
リアルタイム情報やブログで使った写真をアルバムにして掲載しています。
よかったら「いいね!」押して下さいね(^^)

Petit Customization Diary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今、僕が求めているのはアノ◯◯◯。

<イラン/テヘラン2>




ぼくは、よく言われるウィンドウショッピングとかでブランド物を見るのも

服や雑貨を見るのもそんなに好きではありません。



だからブログでもほとんど紹介はしない。

たぶん、自分自身がそんなに興味が無いのですごく疲れるんです。

でも、食材を見るのは全然疲れないんですよね。



なんでなんだろうとすごく不思議なんですが、

イランに来てもやっぱりそうでした。笑



香辛料売り場に来ると、目がパチッと冴えます。
20140115_115.jpg

そして口に入れるまでもなく頭から舌、体全体までピリッとするんですよね。

まさにパブロフの犬みたいな感じですね。もう反射の域です。



特にアラビアの食材は色鮮やかな物が多いので見るのもとっても楽しいです。

20140115_132.jpg


見たことのない食材を見つけるのもとっても楽しいです☆
20140115_133.jpg  


この平べったい桃が大好物なのですが、1つ15円くらいっておも嬉しい♪
20140115_46.jpg
日本で買うと結構高いですよね?


うずらの雛も売っていましたが、どうせならが欲しかった。
20140115_120.jpg
うずらは家畜としても、ペットとしても中途半端ななのでなんで販売されてるかわからないですが
でもイランなので・・・そんな感じで納得しました。


こちらは肉屋兼、焼き鳥屋さん
20140115_127.jpg  
切ったのを目の前で串焼きにしてくれるんだけど、これが結構美味いんです。内臓系は特に鮮度命。それを考えると日本で食べる焼き鳥より、海外で食べるほうがずっと美味しいって思うことはよくあります。


こちらは魚屋さん(鮮度はいまいち)
20140115_47_2014012817035611b.jpg


なぜかエビの皮剥きを手伝わされた。笑
20140115_49_20140128170358e4f.jpg
ぼくがどんなエビなのか興味津々だったので、それで声がかかったのかな。あ~手が生臭くなっちゃったよ。泣



ついでに海外では、アジア食材店を見つけては自炊用に買い足すのも定番ですが、

イランにもあるんですねーーー。そんな日本食材のバザールがありましたよ。

20140115_118.jpg
(場所はビックバザールから2、3本北側のとおりです。)


このエリアは輸入食材のバザールでした。
20140115_119.jpg     


このお店で一番の売れ筋商品はパン粉だそうです!
20140115_117.jpg
やっぱり揚げ物にはパン粉を使うようですよ。ちょっと意外ですよね。 でも、パン粉くらい自分で作ればいいのにって思うのはぼくだけだろうか。イランへの輸入って一度、中国を経由するので面倒なのですよ。


ちょっとした散歩だったけど、やっぱりいろんな人が絡んできてくれました。
20140115_19.jpg
イスラム圏では仲良しはよくチューするらしい。 別にソッチ系ではないそうです。でもソッチ系が多いのも事実だそうですが、イスラムやキリスト今日など基本的にそういったものを禁止してるので、表立っては見ることはないかもしれませんね。



でたっ!ワンパク小僧たち!!
20140115_20.jpg
彼らは写真を撮ってもらうまでずっと着いてくるので、素直に撮ってあげればキャッキャしながら帰っていきます。






さて本題です。

今回探していた珍味は2つあります。




その1つが早速見つかりました!!

こちらです!!


20140115_16.jpg  


このピンク色の食べ物なんだかわりますか??

20140115_17.jpg

ほとんど答えられない人が多いと思いますが、

すごい身近にあるピスタチオなんです!!



ピスタチオっていうと、こんなですが
1900T230-s.jpg 




今回、探していたのは生のピスタチオ!!

日本でも乾燥して塩味のついたものが出回っていますが、生は手に入らない。



それがイランでは生のピスタチオを食べる習慣があるんですよね。



実際買ってみてわかったのですが、

色が全然違うのは殻の外に薄ピンク色の皮があるせいです。






皮を剥いて、殻を割って中身を食べる・・・





もぐもぐ。

もぐもぐ。






うん、ひまわりの種のようなちょっと青臭い。ありきたりな種と一緒で

あのイメージしていたピスタチオとは全然違う味です。



結局、フライパンで乾煎りして食べたら、グッと香ばしさが増して美味しかったです。

そう、やっぱりこの香ばしさですよね。これが欲しかったぁぁーーー!



まあ、結局は乾燥ピスタチオが美味い!って落ち着くわけなんですけどね。

一応、めずらしい経験とはなったのでとりあえず1つの目的は達成ということで。笑






あと、イラン料理もいろいろ食べに行きました。

定番はこの白米にサフランで色付けしたのをパラパラかけて食べる。
20140115_60.jpg
味が変わるわけではないですが、とにかくイラン人はサフランが大好きなのです。


❖そしてこの料理の数々。
20140115_81.jpg

20140115_82.jpg
どれも一品数百円ってところかな。


とてもおもしろいのは、イランの北部に接するカスピ海ってのは、

淡水と海水のところがあるらしく、カスピ海では新鮮なマスが驚くほど捕れるんだって。

20140115_62.jpg
個人的にはこのマスのフライが一番好きだったな。


あとは、スープの中にポテトやパスタを突っ込んだのもあったけど、
味はまあまあ。なんとなくイスラム圏の料理って単調な感じがします。
20140115_61.jpg

20140115_78.jpg


やっぱり、レストランに行くときは

仲間で一緒に行ってワイワイしながらいろんなものをシェアするのがいいですよね。


けんち君とさちこちゃん夫婦(ブログ⇒世界一周してみーひん
20140115_80.jpg 
この2人はトルコからイラン後半までずっと一緒でした。世界一周中に子供ができて帰国しましたが、ぼくが一緒に旅した人でできちゃった帰国は3組目です。世界一周で得たものはベイビィ。そんなのもいいよな。


Hitch×kakeru*夫婦
20140115_59.jpg
世界各地の料理を食べ歩いてバーを出す為に旅してましたが、帰国して4月から秋葉原でお店オープンしてますね。個人的に自分で信念を持って旅して、夢を現実にしたところがいいなって思います。

↑↑

いや、折角なのでこのエピソードを書いておこう。

ぼくが世界一周に出発するときに周りに誰も相談するひともいなかったので、たまたまネット検索でひっかかった渋谷のビールバーがあったんです。当時世界一周した夫婦がやっていたのだけど、ちょっとでも情報収集したくて遊びにいったのですが、その時にそこで働いていたフタッフの1人がここの旦那だったそうなのです。(後から知った。)


何かと縁があるわけなんですよね。
秋葉原から5分くらいでこじんまりして、ビールの種類がめっちゃ豊富。女性にも人気のいい店です。お立ち寄りあれ。






さて、ちょっと脱線しましたが

ずっと聞きこみに聞きこみを重ねてやっと辿り着いた今日のメインディッシュです。


20140115_24.jpg 

Kenzo という日本食レストランがやっていました。

オーナーも従業員もイラン人で一昔前の情報ではテヘランに日本食レストランあったという情報も見れたんだけど、最近は全然聞かないと思ったら、ここにお店を売ってリニューアルしていたようです。ガイドブックにはないですが、それなりの富裕層が来るような立派な鉄板焼き・グリル・寿司のお店になっています。

しかも今まで見てきたイラン人とは別世界のセレブばかりでそのドレスコードも立派だし、女性がおそろしく美人揃いでした。

 20140115_27.jpg  

こちらがメニュー!
2014012820140128_4_20140128175208aa2.jpg 
キャビア(Caviar)発見です!お値段は3,200円くらい。

これが高いのか、安いのかわかんないなーー。


まあ、それが目的なのでそれが高かろうがもちろん注文します。





とりあえず、このキャービアーをもらえるかしら?





すいません。お客様。

今は暑いのでありません。





あーーー暑いなら仕方ないですねぇ。

そう、暑いって。

イランなんかずっと暑いじゃん!!







ぼくとしては、ここのキャビアで軍艦寿司まで提供してくれるのを

期待していたのですがないものはないんです。





ってか、キャビアって瓶とか缶詰にしてるので保存が効くのでは?




お客様、当店は新鮮なものをカスピ海から輸送するのでシーズンものなのですよ。





まあ、イランではとびっ子みたいな安さでキャビアは食べられるわけではないと分かったし、諦めるしかないのかなぁ・・・。

仕方ないので、寿司でも食べて帰るか。




普通の巻物で600円くらいが相場みたい。

お寿司屋や鉄板焼きをたらふく食べたら、一人3000円くらいは軽く行きそうなのでイランの中ではかなり高級なレストランのようです。 だって、普通の庶民のレストランでは一食300円くらいですよ。いきなりこれを食べようとするには、何気に勇気いるし、

実際一緒に来ている4人もめっちゃ躊躇してるよ。笑

20140115_28.jpg


結局、5人でこの巻物を何種類かを注文してシェアすることに。

今日は宿に帰ってカップラーメンでも食べよう。



とりあえず、珍味についてはテヘランでの情報収集はここで終了して

また改めたいと思うのでした。




今日も読んでくれてありがとう。





世界一周Blogランキング参加中でーす♪
「あっ、おもしろっ!」って思った方!1日1クリックお願いします!!
(ワンクリックでポイントが入るそうです♪)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村(携帯、スマホの方はこちら)


 
スポンサーサイト

イランにやってきたのは特別な理由があるわけで・・・

ゴールデンウィーク イエイ!


<イラン編 テヘランその1>  
20140115_1 (2) 




今日からイラン編です!


日本にいる時は、イランと聞くととても恐ろしい国っていう印象があったのですが

実際は国際的な情報操作の一面も強くなかなか興味深い国だとも思いました。







よく旅人での話でどこの国が一番良かった?って聞くと


イラン!!


って答える人が多いんですよね。






それですかさず、なんで? って聞くと


やっぱりがいいよね~。


って口をそろえて言われます。






イラン人ってかなりひとがいいらしいですよ。笑

でも、そんなの人付き合いなのでどの国でも言えることですよね。





それでもある旅人が言ってましたが、国際的にテロリストの巣窟になったり

国際的に鎖国的な国。例えば、パキスタンやイエメン、シリア、アフガンとかは

共通してすごく人が良い国なんですって。







その典型的な例として



見知らぬ旅行者を家に招いてくれて、

食事をご馳走してくれるらしいです。







・・・・ ・・・・ へ~。




まあ、そこまでお世話になる義理はないな。とぼくは思ってしまいますが

これは助け合い精神である喜捨(ザカード)っていうイスラムの宗教的な

考え方も絡んでくるのでそれだけで良い国ってなるのかな。






でも事実、これらイスラム教国家では未だ治安も安定せず、

危険であることには変わりないでしょうが、

イランは今現在は情勢も良いらしいのでやってきました。



まあ、こんなことをダラダラ言ってますが

ぼくがイランにやって来た本当の目的は、







人の優しさでも





イラン人女性の美しさでも





ペルシャ遺跡でも





イスラム建築でもない。







世界3大珍味のキャビアが

とびっこ並に安い!





と聞いたので、それを確かめにやってきたのですけどね。





これ回転寿司のとびっこね。

無題 
噂によるとイスラム教では鱗のない魚は食べちゃダメなので、

イランの面するカスピ海で採れるチョウザメの卵のキャビアなんか、誰も食べないらしいですよ。






っとまあ、イランはこれも含めて宗教的にもいっぱい調べたいことがあったので

レポートして徐々に記事で紹介していきたいと思います。


以上、前置きが長くなってしました。





.................................................................................................................





ってことで、ぼくはイランの首都テヘランにやってきました。




トルコでイランビザをとって

アルメニアから国際バスで30時間もかけてやってきたのですが


いやーーホント疲れた。

腰が痛すぎてこんなの飛行機で来たほうがどんだけ楽だったか。

(現在アライバルでも2週間ビザはとれるようです。 )





イラン国内に入ると定期的にバスの外に出されて荷物チェックをされます。

2014012520140125_1.jpg 


やべ・・・変なものないよな。


意外と男性陣は繊細なのでパソコンに入った夜のお楽しみ系動画(⇐イスラム圏では違法)

が見つかったらヤバイとドキドキなわけなのですが、チェックしているのはこいつです。


2014012520140125.jpg
全くの問題はないようです。むしろ

隠れてないで堂々と出てこいや!!





って思いこっちは強気になるんですがね。

彼の役目はオピオンとかクリスタルなどの麻薬をチェックしているみたい。



なんかそういうのはすごく監視がゆるいイメージでしたが

意外とちゃんとしてるんですね。(興味が無いので完全に人ごとです。)



って言っても、肝心の検査官は物陰に隠れている程度ですけどね。笑







あと肝心な両替もしました。

イラン通貨はアメリカの経済制裁によってガタガタなのでATMは使えません。


よって両替商でお願いするのですが1$=約29,000イラン・リアルかな。

100$を両替に頼んだら、財布がこんなになってしまった。

20140115_65_20140127230521fee.jpg
290万リアルです。 (2,900,000リアルと桁がデカい)



財布に入らないどころか邪魔で仕方ないですが

ATMもクレジットカードも使えない国は本当にめんどくさいです。

経済制裁って怖いですね。 紙幣の価値がすごい下がっているそうです。






ってことで、ようやく観光する準備ができたので

新市街のモスクにやってきました。

20140115.jpg 


ガイドブックにも載らない程度の庶民派のモスクらしいのですが、

めちゃくくちゃかっこ良すぎます。



アラビアンナイトの世界を彷彿させる円形のドームと

幾何学模様と青や、エメラルドグリーンを基調にした外装に魅了されます。




イスラム教国家においては毎日のお祈りは必須なので町の至る所にこういったモスクがあり

あり誰でも気軽にやってこれるようです。


20140115_1.jpg


なんかアラビアンナイトの世界へタイムスリップ。
20140115_136.jpg 


普通に町に溶け込んである様相も好き。
20140115_134.jpg 


正面から見ると細かい幾何学模様。
20140115_7.jpg



それにしても意外だったのは、こんな宗教施設にぼくのような異教徒も普通に入れました。

ちなみに女性は、チャドルという布を被らないと入れません。
 

イスラム教は男性にゆる~く、女性にものすごく厳しいのです。



こちらは、モスクの前にある無料チャドルレンタルのお店。
20140115_137.jpg  
ここでチャドルですっぽり足まで身を隠して施設に入るらしい。







ちょうど18時過ぎになるとお祈りの時間で沢山のひとが来ていました。


出たり入ったりで誰かとお話したかったのですが、なかなかタイミングが掴めないし



イランではペルシャ語が母国語なので英語が通じないっ!

片言のアラビア語も微妙っ!!





そんな時にちょっとベンチで腰掛け始めたら、やたら声をかけられることに気付く。

一人でモスクにいる日本人に興味津津らしいです。 (これはチャンス☆)


そしてみんなとっても良い笑顔で接してくれるんですよね。




❖こちらはお祈りに来た親子。
20140115_6.jpg


奥さんを待っている間、いろんなお話を聞いていたのですが

このモスクの正面にあるお墓はアメリカに爆撃された際に殺された

3人のイランの核技術者のものらしいです。

20140115_138.jpg
大勢の人が深く頭を下げてお祈りしていました。


いろんなイランの政情を聞いたり、彼らの生活の様子を聞いていたのですが

これは日本では決して知り得なかったことばかりなので随分と突っ込んで聞いてしまいました。





それと別れ際!

これからマシュハドという聖地に行くことを話したら、その都市の数珠をくれました。

20140115_5.jpg 

えっ!汗

どうしよう。ちょっと困る!!!笑




もらっても困るので、本気で断ったりもしたのだけど、

どうしてももらって欲しいの一点張り。




イスラム教では、観光客など誰かのために何かをしてあげることが徳を積む

という意味でも強く意識されてることは知ってたけど、ほんと親切心たっぷりだったので

思わず受け取ってしまった。何もお返しするようなものがなかったので、それが心残りだな。






それにしても、短時間だったけどほんといろんな人に会ったなぁ。


❖ここで出会ったイランの人たち。

20140115_4.jpg   
お父さんにそっくりだね。

❖仲良し兄弟です。
20140115_2.jpg 
色白でイランのひとはとっても顔が整ってるような気がしませんか?

すっごく羨ましい!



お友達が集まってきました。
20140115_3.jpg
こちらはモスクの池で大はしゃぎした帰り。  こっちは明らかに悪ガキって感じ。笑


メガネっ娘
TAI_9381_20140207200907165.jpg   


おみやげ屋さんのお姉ちゃん。   
TAI_9397_20140207200911ac4.jpg


めっちゃ美人さんだなぁ。


しかもものすごーーく笑顔がかわいかったので、思わずテンション上がって話してたら

お母さんがやってきたり、ついでにフィアンセも紹介してもらったり、なんだが

誰もこれも親しみやすくってなんだか頭の中でずっと「? ? ?」が立っていました。





やっぱり全然怖くない国なのかな?




まあまだ時間はいっぱいあるのでゆっくり見て行こうっと。

あっそういえば、キャビアの聞きこみ忘れてた。笑








ではでは今日も読んでくれてありがとう。






世界一周Blogランキング参加中でーす♪
「あっ、おもしろっ!」って思った方!1日1クリックお願いします!!
(ワンクリックでポイントが入るそうです♪)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村(携帯、スマホの方はこちら)


スポンサードリンク
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
カテゴリ
合わせて読んでね♪
Twitter
世界一周の持ち物
使用一眼カメラ
❖NiconD7000
+18-105mレンズキット

中型サイズで邪魔にならず無難に良いカメラ
.................................
❖単焦点レンズ35m f/1.8G

値段も手頃で人や物をぼかすに最適
.................................
❖Canon デジタルカメラ PowerShot S120
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。