世界一周Blogランキング参加中でーす♪
「あっ、おもしろっ!」って思った方!
1日1クリックお願いします!!
(ワンクリックでポイントが入るそうです♪)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
.................................................
地球のらくがきのFacebookページ作りました♪
リアルタイム情報やブログで使った写真をアルバムにして掲載しています。
よかったら「いいね!」押して下さいね(^^)

Petit Customization Diary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野性的なぼくの乙女チックな部分。

<チェコ編ーチェスキークルムロフ>




今日はオーストリアからチェコへ国境越えです。

あいかわらず、忙しい毎日ですね。


ですが、今ここで思ったのは

もしかしたら観光するより、移動とか観光情報の収拾に時間を費やすほうが多いかも?

困ったもんですね。



さて、それでも今までの旅とちょこっと違うのは

移動はなるべく電車にて、しかも夜行の利用もやめたことかな。
TAI_2430.jpg 
だって、この景色がすっごくきれいなんだもん。

夜行の移動は宿代がかからないからいいけど、この景色を見逃すのは勿体ないよね。





さて、オーストリアからチェコは電車で北上するのが普通ですが、

この時だけはシャトルバスを使いました。(⇐覚えておくといいです。最後に移動情報)



それは
次の目的地がチェスキー・クルムロフだからです。



この街は世界遺産にも登録され ”世界で最も美しい町のひとつ”

と言われているのですが、アクセスがちょこっとめんどくさい。


でも、ちょうどタイミングよく

昨日のハルシュタッドからチのシャトルバスが出ていたのです。



もうあっという間にチェスキー・クルムロフに到着♪
TAI_2741.jpg 
生い茂る木からちょこっと町の全貌をのぞけたので、立ち止まってみました。

そしてそのままちょっとした展望台へ。


ちょっ街がまるいんですどっ!!
TAI_2780.jpg 

街に入る前に、丘の上から景色を見ただけで

うわぁぁぁーーすっげーかわいい!

テンションがぐぅーーんってあがりました。



はい、いらっしゃいませぇ!チェスキークルムロフでございます。
TAI_2789.jpg 


トンネルくぐり、町の中へ。

見た目がかわいいが実際に歩いてみると、見掛け倒しでがっかり??


なんてこともあるので、期待はずれにならないか心配もしてたり。

ドキッドキッテ ドキッドキッ・・・



この奥に見える高い塔は、チェスキー・クルムロフ城。
TAI_2715.jpg
細い路地を曲がりくねり。



石畳の上をコトコトと踏みしめながら進みます。


石畳の道は大好きです。ガタガタはするけど、つるつるして磨かれてきた表面には

いろんな時代の人々の歴史がしっかり刻まれているからです。



チェスキー・クルムロフという街は、13世紀から地方豪族によって開発され
大きくなっていったそうです。

近代的な建物はなく、当時の面影を残しながら佇む家にうっとりすらしてしまいます。

ちょっとぉ~、当時の豪族さん、なかなかハイセンスじゃないですか。



そして、この路地を抜けるといよいよスヴォルノスティ広場に到着。
TAI_2568_2013101404243220a.jpg 

中欧の広場を囲うように

ピンクや、オレンジ、緑や、青、イエローなどさまざまな家が立ち並んでいます。

TAI_2806.jpg
こんなぼくですが、メルヘンな気分になってきましたよ。ほんとおとぎの国みたいですね。


ここはぼくの泊まった宿:TRAVELLER’HOSTEL  
TAI_2815.jpg 
町の中心部にあり、wifiフリー、キッチン、青い瞳の受付が美人。
スタイル抜群。好みでした。ドミ11€なり。



そして、荷物を置いたらまた観光に出発です。
TAI_2813_20131014043107da2.jpg
しかしねぇ、ゴミひとつみないや。外壁の塗装もきれいだし、手入れが十分に行き届いた町です。



さて、目的地は街のシンボルであるチェスキークルムロフ城ですが

ゆっくり街の様子を見ながら行きたいと思います。


TAI_2557.jpg  


ここは、レストランの入り口
TAI_2574.jpg
雰囲気がとても落ち着き、どこからともなく音楽が聴こえる・・・♪


チェスキークルムロフ名物は、Preclikと呼ばれる甘いサクサクロールパン?
TAI_2533.jpg 
町にはいくつか販売してたのですが、並ぶがたいへんだったので後にしたら忘れちゃったw
丸い棒に小麦粉の生地巻きつけ、それを回しながら焼く。焼きあがったら表面に甘みのある液体を塗って、その上に砂糖をまぶして出来上がりです。これはオヤツに散歩するのが流行りみたですよ!


てんとう虫のグッツ。
TAI_2804.jpg
詳しくは聞けなかったけど、この町ではてんとう虫は縁起が良いらしくてんとう虫関連グッツが多い。


革製の小物もかわいいね。
TAI_2544_20131014042423a7c.jpg 

うわっーーはっハリネズミがぁぁーーこれ欲しい!
TAI_2576.jpg 


お菓子屋さんまで。TAI_2537.jpg
ちょっとずるい!こんなのかわいすぎて食べられないよぉ。



ちょっとずるくないですか??


この街の装飾から、販売されてるものまでみんなかわいいんですけど!!

隅から隅までメルヘンすぎるぅ。絶対狙ってるよね。


まっまさか、マンホールまで!TAI_2530.jpg
チェスキークルムロフの名前とフラッグが彫られている。 こんなところにまで。


わわっ町の消火栓もきたっ!!
TAI_2538.jpg 
まあ、これは別にかわいくないけどね。サボテンみたい♪


❖聖ヴィート教会です。
TAI_2890.jpg 


そしていよいよチェスキークルムロフ城に入ります。
TAI_2515_20131014035633938.jpg


ようやくこの塔の下までたどり着きましたよ。 
TAI_2449.jpg


このお城のおもしろいところは、外壁の全てが絵で描かれてるところ。
TAI_2523.jpg
ウケるでしょ。石垣から、タイル、石像に至るまでが実物ではなく、絵で描かれてるんです。


これって節約してたのかな?

でも逆にこんなスタイルの建築物をみたことないので新鮮です。

TAI_2524.jpg 


そしてもう1つ驚いたのは

えっなんで?こんなところにクマがいるぅぅー!笑
TAI_2520_20131014035637f74.jpg
いつからいるかわからないけど、数百年前からこの城にはクマが生活しているらしい。
おとなしくってかわいいです。





そしてクマに挨拶が終わったところで

更にお城の奥へ。


この町の良いところは、いちいち観光するのにお金のかからないところだね。

このお城への入場料も無料です。


細長いトンネルをくぐってそのまま展望台を目指します。TAI_2827.jpg


そしてここからの景色が最高なんです。
TAI_2824_20131014061332585.jpg 
オレンジ色の屋根、豊かな緑地、それに青い空と悠々と流れるモルダウ川。
 

モルダウ川といえば、小学校の頃に音楽の授業で習いますよね?

もうだうーーの かーーわよーーー も~~るだーーうよーーー♪

みたいのです。「そうっかーここかぁ」って親近感が沸きました。


ヴルタヴァ川に囲まれたチェスキークルムロフの町並。
TAI_2844.jpg 



すごいねっ!

よくこんなきれいな町並みを作れたなって感心もします。



ドブロブニク、ハルシュタットに続き、世界で最も美しい町を見て回ってきてますが

どの国のひとも”世界で最も美しい”なんて自画自賛しすぎだよっ思ってたけど

ほんとにどこも素晴らしいです。




こう考えてみると、ほんと中央、東欧ヨーロッパってかなりレベル高いですよね。

まだまだ見どころいっぱいなので、しっかり調べ直してみようかと思いました。





❖今日の写真❖
z.jpg 

TAI_2652_-001_tonemapped (3) 

TAI_2623_4_5_tonemapped-001.jpg 

TAI_2687.jpg  

TAI_2699.jpg 

TAI_2705_tonemapped.jpg 



今日も読んでくれてありがとうございました。



世界一周Blogランキング参加中でーす♪
「あっ、おもしろっ!かわいい♥」って思った方!
1日1クリックお願いします!!
(ワンクリックでポイントが入るそうです♪)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村(携帯、スマホの方はこちら)


<オーストリアからチェスキークルムロフへの移動>
オーストリアからチェコへの移動は国境をまたぐので高い。チェスキークロムルフへはアクセスも悪く時間もかかる。オーストリアの各地からシャトルバスが往復しているのでネット予約してそちらを利用するのがベスト。ネットで検索すると随時3社ほどシャトルを出していて、時刻表をチェックし予約もできる。ぼくはウィーンに行く予定がなかったのでリンツ⇒チェスキー・クルムロフと移動しました。利用したのは
CK SHUTTLE
  

関連記事

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

No title

チェスキー・クルムロフ、私も4年前に行きましたよ~!
小さくてとても可愛い街で気に入りました。
おみやげ物も可愛かったし。
椅子の背が人の後姿の椅子が5個くらい
並んでいるレストランを見ませんでしたか?
町全体がおとぎの国のようで
散策しているだけでとても楽しかったのを
覚えています。
たいさんの写真はどれも絵葉書の
ように綺麗ですね!

マジ綺麗な街並みですねぇ…(・・;)
時間帯によって丸い街並みの変化が素晴らしい!

あんな街並みだとさすがに乙女チックになっちゃいますね(笑)

東欧って食べ物がイマイチなイメージでいたんですが、実際どうなんでしょうか?

Re: No title

> 愛ちゃんママ さん

わーーー愛ちゃんママさんも行かれたんですね。
かわいいですよね。お散歩が楽しくなる町ですよね。

椅子の背が人の後姿の椅子が5個くらい
並んでいるレストランですかぁ。見てないですね。でも想像したらすっごく見たくなりましたw

写真喜んでもらえてよかったです。
いろいろ歩いて撮影ポイントを探した甲斐がありました!

Re: タイトルなし

> オキャマのヒロ さん

そうですよね。ほんっときれいな街並です。
これなら本当に乙女チックになりますよね。

こんな街が日本にあったらなぁ。そこに移住しちゃうかもw


東欧のご飯ですかぁ。
ぶっちゃけ言っていいですか?当然好みによると思うけど、ぼくは好きじゃないです。料理が単調すぎるのかもしれないし、あと東欧ってロシア料理の影響が大きいんですよ。当然、高いお金出せば美味しいでしょうが、観光客向け普通のレストランは調理もイマイチなので自分で作ったほうがいいかなって思ってます。ただ田舎のほうに行けば、そこでしか手に入らない食材はいっぱいあるし、家庭料理を食べられたら考えはグンと変わるでしょうね。やっぱり東欧はキノコかなぁ。

チェスキークルムロフきたー(≧∇≦)

僕が行ったときはマンホールは雪に埋れ、熊も冬眠中なのか会えませんでした(´・_・`)
夏のチェスキークルムロフもいいですね(*^^*)

Re: タイトルなし

>ゆうた さん

きたーーー!
うん、夏のチェスキークルムロフもいいけど、この町の画像検索して見つけた
冬のチェスキークルムロフもすっごく幻想的でよかったな。

でも寒かったでしょーーーw
スポンサードリンク
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
合わせて読んでね♪
Twitter
世界一周の持ち物
使用一眼カメラ
❖NiconD7000
+18-105mレンズキット

中型サイズで邪魔にならず無難に良いカメラ
.................................
❖単焦点レンズ35m f/1.8G

値段も手頃で人や物をぼかすに最適
.................................
❖Canon デジタルカメラ PowerShot S120
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。