世界一周Blogランキング参加中でーす♪
「あっ、おもしろっ!」って思った方!
1日1クリックお願いします!!
(ワンクリックでポイントが入るそうです♪)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
.................................................
地球のらくがきのFacebookページ作りました♪
リアルタイム情報やブログで使った写真をアルバムにして掲載しています。
よかったら「いいね!」押して下さいね(^^)

Petit Customization Diary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

散々トルコ◯◯の文句は言うけどさぁ・・・

<トルコ編その3>




トルコの楽しみ方ってなんだろう?!

やっぱりB級グルメと雑貨屋さん巡りではないでしょうか。



特にトルコ料理って

フランス料理、中華料理に続いて世界三大料理にも数えられてるんですよね。

(ケバブしかしらないけど・・・でも期待大です。)




さて、イスタンブールに来て食事をするとなると

これは必須!!食べなきゃイスタンブールに来た意味ないよ!

と言われる食べ物があります。



それはなんでしょう?

それはこの一日中の釣り人の絶えないガラタ橋にあります。
TAI_0126.jpg

ガラタ橋は釣り人がすっごくいっぱい!
TAI_0118_20131115015554aec.jpg 

このガラタ橋に定着したこの金色の船。
TAI_5289.jpg

なんとここの船は

船上レストランになってる?


船内には大きな鉄板が引かれ、網上でひっきり無しにサバが焼かれている。

とても香ばしく焼きあがる魚の匂いがぷんぷんで、とても食欲をそそります。


そして魚が焼きあがると、パンにサンドして地上に降り立ちます。
TAI_5292.jpg 

この周辺一体は沢山の行列。特にトルコ人が多いですね。
TAI_5295.jpg 

この食べ物はトルコ語でBalik ekmegi(バルック・エクメーイ)と呼ばれ

日本語言うサバサンド


日本人の口にもとっても合うようです。

それもそのはず。


トルコ近海で水揚げされたばかりの新鮮なサバに、トルコのパン。

トルコ人はパンにはとてもうるさいらしく、定期的に検査があって店の味が落ちると閉店させられちゃうって聞きました。すごいでしょ!



さて、普通はここで15分ほど並んでサバサンドを食べるのですが

ぼくはそのままガラタ橋を渡り、対岸の魚市場を目指します♪



❖イスタンブールの魚市場TAI_0161.jpg
思った以上に鮮度の良い魚が並んでいてちょっと驚きました。

鮮度が見てわかるように赤いエラを見せるように置くののがトルコスタイル。
TAI_0141.jpg 
こういった魚屋のとなりには、レストラン併設になっているので
そのまま新鮮な魚をフライやグリルにして食べるのもいいですよね。



更に、ぼくはこの魚を横目にそのまま公園の方向に向かいます。

まだ目的地はここはないのです。



実は、宿で出会った旅人に

「魚市場を過ぎたところに小太り店主のサバサンドが美味しいよ!」

って言われて、それを探していたのです。


迷いもせずにすぐに見つかりました。
TAI_5324.jpg
ほんと小太りだった。笑

こちらは、サバのグリルに香辛料をのせるのがポイントらしい。
TAI_5323.jpg

特徴的なのは、実際に訪れる客の9割は韓国人。
TAI_5322.jpg 

スパイシーサバサンドはここだけのオリジナルで

スパイス好きな韓国人にとってはこれ以上ない人気なのです。


早速ぼくも注文してみた。(1つ5リラ。約300円)
TAI_5325.jpg 
「サバは白いご飯で食べたいな」ってのが素直な感想。

ついでに味噌汁なんてあったらと想像膨らませた時点でぼくは帰ったほうがいいですよね。

そもそもパン派でないぼくはグルメ評論をすべきではないのです。



さて、次に人気のB級グルメといえば、

❖ムール貝のピラフ。
TAI_0162.jpg
このムール貝の1つ1つにご飯が詰まっています。

注文すると貝を2つに開いて、中身を出しレモンをギュッと絞ってくれる。
TAI_0164.jpg
この大きさで1つ50円。


ぶっちゃけ高いです。

初めボラれてる?って思ったのですがトルコ人も同じ金額払っています。

意外とこれを作るのに労力がいるのですが、これを6つくらいポンポン食べて
去っていくのが普通なようです。まあ、味はそこそこでした。



さて、なんだかんだやっぱりちゃんとご飯を食べない

満足できないですよね。


❖トルコの一般的な食堂(以下:ロカンタと呼ぶ)にやってきました。
TAI_5263.jpg 
ロカンタはこんなふうにいろんなおかずやご飯が並んでいるので

好きなものを注文し。、その場で盛りつけてくれるのでそれを持って店内で食べる。


ロカンタの料理はどれを食べてもはずれはない。
TAI_5447.jpg 
ぼくはオクラがとっても大好き。
TAI_5446_20131115022402b9e.jpg 

ただ失敗したのは、臓物のスープ。
TAI_5261.jpg 
ポタージュだと思って注文したら、

酸っぱいの臭いのってちょっとキツかったな。汗



まあ、B級グルメではこんなもんかな。

他にもあるのでしょうが、特徴的なものを紹介しました。



さて、ガラタ橋の側にあるエジプシャンバザールにやってきました。
TAI_5274.jpg 

お土産として人気なのはお茶やドライフルーツ。
TAI_5278.jpg
色鮮やかで食欲をそそります。

さまざな種類の花がティー用に販売されていて見るだけでも楽しい。
TAI_5621_201311150224128aa.jpg

トルコといえば、ロクムというカラフルなお菓子も人気。
TAI_0179.jpg 

クルミ、ピスタチオ、アーモンド、ヘーゼルナッツ、ココナッツなどを加えて作るようです。

見かけによらず、甘さも控えめでぼくも食べられました。

 TAI_0178.jpg  


さて、珍味でいうとちょっと意外だったのは

キャビアもありました。TAI_5279.jpg 

一般的なベルーガの卵ですが、ロシア産やイラン産のものを輸入していました。


基本的にトルコ人は食べないし、1缶1万円ほどするし、試食したが美味しくなかったです。

やっぱりフィンランドで食べたロシア産のベルーガのキャビアは美味しかったな。



さて、もう1つ珍味として紹介するならはずせないのが

こちら↓↓ 
TAI_5614.jpg
これ全部カラスミです。


トルコではカラスミを作ってるんですね。


ぼく自身驚きましたが、これはほぼ日本人観光客用

日本人にカラスミが、めちゃくちゃ売れるそうです。



店内には芸能人の写真や名刺が沢山置かれていていかにも人気店のよう。

今年の3月には高田純次もきていっぱいカラスミを買っていったそうです。


みんな、カラスミを買った日本人は気持ちよくノセられてるんですね。




エジプシャン・バザールのカラスミを売る店は日本語が上手なトルコ人がいて

とっても親切で雰囲気もいいのですが、ちょっと嘘つきです



「トルコのカラスミが世界で一番安い!」
とかいうのですが、

これは真っ赤な嘘です。


トルコのカラスミ 100g=50リラ~70リラ(約2500円~)⇐蝋付き
台湾のカラスミ 100g=300台湾$(約1000円~)
*味は公平に食べ比べで同じクラスを比較した場合。


しかも、トルコ産のカラスミはべったりとハチミツの蝋をコーティングに使ってるので

蝋を取った重さは60g~70g=2500円となるので、台湾産の3倍以上の値段ってことになる。



ただ上手なのが、日本のからすみ通販のプリントを見せて


日本では1万円以上するのが

トルコでは3000円で安いでしょっ!


という。なかなか商売上手で感心しました。

日本語もさることながら商品の予備知識もいっぱいあるし、しっかり勉強したんでしょうね。





さて、今度はグランドバザールにやってきました。
TAI_5723.jpg 

グランドバザールはエジプシャンバザールよりもはるかに大きく、

普通に歩いたら迷ってしまうほどの大きさです。

 
こういったバザールは1テナントに100万円ほどかかるらしく、
その分、商品に上乗せされていますが、いろんな店を比較して吟味するのはいいかも。TAI_5725.jpg 

きれいだよねぇ。 こういうの好きかも。
TAI_5734.jpg    

これはシーシャっていう水タバコの装置。
TAI_5742_2013111502355303f.jpg 

きれいな壺ですよね。
TAI_5728.jpg 
  
トルコだけにトルコ石のアクセサリもいっぱい♪
TAI_5746_201311150237598e3.jpg
トルコ石の石言葉は沈着冷静・先見の明・開放・社交性・冒険心・自由・穏やかな心。

ピアスもいろんな種類があって1つ150円くらい。
TAI_5772.jpg 

いろんな絵柄のお皿を見るのも楽しかったな。
TAI_5759.jpg 




結局、ぼくが何を買ったかというと

からすみなんだけどね!笑



結局そこかいっ!Σ(゚Д゚)

だってからすみ大好きなんだもん。




でもイスタンブールのB級グルメも雑貨屋さん巡りもとっても楽しそうでしょ☆

ってことで、今日はこれでお終い。



今日も読んでくれてありがとうございました。




世界一周Blogランキング参加中でーす♪
「あっ、おもしろっ!」って思った方!
1日1クリックお願いします!!
(ワンクリックでポイントが入るそうです♪)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村(携帯、スマホの方はこちら) 

テーマ : バックパッカー
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

うわっ

はい、私も今年、騙されました。
一生懸命に日本語を話すもんだから、
買ってやってもいいかなと思っちゃうんですよね。

パムッカレで、日本語ペラペラトルコ人には
気を付けたほうがいいと言っている私が!!

Re: うわっ

> ラム子 さん

そうですね。
あんまり熱心に話をするし、決して悪い人ばかりではないのでついつい買ってしまったりもしますよね。
そういうふうに、気持よく買わせてくれればいいのですが・・・。
あとその後も後腐れなく・・・ね。

あら、ラム子さんでも騙されちゃうことあるんですね。
でもやっぱりあっちはプロでやってるので無破るのも難しいですよねぇ。
スポンサードリンク
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
合わせて読んでね♪
Twitter
世界一周の持ち物
使用一眼カメラ
❖NiconD7000
+18-105mレンズキット

中型サイズで邪魔にならず無難に良いカメラ
.................................
❖単焦点レンズ35m f/1.8G

値段も手頃で人や物をぼかすに最適
.................................
❖Canon デジタルカメラ PowerShot S120
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。