世界一周Blogランキング参加中でーす♪
「あっ、おもしろっ!」って思った方!
1日1クリックお願いします!!
(ワンクリックでポイントが入るそうです♪)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
.................................................
地球のらくがきのFacebookページ作りました♪
リアルタイム情報やブログで使った写真をアルバムにして掲載しています。
よかったら「いいね!」押して下さいね(^^)

Petit Customization Diary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定番のパムッカレをどこまで極めるか。

<トルコ編その4 パムッカレ>




ちょうどもうすぐ冬ですね☆

雪もチラホラ振る頃でしょうか。



そんなぼくは、トルコのスキー場にやってきました。
TAI_6034.jpg

青い空に真っ白な雲と同化するほどの雪原。
TAI_6077.jpg

雪が溶け、その水蒸気がそのまま空の一部になっていくような連想をさせます。
TAI_6059.jpg 

そして足元には、水の流れに乗って流れとる子どもたちの姿。
TAI_6050.jpg
むむ?水の流れ?? 雪じゃないの?



わわっ(笑 

すいません。


本当はスキー場ではなくて石灰岩で出来た丘陵地パムッカにきています。
TAI_6036.jpg 

どこかアミューズメントパークにも見えてしまいますが


こちらは2世紀頃からローマ帝国で栄えた遺跡ヒエラポリスの一部で

世界遺産にも登録されているのです。 


❖こちらがそのヒエラポリス。
TAI_6241_201311160709398e3.jpg

ヒエラポリスはローマ帝国の温泉保養地として栄え、

ローマ劇場まできれいに残っていました。

TAI_6245.jpg
水着の女性が普通にいるのがなんともそそりますね。笑


このパムッカレは”綿の城”と言う名前で呼ばれるほど、真っ白な綿畑のように

広がり、大地から湧き出た白い煙と温泉に含まれる炭酸カルシウムが、石灰岩となり

険しい崖に美しい棚を作り出しているのです。


TAI_6117.jpg

さまざな形をした石灰棚の表情は、とてもユニークです。
TAI_6072.jpg

尖った牙をむくお化けのようなものもあれば、雪見大福のようなのもある。
TAI_6073.jpg

わぉ~ふっくらしていて美味しそう(*´艸`*)
TAI_6058.jpg    
     
でも実際の表面はこんなにもザラザラなのだ!
TAI_6075.jpg


もう一度全体を見渡してみる!とってもきれいですよね。
TAI_6094.jpg
何度見てもため息が出てしまいます。


❖ただ1つ問題もあるようです。


近年、町が観光化され、各地で地下水を組み上げるようになってからは

地下水が不足しパムッカレが枯れてしまいました。


そのせいで人工でお湯を流しているそうです。

それでも水が石灰岩に入ると青色が浮かび上がりこれがまた美しいのです。


TAI_6125.jpg


TAI_6144.jpg


TAI_6143.jpg 

確かにきれいだきれいだとは聞いていたけど、こんなにもきれいだったんだね。    
TAI_6169.jpg 

TAI_6179_01_20131116070714879.jpg


しかもこのパムッカレの石灰岩は、

場所が限られてるけどなかにも入ることができるのです。

TAI_6273.jpg

っというより土足禁止でして

裸足にならないと先に進めないようになっている。


ワンちゃんも一足先にトコトコ進んでいきます。
TAI_6184.jpg 

こんなところを足湯でまったりするのもいいですね。爽快です♪
TAI_6186.jpg 

きれいな石灰棚がどこまで続いてきます。
TAI_6222.jpg

TAI_6232.jpg    


水着に着替えて身体までたっぷりとお湯に浸かる観光客。
TAI_6281_-001_tonemapped.jpg   

こんなふうに2000年前のローマ人も癒やされていたんでしょうね。
TAI_6290_-002.jpg
ロマンがありますねぇ。



昔を偲びながら、

ぼくもゆっくり流れ行くお湯に足を漬け日頃の旅の疲れを癒やすのでした。



そして最後の見どころ!

日の沈むパムッカレの夕方は特に見逃せない。
TAI_6473.jpg 

石灰岩に夕焼けが映え、真っ白な世界からオレンジ色に染め上げるのです。
TAI_6429_-001_-002_tonemapped.jpg  


この様子をじっくり見てゆっくりと時を過ごすのも良かった。
TAI_6460-002.jpg 


どうでしょう!

もう行きたくてウズウズでしてきたでしょう(*´艸`*)



はい、そして日が沈んだら

ぼくがお世話になったのがこの「ラム子の食堂」
TAI_6009_20131116071943af7.jpg 

トルコ人と結婚された日本人のラム子さんが作った料理は絶品!page.jpg


トルコ料理はもちろん、ぼくがずっと食べたくてウズウズしていた日本食も

とにかく品数豊富だしボリュームがすごすぎっ!


あとは、トルコに住まないとわからないようないろんな話をして下さって

とっても有意義な時間を過ごすことが出来ました。


最後にはお弁当までいただき何から何までお世話になりました。

(ラム子さんはブログで現地情報も発信しているので良かったらぞいてみて下さい
トルコの石灰棚を眺めながら生活する日記 





っということで、

トルコの3大観光地では定番のパムッカレとなってはいますが

ぼくはとっても楽しむことができたのでした。


ちなみに、ズカズカいろんなところを歩きまわると警備員にピピーって
注意されますのでお気をつけて!笑



❖今日の写真
TAI_6093.jpg 

TAI_6103_20131116070610b90.jpg 

TAI_6207.jpg 

TAI_6307.jpg 



今日も読んでくれてありがとうございました。

次回はカッパドキアを紹介します。こちらもなかなかの絶景なのでお楽しみに!



世界一周Blogランキング参加中でーす♪
「あっ、おもしろっ!」って思った方!
1日1クリックお願いします!!
(ワンクリックでポイントが入るそうです♪)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村(携帯、スマホの方はこちら)

テーマ : バックパッカー
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

現地情報?

食堂のご紹介ありがとうございます。
只今、トルコ情報2位ですが、
す、すみません。現地情報は殆ど発信していません(^^;)
大半は犬ブログとなっております(^^;)

最初のほうの画像で、
白黒のワンコ、あれエフェスの彼女でした。
エフェスとしばらく仲良くしていたんですが、
野良犬捕獲隊に捕まってしまいました。
エフェスは逃げちゃったんです。

それにしても、画像がキレイ過ぎる!!
写真が御上手です。

ママさんはお元気ですか?
よろしくお伝えくださいませ。

No title

僕はそんなに興味なかったので移動費が高いってのもあってパムッカレ飛ばしたのですが...この記事見て激しく後悔!

夕陽が素敵すぎますね。

いや、たいさんが撮るから素敵なんでしょう!もう!この!!!

No title

4年前にパムッカレに行ったときあまりの枯れ具合に残念になったのを思い出しました。
天気によるところもあったと思うのですが、思ったより綺麗じゃなかったところとして記憶していたのできれいな写真がみれてよかったです。夕日もいいですね!
世界遺産として管理していてもそれ以上に観光客が押し寄せる影響が大きいん
ですね

ギリシャで一緒にいたチョコを覚えていますか?彼女とはパムッカレで5年くらい前に会いました。で、二回目は東京の飲み会、三回目がギリシャでした。そも頃は係員とかいなかった気が・・・。と言っても僕ら4時ごろに登っていたので昼にはいたのかも笑

No title

懐かしい~!!!
本当に夕日綺麗ですよねー。同じような写真ばかり沢山撮ったのを思い出しました(笑)
でもたいさんの写真綺麗すぎるっ!ポストカードみたいじゃないですか・・・。
ラム子さんの食堂は、パムッカレに行く日本人なら誰でも行く所だと思ってます(笑)おいしいですよねー。

Re: 現地情報?

> ラム子 さん
こんにちはーーーー。
いつもお世話になってます。
あらっ現地情報あんまりなかったですか。笑
確かにワンちゃんメインですが(^^)

えーーーあのワンちゃんエフェスの彼女だったのかあ。
なんかとっても寂しそうでしたよ。

はい、うちの母はとっても元気です。
海外旅行の話になると必ずラム子が出てきますよ!

Re: No title

> OGGY くん

塩湖みたいなレアなところまで行っておいて
パムッカレ行ってないだもん!ね。

でも、それ以上にすごいところ行ってるから後悔なんかないでしょっ!
中央アジアの記事見てていいなってぼくもオギー君がうらやましかったよ。

Re: No title

> うたこ さん
4年前というと、人為的にお湯とかははられてなかったんですか?
午前中と午後ではお湯はりの場所が違うので歩き方もかわってくるようですね。

夕日はその季節や雲の様子で当たり外れもあるようです。
あと、ぼくはアチコチ歩いてみながらもずっと太陽の位置を観察し夕日ポイントも移動してたんです。

でもパムッカレをパム枯れというひとの言葉もうなずけます。
世界遺産になれば観光客も多く押し寄せるし、現地に住むひとにとっては良いことだけどその生活や環境も大きくかわってしまうのでちょっと複雑になります。

Re: タイトルなし

> ツネ さん
もちろん!覚えてますよww
へ~パムッカレが出会いだったんですね。いいなぁ。いつになっても海外旅行を一緒にできる仲間っていいですよね。とってもうらやましいです。

当時は係員もいなかったってことは、どこでも歩き回れたのか?
それだったらいいなー。

Re: No title

> ゆうさん
喜んでもらってうれしいです。
確かにアングルを考えれば同じような写真になりますよねw
ポストカード作りたいですよね。
ちょっと落ち着いたらその勉強もしないとって考えてます。

パムッカレのラム子さんのところは
とっても居心地良かったです。
お互い気を使わずにラクに入れるのがよかったな。
スポンサードリンク
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
合わせて読んでね♪
Twitter
世界一周の持ち物
使用一眼カメラ
❖NiconD7000
+18-105mレンズキット

中型サイズで邪魔にならず無難に良いカメラ
.................................
❖単焦点レンズ35m f/1.8G

値段も手頃で人や物をぼかすに最適
.................................
❖Canon デジタルカメラ PowerShot S120
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。