世界一周Blogランキング参加中でーす♪
「あっ、おもしろっ!」って思った方!
1日1クリックお願いします!!
(ワンクリックでポイントが入るそうです♪)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
.................................................
地球のらくがきのFacebookページ作りました♪
リアルタイム情報やブログで使った写真をアルバムにして掲載しています。
よかったら「いいね!」押して下さいね(^^)

Petit Customization Diary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バックパッカーとして時代遅れを痛感したこと。

<アルメニア編その1>




今日はグルジアからアルメニアという国に入ります!!



どんな国なの??


って思うところもあるのだけど、それにアレコレ詳しく答えられるひともいない。



キリスト教布教の受け入れがとても早かったことで、教会が多かったり

まあまあ治安も良くってことですが、割りと陸路での移動の中継地点に考えられる

ところが強いみたい。



久しぶりの夜行列車!!20131204.jpg 
上下2段ベットの4人部屋ですが、運良く2人で利用できました。

ベットやブランケットはとてもホコリ臭く、洗った気配はありませんでしたが
ちょっとポテトチップスコンソメ味の匂いがしたので、ちょっとした親近感がわきました。



このまま国境での出国・入国手続きもできるので

とってもらくちんの移動でした(^^)

まあ、夜中気持よく寝ていることに起こされて、アッチ行ったりコッチ行ったりは

少しイラッと来たけどねw




❖そして早朝、首都エバレンに到着。


まず一番に感動したのはこのアララト山。
20131204_57.jpg 

富士山にも似たその姿はアルメニア人にとっても心のオアシスになっており
アルメニアの象徴的山にのようだ。

しかも、大昔ノアの方舟がこのアララト山に降り立ったという伝説も信じられている
ことから宗教上もかなり重要な山だそうだ。



❖エレバンの街並
20131204_10.jpg 

町はとても整然としており、とてもきれいな印象。

ただ最近まで通った国と違うのは、どこでもお酒は飲めるし、外でも中でもタバコを吸える
ってところで先進国とは違う雰囲気がある。


ただ目に見えて、はっ!驚いたのはこの国の女性の”美”意識の高さ。
20131204_12.jpg

服装から、化粧、そして写真のポーズから態度まですごく自分に求める要求が高いのだ。
世界で最も美しい美女の国ランキングに選ばれているだけあると思う。

それだけに”見下し”もハンパない!

まあ、それはまた今度ゆっくりお話しよう。




話かわって、エバレンといえば、激安で知られる「リダの家」に泊まるのが一般的なのですが

如何せん、沈没バックパッカーが出ないでいつまでもグダグダ(笑)しているので

全く寝るスペースがないどころか、完全に超過している状態だという。


しかも、僕たちいつ間にか8人グループと随分な大所帯となっていたので

普通の宿でも探すに困難を極めていたんです。



だけど、ここ数年で旅の仕方が随分と変わったよね。



今どきの若い旅人は、スマートフォンの地図アプリのGPSを駆使して
目的に迷わず行くことができるのだ。
20131204_1.jpg



今だにガイドブックを持たず、

ノートに住所と地図を手描き

しているぼくはもう化石バックパッカーのようですよ。



そりゃあ、その様子を見た若者に鼻で笑われるよ。





最近あったのは


「たいさん!!何やってるんですか?勉強っすか??」



って後ろからやってきた男の子が
ぼくがガイドブックからノートに観光情報や地図を描き移していてるのを見て



えっえええええーーーーー!!!


これめっちゃすごくないっすか!!

今どき、そんなことする人いないですよ~。




ってすっごく驚いてたの。




言い換えれば、


今どきスマートフォンに「地球の歩き方」のPDFファイルを入れるので、ガイドブックは持ち運ぶ必要なくいつでも好きな時に観光に必要なデータを見れるんですよ。地図だってWIFIがないところでも、事前に行き先のデータを読み込んでおけばいかなる時も、現在地と目的地を確認できるんですけど知らないんですか?フェイスブック交換しましょうよ~ってなったらスマホから直接検索できるのに、たいさんはノートを破った紙切れに名前を書いて渡しているのはそういうことなんですね。海外で仲間同士で連絡取り合ってますけど、いつもデカいパソコンを持ち歩いてるのはスマホがないからなんですね。今ではラインやスカイプは片手携帯で手軽に無料通話してるんですよね。っていうか、メールのやりとりしている時に、末尾に[i phone]とか記載がないのは、そもそも持って無くてわざわざパソコンからwifi繋げけてメールしてくれていたんですね。わざわざ有り難うございます。そういえば、長時間の移動中たいさんは、いつも外を見ていて考え事でもしてるかと思ってましたが、ただやることがなかったんですね。今どきのバックパッカーは、スマートフォンにゲームや音楽や映画、マンガがどっさり入ってるので、何十時間の移動だって全然退屈しないんですよ。逆にそれだけの時間を何もせずに過ごせるたいさんに感心しますよ。




って心で思っていたと思う。



おまいら、
スマフォなんて盗まれてしまえばいいんだ!






まあ、そんなこんなで昔は各国に情報ノートを配置し、いろんな情報を書き込み共有して
いましたが、時代はもう違うのです。

ちょっとそんなことを考えたら、寂しくなっちゃったな。



今日は短いですがそんな記事です。

読んでくれてありがとうございました!



世界一周Blogランキング参加中でーす♪
「あっ、おもしろっ!」って思った方!
1日1クリックお願いします!!
(ワンクリックでポイントが入るそうです♪)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村(携帯、スマホの方はこちら)






テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

たいさん!
化石パッカーなんて
思っちゃダメですよ!
僕もパソコンだけでしたし、
恵まれすぎはよくないんです!
紙に書いたりするほうが、
泥棒も盗む気力がなくなりますよ(笑)
僕はたいさんのスタイル
グアテマラで真似しましたけどね!(・ω・)/

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

リダの家にいつまでも沈没しててすみませんでした。

たいさんてスマホ持ってないんでしたっけ?

僕も旅に出て5日目でiphoneをなくし、
もう1台持っていたサムスンも強盗に奪われたため、
たいさんと同じ方式で旅をしております♡

たいさん久しぶりでっす!ひとりのりさんでっす!
僕もパソコンとiPhone持って旅して今時のバックパッカーになるんだろうけど、僕は調べるの下手でいつも情報もなく、苦労したもんです。
でも言葉も通じず、どこにいるかもどこにあるかもわからず、現地の人に書いてもらったメモを頼りに苦労して目的地に向かっていたときが1番、うをぉぉ!!俺は今、旅をしているぅ!!!と思ったものです。
悩んで迷って目の前の風景にもの思うのも旅の醍醐味ですよね〜。
ちょうどエレバンでパソコンも携帯も持たず、ガチで情報ノートと昔のガイドブックだけで旅してる人と会いましたけどかっこいいと思いました。
旅は非日常で、非日常を味わったからこそ日常に戻った今、それぞれの良さと悪さを感じているところです。
ま、旅のスタイルは人それぞれなんですけどね〜
なんか僕も寂しいなと思ったので思わずコメントしてみましたー

ウェアラブル端末

スマホやタブレットも市場が飽和してきて「ウェアラブル(身に着ける)」
端末」になるそうです。メガネ型、腕時計型、指輪型、衣類、靴型
いろいろあるようです。コンタクトレンズや義眼も想定してるらしいです。

俺はガラケーユーザーなっしー!!!目から梨汁ブッシャー!!

No title

たいさん、はじめまして。
いつもブログ拝見しております。

私もiphone持って旅してるけど、使いこなせてないので、
結局はたいさんみたいにノートにいろんな情報書き込んだりしています(^^;

確かに今の若い子達を見ていると
いろいろギャップを感じる事が多くて、自分が年だなーなんて思ったりしますが(笑)

たいさんには今のままのスタイルをぜひ続けて欲しいと思います☆
もちろん私も今まで通り、ガイドブック片手に自分らしく旅を続けたいと思います♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

たいさん、こんにちは。
アララト山の反対側は、こんな風になっているのですね。
トルコ側のドウバヤズット、何も無さが好きで何度か訪れたのですが、全然雰囲気が違います。気候かな、人かな、単純に国の違いかな・・・こんな違いを肌で感じられるなんて、旅っていいですね。

たいさんが化石なんですね・・・なんかショックです。
時代は違いすぎますが、私が初めてバックパックかついでトルコへ行った頃、長期旅行者の方は、大使館止めで日本からの手紙を受け取っていました。なので、短期旅行者は長期の方の無事を、日本へ帰ってご両親に知らせるのが仕事?でした。
一番近い旅で、五年前・・・その時も、紙とペンだった・・・短期だしね(^-^)

No title

たしかに便利ではあるけど、断片的な情報ですからね。その選択が難しい。
弟とロス一緒だったとき、彼i-podばかり見てる、「顔をあげろ、空気を吸え」と言ってやりました。
視線が近いんですよね。情報集めて有名どころに行って…それも良いと思うけど。

世界に出て、たまたま知り合いと一緒になって「偶然」とか言ってるけど、もともとそういう場所や宿の情報を得て行ってるから、会う確率高いだけですよね。それも良いと思うけど。

でもランキングトップになったことのある人は一味違います。
独自の知識や感性を持っている。積み重ねた努力もある。

地図とGPSはトレッキングには涙出るほど便利なんですけどね。
ま、ツールなくても楽しめる、生き残れるスキルの方がより重要だと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

情報ノート・・・・懐かしいですね。

<言い替えれば・・・・>の後の10数行を読んで、泣きたくなりました。。

旅行者同士で本の交換とかしながら、どうしても日本語が読みたくて・・・・とかそんなこともないんだろうな・・・・・

電話屋さんに並んで時計を見ながら国際電話するなんて、もうないんだろうな・・・

何とも言えない気分ですね・・・・

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

たいさんがいつかブログ村から卒業する事考えるとさびしいです(*´ェ`*)

No title

ガラケ~、これからもガラケ~~
スマホを使いこなせず。。。PDF?末尾?
クスッと笑いながらたいさんに共感しているオヤジが
日本の片隅から応援してます^^/
人生は、紙切れとボールペン!
受け取った人は無くさないで~~~
と、自分の場合はいつも願ってます^^

*利点:車の助手席だと道が覚えられないのと一緒で
     検索して見ながら到達するより、手書きだと
     脳内メモリーにいつまでもインプットされていて
     現地に行くと思いだせるんです。

No title

旅は非日常なのでスマホだと日常に近いからどうかなって思うなあ。

 僕は地球の歩き方持ってるぐらいでアナログだなあ。

 バスに揺られている時もふとした瞑想の時間。

 いいと思います。

Re: タイトルなし

> おかわりくん

確かに、泥棒がアイフォンにやってきても
ボロボロのノートみたら凹むかもねww

ってかおかわりくんは、アイフォンもってなかった?
まあ、今となっては紙のほうがずっと使いやすけどねw

Re: タイトルなし

>toshi さん

そうなんです!!
ぼくにとってはもう憧れのバイブルのようなものです(^^ゞ

確かにこの時間差は不思議な感じですよねw

Re: No title

> OGGY くん

そうだよーーー!!
おぎー君長すぎって!!!笑


そうだよ。アイフォンなんて持ってないよ。
パプアニューギニアで偽物のアイフォン3買って、すぐに盗まれた経験はあるけどね。
まあ、お互い泥棒には悩まされるね。
やっぱりノートが一番かもな。だれも盗まないww

Re: タイトルなし

のりくん

久しぶり!!
めっちゃいいこというね!!
改めてすごい感心したよ。
すごく納得したのは、旅は日常を味わうものであって、アイフォンを持って使ってたらなんとなく日常になっちゃうね。

それに現地の人に書いてもらったメモを頼りに苦労しながら目的地に行くってすごくいいよね。
残るし、最後まで感謝の気持ちが忘れられない(*_*)
そうだね。旅の仕方はそれぞれだよね。アイフォンはすっごく便利だけど、やっぱりなくてもいいのかなっていろんなコメントをもらって思ってきたよ。

Re: ウェアラブル端末

> トゥカン♂

えっえええーーー!!
ウェラブルって初めて知りました。

そんなに発展形があるんですね。
なんかすごいような・・・ですけど、ちょっと今のぼくにはついて行けなそう(*_*)

Re: No title

> まめつたん さん

はじめまして!!
コメントどうもありがとございます☆

そうですね。
自分らしく・・・という意味ではやっぱりぼくはノート主義なんでしょうね。
実際、働いている時も他のひとはパソコンでしたが、ぼくは細かくノートも使っていたもんな。

よしっぼくもマイペースに自分のノートを続けたいと思います。
ちょっと不便もあるし時間もかかるけど、その分、いいところもあることに
いっぱい気づきました(^^)



Re: HOSTELSCLUB.COM 突然のメッセージ失礼いたします。

> ホステルスクラブ様

素晴らしいご提案ありがとうございます。
検討してご興味あるようであればご連絡をさせていただきます!

Re: No title

> kinu さん
そうですね。時代が変わると旅のスタイルも様変わりしていくものですね。
お話を聞いていると感慨深いものがあります。

よくよく考えると、昔の旅っていうのは
インターネット設備もないなかなので、人との関わり合いがすごく重要なようですね。
出会いがあって、情報を共有したり、お互いに助けあっているように思います。

今は少しずつ、困ったらネットを見ればいいので人と関わらなくても旅ができますね。
それはちょっと寂しくも感じました。

短期旅行者は長期の方の無事を、日本へ帰ってご両親に知らせるのが仕事っていうのは
とても印象的です。旅での出会いは単純に日本での一期一会とは違いますもんね。

ぼくもトルコ側のアララトさんを見てみたくなったし、いろいろ考える機会をいただきました。
kinuさん、ありがとうございました。


Re: No title

> Crew さん
確かに、海外まできてiPhoneのために下ばかり見てはがっかりですね。
iPhoneはいつでも見られるけど、それより優先すべきものがありますからね。

確かに、よく考えたら
iPhoneを使ったらそんなに頭は使わないんだろうな。人との出会いもすくなくなるんだろうな。

ぼく、ノート主義だからこそ地図を自分で書いて観光地の情報をしっかり整理できるし、いろんなひとに話しかけては話聞きながらノートを取る習慣もできました。GPSがないから周囲を見ての観察・洞察力も養ってるかもしれません、現地人にも気軽に話しかける癖がつきました。

便利も良いですが、不便を楽しむのも改めていいなって思いました。
Crewさんありがとうございます!

Re: タイトルなし

> るん さん
お返事遅くなってすいません!
やっぱりカンボジアのアンコールワット・ベンメリアとか良かったですよw
IKIKIGUESTHOUSE に泊まったんだけど、ホスピタリティがすごすぎてなんか泣けてきた。
あと、タイとミャンマーの国境近くの首長族は見ておいたほうがいいと思う。
個人的にはこんな人も世の中にいるんだなってすっごく印象的だったな。

あと、行ったことないけどタイならパンガン島のフルムーンパーティも有名だよね。


まあ最初は慣れるまで、iPhone使ったほうがいいんじゃないかな?
ぼくは慣れてるからいいけど、旅の初めは何かと不安とかストレスも多いのでiPhoneあると心強いよね。
でも盗難注意だよ!


Re: No title

> LOO さん

そうですね。
ぼくも10年前にアメリカを周った時のことと比較しながら
このブログを書きました。

苦労しながらの旅って、きれいな景色を見るよりも強い思い出になりますよね。
そんな苦労を一緒に味わった友と忘年会であって、昔話にふけったら
ビールは何倍でも飲めますね。

国際電話も今はファンカードも買わないですね。
今やスカイプとかラインですもんね。随分と便利な時代になりました。

本当に思うのは、今は情報が共有されてきているので
誰が行っても同じ旅行記ですが、昔は見るもの、出会うものがみんな違っていたように思います。

なんとも言えない気分ですね。
同感です。

Re: タイトルなし

> きよだいさん

ありがとうございます。
そうですね。
もしかしたら、隣の芝が青く見えるように
ないものねだりしていたのかもしれないです。

Re: No title

> らっこ さん

そう言ってもらえる人がいるってぼくはとても幸せですね。
でももういいかなーーって思いつつも、もうちょっと続けます。

がんばります!!

Re: No title

> マーク さん

そうなんですよね。
車の助手席だと、ほんと道覚えないですよね。
不思議なくらいです。

そうですね。iPhone使うと情報はiPhoneからいつでも取り出せるので
脳内メモリーには残りませんね。
濃い旅をするなら、やっぱり時間はかかるけど
ノートのほうがいいかも。

でも想像してして下さい。
新しい国で駅からでると、1人はiPhoneを出し、1人はガイドブック出す、そしてぼくはA4版のノートを出す。でもまあ、フットワークはぼくが一番いいかもしれないですね。

Re: No title

>123 さん

そうですね。
なんとなくですが、今日本の電車の中では子供から中年層までみんなスマホじゃないですか。
家に帰っても、レストランでも会話もせずにスマホじゃないですか。

それってちょっとさみしいですよね。
やっぱり海外では、アナログであっても一緒にガイドブックみながらいろいろ相談したり
道に迷いながらも1つの目的地に辿りつくのは友情を気づく意味でもいいことですよね。

最近では、ほんと何もしないでも何時間も過ごすことができるようになったのですが
これって日本では全然なかったし、ある意味すばらしい時間を送ってるのかもしれませんね。


No title

たいくん、がんばれーー笑

Re: No title

> さゆ ちゃん

さゆちゃん久しぶり。
今はなにしてるんだい??

ブログ再開したんでしょーーー?!

ぼくも頑張る。お互いにがんばろう!!

No title

たいさんげんき??
今どこにいるの??

わかるわかるーー!
私もなんだかんだ紙の地図が好きだよ!

MY情報ノートは後で見返すととっても面白いもんだし♪
素敵だと思うよ!!

次会えるのは日本かな??
体には気をつけてね♪

Re: No title

> ゆかちん

元気だよ~。
久しぶり!!!

これから父と南米に行くのでその準備で日本にいるよ(^^)
ご飯がうまいぞぉぉ。

そうだね。
マイノートはあとで見返すと楽しいかも。

日本人宿に忘れてきたとき、情報ノートと間違えられて晒し者になったときは恥ずかしかったけどね。

次は日本じゃないかな。
早く帰っておいで~(^^)

はじめまして

はじめまして、アルメニアに興味があり
、検索していた、こちらに辿り着きました。

私は去年秋、約10年ぶりのバックパッカーをしました。スマホもPCも持っていきませんでしたから、たいさんに心から共感します。
どこのゲストハウスからも、
旅人たちの情報ノートが消えてしまいましたよね。残念です。それについては、ゲストハウスで知り合った旅人たちも同じことを言っていました。

私は旅に出る前日にスマホが壊れたので持っていきませんでしたが、次回は持っていくと思います。それでも、情報は自分の目や耳で確かめる方が旅人らしいと感じますけどね。

それでは。

Re: はじめまして

> sayako さん

はじめまして!!
アルメニア記事から検索いただきありがとうございます。

10年ぶりですかぁ。きっと旅の仕方もさまがわりでしょうね。
便利になることは素晴らしいでしょうし、更に10年後なんてもっともっと便利になっているかもしれません。
でも、不便があるからの楽しみもあります。どちらも大切にしていきたいですね。

ぼくも今の旅でスマホデビューしました。とっても便利です☆
スポンサードリンク
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
合わせて読んでね♪
Twitter
世界一周の持ち物
使用一眼カメラ
❖NiconD7000
+18-105mレンズキット

中型サイズで邪魔にならず無難に良いカメラ
.................................
❖単焦点レンズ35m f/1.8G

値段も手頃で人や物をぼかすに最適
.................................
❖Canon デジタルカメラ PowerShot S120
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。