世界一周Blogランキング参加中でーす♪
「あっ、おもしろっ!」って思った方!
1日1クリックお願いします!!
(ワンクリックでポイントが入るそうです♪)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
.................................................
地球のらくがきのFacebookページ作りました♪
リアルタイム情報やブログで使った写真をアルバムにして掲載しています。
よかったら「いいね!」押して下さいね(^^)

Petit Customization Diary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

異変と予定変更。だけどに精霊にあった幸運も。。。

いつも読んでもらってありがとうございます。
コメントは今日々の更新で手一杯なのでお返事もなかなかできていませんが、貰えるととっても嬉しいです。引き続きよろしくお願いします!

<親父旅 ベネズエラ編8>






ロライマトレッキング4日目。

朝起きると1つ異変が起きていた。




今日の予定はロライマ山のブラジル側まで6時間歩き、

向こうのキャンプサイトで一泊し絶景を見てから帰ってくる予定だった。




普通の5泊6日の工程では、

同じ方向にあるブラジルとガイアナ、ベネズエラの3国国境ポイントに行き

日帰りで帰ってくるものだが、景色も変化に乏しく特に興味もない。


正直そんな記念碑みてもねぇ。

通常の寄せ集めツアーではみんな何して過ごすかはここで多数決になるので

結構みんな意見が別れもめることもあるそうだ。
 



でもその更に先 に進めて、

見たことがない絶景が広がってるというなら話は別だっ!






っということで


ぼくもウキウキ、

絶景マニアのてっちゃんはヨダレだらだら。

歩くのが好きな父も行ってみたいと好奇心。

常ちゃんは、「まあみんなが言うなら・・・」と。





満場一致で6泊7日の工程に1泊延長して

そのブラジル側の絶景まで行くのが今日だったのだ。




っが、起きたら、

みんなモゴモゴしていて言いづらそうにしている。


そしててっちゃんが冗談を交えながらぼくに中止の旨を伝える。





フランクが言うには


普通では6時間の距離も僕たちのスピードでは8時間かかり

体力的に厳しいのではないか?



昨晩常ちゃんは、そんな話を聞いてビビってしまっているように思えた。

現時点でも疲れがピークな上に今日も8時間なんて歩いていられないのだろう。



確かに正直言うと、ぼくもかなり体力のピークに来ている。

夜は寒いし、薄いキャンプマットは借りているがそれでもゴツゴツして寝付けないのだ。




父は父で

私はだいじょうぶだよっ!!


みんなに気を使わせないようにそれしか言わない。

いつもは、「はいはい」。

誰も信用せずに扱っているがさすがに今回は、顔に精気を感じない。





まあ、仕方ないな・・・。


てっちゃんは、ぼくがとても行きたそうに思っていたらしく「残念だね。」と

声をかけてくれたが、おそらくてっちゃんのほうが残念だったと思う。

よく自分を押し殺してもみんなの心の声を感じ取ってくれたものだ。




ってことで、


予定はこの頂上にあと2泊もするという大幅にのんびりコースとなった。

ぼくにとって前回が4泊5日のコースで今頃は下山していたので

この丸々2日は何をするんだろう・・・と思った。まあ、いっか。




だって、このロライマは一分一秒景色が変化するので、

長くいたほうが絶景を拝めるチャンスが増えるのだ。


事実、前回ぼくが絶景を拝めたのは数分のみ。

ここに来る途中出会ったロシア人は頂上に来て、終日の曇でウンザリ顔で帰っていった。







っということで、


僕たちはキャンプから1時間程度で行けるビューポイント

”アビスモ””ベンターナ”を拝むことに何度も挑戦することにした。



っとは行っても、この日は一面は晴れているようにみえるがビューポイントには

暑い雲がどっしりと構えていて何も見えないそうだ。

そんな日はザラにあるので何とももどかしい。

仕方ないので今日はのんびり、周辺の散策をすることに。




❖テプイの頂上にはゴツゴツした奇岩が多い。

2014022620140226_79.jpg 

のんびり、ゆっくり歩いては景色を楽しむ。こういった景色は日本にないしね。
2014022620140226_82.jpg 

風で削られたバランスロック。ここではいろんな動物に例えていて楽しい。
2014022620140226_80.jpg


頂上ではジャグジーと呼ばれる溜池があるのだが

今日は天気もよく時間もあったので滝で身体を洗うことにしました。

2014022620140226_86.jpg 

みんな服を脱いで、岩陰の滝の中に入っていく。

良い感じで目隠しになったいるもんだ。



僕たちはものすごく汗臭い。

水はかなり冷たいけどそれでも浴びれるだけ有り難いので、
ゴシゴシとここぞとばかりに垢と泥を落とします。


❖随分ときれいになりました。
20140213-104016.jpg 


ちなみにここにいる
全員

ものすごい痩せました。


父はベルトの穴が3つも!

美食家の常さんは顔がげっそり痩けました!


きっとこれは良いことだよね。笑





あと、ここで洗濯もさせてもらったのですが

一応、このロライマの水の使い方にはルールがあるので確認しておこう。


・小川や滝がベネズエラに流れる場合は、汚してはいけない。

・ブラジルやガイアナに抜ける川は汚しても良い。



まあ、こんなもんですよね。笑

どこの国も隣国同士は嫌いなのでどうでもいいのです。





さて、歩く度に景色も変わり新鮮なので写真もどんどんアップしちゃいます。

2014022620140226_133.jpg

2014022620140226_89.jpg 


そういえば、一瞬一秒で景色が変わることもお話しましたが

ここを歩いた時がわかりやすかったです。


上の写真ありますよね?

晴れていてとっても爽快な気分です。



ですが、突然テプイのビューポイントのほうから霧?雲が襲ってきました。
2014022620140226_88.jpg 
うぎゃーーーーー!!助けてぇぇぇぇ。


はい、あっという間に視界10mです。
2014022620140226_87.jpg
嘘のようで本当の話です!!



こうなると大変。

方向感覚もおかしくなるので、ガイドなしでは歩けない。

つまりここ、頂上だけはフランクがいないとどうしようもないのです。




❖さて、今度はテプイに生育する生き物を紹介します。

植物もいろんなものが生育している。
2014022620140226_101.jpg 

2014022620140226_90.jpg 

2014022620140226_61.jpg 

2014022620140226_70.jpg 


テプイの上は固い岩盤で覆われ、栄養価のある土もないので

食虫植物も多い。


ウツボカズラっぽいな。
2014022620140226_83.jpg  

こいつも食虫植物。こんな土地だからこういう植物に進化するんだな。
2014022620140226_57.jpg 

この葉の中を覗くと本当に虫がいました。
2014022620140226_78.jpg 



この食虫植物にはギアナの先住民族に関するおもしろい話を聞きました。


先住民の中にはシャーマンがいて呪術的に食虫植物を煮てエキスを飲むそうです。
この食虫植物は甘い香りを出し、虫をおびき寄せて捕まえ、ゆっくりをそれらを消化して生きるので、エキスを飲めば自然と体から甘い香りが立ち、狩りの時に動物をおびき寄せ仕留めるのも良いだそうです。しかもこれは媚薬にもなるので女性にも大変人気があるそうな。
でも、エキスを飲んで一定期間立つまでは女性とも接触してはいけないのですが、あまりに女の子にモテるので接触してしまった男子は、身体がおかしくなって死んでしまうそうです。



とても興味深く飲んでみたいと思いましたが、ぼくは甘い香りよりは石鹸やレモンのほうなスッキリした匂いのほうが好きかな。やめとこ。



トンボの幼虫ヤゴは2種類くらいいました。
2014022620140226_127.jpg 

テプイ周辺にはほとんど生物はいないけど、トンボはいるんですね。
2014022620140226_125.jpg 




さて、次は午後からちょこっと冒険をしに

キャニオンと呼ぶ景勝地を目指します。



キャニオンとはキャンプから2時間ほどの場所で、

約400mほどの崖クレバスが連なっているそうです。

2014022620140226_121.jpg  
 

「まあ、散歩がてらにねぇ~」なんて思っていたら

インディ・ジョーンズ顔負けの随分と冒険心くすぐる道でした。



てっちゃんの崖渡り。落ちたら骨折はするね。
2014022620140226_117.jpg 

意外とズッコケて落ちることもしばしば。
2014022620140226_118.jpg 


一番、気を使ったのは

全く老人に対してバリアフリー精神がないこと。


父が何度も何度もジャンプしちゃってましたよ。マジでコケないか心配。
2014022620140226_92.jpg 

ちなみに、ジャンプが出来ない人は常ちゃんのように泥沼を進みます。
2014022620140226_91.jpg
泥だって気持ち良いんだぞ。笑



っということで、なんだかんだ1時間ちょっとで到着かな。

みんなトレッキング慣れしてきたようで歩くスポードも随分と早くなりました。


そしてこちらがキャニオン、別名 グアチャロの洞窟


2014022620140226_194.jpg 


パンケーキのように幾重にも重なった崖クレバスは約400mもの深さが有り、

到着すると岩下から鳥の鳴き声がこだまするのが聞こえる。


ここにはグアチャロという特別なが住んでいるのですが

何を隠そう、ここの鳥は目が退化している。


2014022620140226_122.jpg 


目がない鳥がどうやって飛ぶかは知らないが

実際に彼らは洞窟の中を飛んでいるのだ。不思議だなー。


鳩だって目が見えるのにしょっちゅう窓ガラスに突っ込んでくるぞ。

この鳥も同じようにガンガン岩に突っ込んでいくかと思いきや普通に飛ぶのだ。


2014022620140226_123.jpg 

以前、日本のテレビ局はこの崖の下まで降りてグアチャロの生態を特集していたそうです。どんな番組だろう。見てみたいな。


しっかし、なかなか興味深い鳥をみることができてほんと良かったです。







さて、翌日!!



5日目の朝です。

今度こそはロライマのビューポイントに行ってやる。



一応、天候は晴れていますが、

ビューポイントからの景色は行ってみないとわからない。



昨晩はめちゃくちゃ寒かったからきっとこれから数日は良くなるぞ。


フランクが初めてガイドらしい言葉を放つ。



ぼくは、いつもテキトウでズボラで呑んだくれ、女好きのなフランクとわかっていてもこの天候の話は信用している。

初めて彼と会った時はロライマガイド歴360回だったが、今は359回。

この経験は伊達ではない。




こうして、1時間ほどかけて”アビスモ”という
ビューポイントを目指す。
2014022620140226_103.jpg 


朝日がゆっくり出てきた。

暖かい光が背中を押すように気持よく太陽の光を浴びながら、目的地を目指す。


みんな疲れはとれて来たのかな?
2014022620140226_104.jpg
昨晩、父と常ちゃんのマッサージをしてあげたけど少しは楽になったかな。




キャンプを出た時一面は曇り無くとってもきれいな空でした。

だがしかし、アビスモに到着すると目を疑った。


ここからは、ロライマの崖を通してクケナン山が見渡せるポイントだが、

一面が雲に覆われ前が見えないのだ。 うわ~今日もダメかぁ。


2014022620140226_147.jpg 


かろうじで見えたのは

ロライマの精霊に晴れてくるようお祈りするベネズエラ人の姿であった。


エロエロエッサイム、ホンジャラカムジャッタ、パラリカム:@。1p

全身の気を送っているのです。




さあ、お前たちもっと頑張るんだ!
2014022620140226_148.jpg 


しっかし、なんつーーーところでお祈りしてるんだろう。

一寸先は、崖だっつの。



そんな精霊にお祈りするくらいなら”ジャパニーズてるてる坊主”の作り方

でも教えてやろうかと思っていたら・・・



あっ!!??
2014022620140226_94.jpg 

晴れてきた(;・∀・)



どうだ見たかこのやろーーーー!
2014022620140226_95.jpg 


みんな大喜びだ。


何度の待ってもロライマとクケナンの間には厚い雲が滞留しており

霧が晴れることがないっていうのに、精霊が降臨されたようです☆



すっげぇぇーーーーー!
2014022620140226_96.jpg
下が見えたら、股間がキューーーンとなるほど恐怖しら覚えた。



本当はこの雲の先にクケナン山があるはずなんだけど、

これ以上は雲が無くならず見ることは叶いませんでした。


でも折角精霊が来てくれたんだ。今日はこれで良しとしようかな。

なんだかんだフランクの天気良そうもちょっと当たったしね。


2014022620140226_192.jpg 


一応、みんなで記念撮影。
2014022620140226_97.jpg 



この後すぐに崖下からジェットストリーム並みの雲が襲ってきて

全く先が見えなくなりました。



なんともドラマチックだこと。笑

でも乾季であってもなかなか真の絶景を拝めないからこそ感動もあるんだよね。


さて、まだ僕たちは窓という意味のもう1つのビューポイント

”ラ・ベンターナ”
と見ていない。


明日6日目に最後のチャンスにかけ、その後、下山で後がない。




どうなることやら!?


どうぞみなさんも精霊が降臨するよう一緒に拝んでくれると嬉しいです。
(お祈りは下の世界一周タグをクリックで完了です。笑)


今日も読んでくれてありがとう☆





世界一周Blogランキング参加中でーす♪
「あっ、おもしろっ!」って思った方!
1日1クリックお願いします!!
(ワンクリックでポイントが入るそうです♪)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村(携帯、スマホの方はこちら)
↑↑ここへのクリックで聖霊降臨です。



関連記事

テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お父さんのジャンプの写真っお父さん楽しそうですね(^^)

たいさんの記事はいつも、写真もたくさん説明も細かくて、ほんとにすごいですねっ!!
わかりやすいし、次がどんどん気になります☆

No title

霧が晴れると本当に絶景ですね!
目が退化した鳥、どうやって空間把握しているんでしょう??おもしろい
ロライマすごく行ってみたいところのTOP3に入りますが、ガイドとのやりとりや体力などなかなか手強そう、、
それにしてもお父様お元気ですね!!親孝行見習いたいです

No title

あなたのブログを知らなかったらこの凄い場所や景色を見ることはできなかったと感謝です。
皆さんご無事でいい旅を続けてくださいね。

文章を推敲する間のないことは重々承知で、判読できますが、

>初めて彼と会った時はロライマガイド歴360回だったが、今は359回

上記の数字だけは???ですね(笑)

お帰りなさい!

日本で見合いでもして、落ち着いちゃったのかと
思いましたよ。

久々に覗いたら、更新されていたので
安心しました。

さらーっと読ませていただきましたが、
あー、ベネズエラ~
トルコが可愛いく見えましたよ(^^;)

お父様もお元気で何よりです。

因みに私も高所恐怖症。
飛行機はOKですが、
山登りは出来ません!

No title

初めてのコメントです!
たいさんのblogは自分が旅している気に本当にさせられワクワクします!!
僕も6年後くらい、ちょうど今のたいさんと同い年くらいの時に世界一周を計画しています!だから余計に気持ちも入って読み込んでしまいますっ
ちなみに来年の卒業旅行というかインド撮影旅で、たいさんと同じくヴリンダーバンのホーリーに行ってきます♪

これからもblogを楽しく読ませて頂きます!!

No title

初めまして。
来月から世界一周行こうと思ってて、参考にしたくて見させてもらいました(^-^)
南米は来年行こうと思ってます!
写真がすごい綺麗ですね!やっぱり一眼レフなんでしょうか。

おじゃましました!

☆ (d'∀') ゚+..。*゚+☆ 。・:*:・゚’☆

アビスモのリアルな天空の世界、すっごいですね\(^o^)/
何回も見たくなっちゃいます。
精霊の降臨、ドラマチックで感動です☆

ロライマ山の写真、心奪われる素晴らしさですね。

Re: No title

> ゆか(アメブロ:すー) さん

お返事遅くなってすいません!!

って一瞬誰かと思ったよ。
今はどこですか?きっとカウチしながら果敢に世界を旅してるんでしょうね。

記事を褒めてもらってうれしいです。
お互いに最高の旅にしましょう♪

Re: No title

> うたこ さん

お返事遅くなってすいませんm(__)m

ほんと目が退化したらどうやって空間把握するんでしょうね。超音波かな。
そうするとコウモリみたいですね。きっと近いものはあるのでしょう。
でもなぜこんな退化の道をたどっかは不明です。洞窟ではなく地上にだって食物はあるだろうに。

ロライマは、もっとお金を出して良いツアー会社にお願いすれば安全かもしれないです。
ぼくたちは、どうしてもこれ以上メンバーを増やしたくなかったのでそこにお金を使ったかたちですが、まだやりうようはあったと思います。高いツアー会社は従業員にもちゃんとした給料をあげてるのかな?だから満足のいくサービスもあるのかも。ぼくは、携帯仮設トイレを持ち込んでいるツアー会社を見てそう思いました。

Re: No title

> はじめまして さん

お返事遅くなってすいません!!

ぼくも日本にいるときに情報収集をして旅に出たわけでもなかったので、こういった世界は知りませんでした。
そういう意味では、このブログをきっかけにしてこういう世界があるんだ。行こう!とか、行けなくても疑似体験してもらえれば嬉しいです。

あっほんと数字間違っていますね。
300回が360回になってる・・・。ご指摘ありがとうございます!!

Re: お帰りなさい!

> ラム子 さん

ほんと、日本で忙しく働いているつもりだったのになぁ。
なぜかまた南米の再来です(*^^*)

親的にも確かに見合いでもして落ち着きなさいって感じかもですね。うん、これはほんとぼくも思ってきました。

ベネズエラを前にしたらトルコはかわいいものですね。
でも宗教観が全然違うので、それを加味したらどっこいどっこいくらいにはなるかもです。トルコは表面ではわからないものがいろいろありますからね。

ラム子さんも高所恐怖症って・・・。さすがに山登りはって思いますが、でもあるんですねぇ。だいじょうぶ、トルコはトレッキングが最高です!

Re: No title

> ともゆき さん

お返事遅くなってすいません!!

うれしいこと言ってくれますね(*^^*)
このコメントは読んでくれるかわからないけど、経験者からアドバイスさせてもらうとぜひ学生のときに世界一周してください。短期もいいですが、休学1年しててでもその価値はあります。30前後になって培った仕事の経験を棒にふるのはよっぽど何かを残してないと日本は厳しいですよ。そういった意味では、確かに金銭面的に厳しいかもしれませんが、失くすものがない。そして感受性の強く、後々の将来にもきっと大きく影響する学生時代がいいです。

でも来年の旅行にホーリーを選んのは正解ですね!
戦ってきてください。そう、カメラがぶち壊れるほどに!笑

Re: No title

> 旅人美容師jun さん

お返事遅くなってすいません!!

ブログもお邪魔しました。美容師さんはその職種からいろんな人との出会いも作れていいですね。ぜひ果敢に攻めてください。やっぱり現地のひととのふれあいは何より大事です。

はい、ぼくが一眼を買って1年が過ぎまだまだ勉強中ですがやっぱり撮り甲斐がありますね。
もっと喜んでもらえるように頑張ります(*^^*)

Re: ☆ (d'∀') ゚+..。*゚+☆ 。・:*:・゚’☆

> ゆみ* さん

お返事遅くなってすいません!!

アビスモの天空の世界すっごくいいですよね。
この精霊の降臨風景めっちゃうけました。ほんとずっとあんな感じだったんですよ。笑
それにしてもドラマチックなほどに景色が変わってすごかったな。

ロライマの写真喜んでもらえてとっても嬉しいです。これからもボリビアの写真も楽しみにしていて下さいね!

スポンサードリンク
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
合わせて読んでね♪
Twitter
世界一周の持ち物
使用一眼カメラ
❖NiconD7000
+18-105mレンズキット

中型サイズで邪魔にならず無難に良いカメラ
.................................
❖単焦点レンズ35m f/1.8G

値段も手頃で人や物をぼかすに最適
.................................
❖Canon デジタルカメラ PowerShot S120
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。