世界一周Blogランキング参加中でーす♪
「あっ、おもしろっ!」って思った方!
1日1クリックお願いします!!
(ワンクリックでポイントが入るそうです♪)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
.................................................
地球のらくがきのFacebookページ作りました♪
リアルタイム情報やブログで使った写真をアルバムにして掲載しています。
よかったら「いいね!」押して下さいね(^^)

Petit Customization Diary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年にたった一度の奇跡をギアナ高地で味わってしまった。

 <親父旅 ベネズエラ編9>




ロライマトレッキング6日目です。


今日は3泊したロライマ山を下山し、初日にキャンプしたテック川キャンプ場にまで行きます。

つまり2日分の距離を1日で移動するってこと。



かなり大変なのですが、この2日間は移動距離も少なくゆっくり体力の回復に努めることができたので、トレッキングする意欲も、身体の筋肉痛も回復したようです。


もしからしたら、このトレッキングで一番長い一日になるかもしれませんが今日も張り切って行きましょう!



❖朝のキャンプからの景色
2014022620140226_115.jpg



さて、最終日までに課題としていたこと。

それはロライマ山から最高の絶景を見ること。



ここ数日は残念ながら天気こそはまあまあ良かったけど

雲が多すぎて絶景ではあるのだが、まだ満足のいくレベルではない。



だからこそ、この下山前の最後のチャンスにかけるのだ。 



ビューポイントに向かう途中では、ガイド達がミーティングをしていた。
2014022620140226_99.jpg 
この数日、休み時間にはずっとフランクの女話や苦労話を聞いていた。

子供が9人という大家族なのだが、若い時は金鉱山でボロ雑巾のように扱われていた話、フランク専用のテプイの夜の営みスポットとその体験談とか、ドイツ人の彼女ができて初めてドイツに住んだが、毎日酒とセックスでホームシックになった話とかいろいろ聞きました。かなり波瀾万丈みたい。


他人の人生を知ることは、とても興味深い。

それが異国の地で全く違う世界観の持ち主なら尚更です。



こちらは名ガイド:プリプリ。
2014022620140226_98-001.jpg
彼はフリーのガイドなのだが、日本のテレビ局が取材に来た際にも付き添ったそうだ。


ユーモアに溢れ、とても元気、何よりとっても優しいプリプリは誰よりもロライマを愛している。

今回は出発時点から同じ工程でトレッキングしているが、ガイドとしてではなく単に趣味できているらしい。

連絡先はてっちゃんがもらっているので、人数が揃えばぜひこのガイドが良いと思う。



値段もかなり安いが、難点は英語のレベルがまあまあ・・・ってところ。

ある程度スペイン語が話せるならぜひともお勧めしたい。それほど僕たちはプリプリに元気をもらったのだ。




さてさて、今日の雲の様子はどうかなー。
2014022620140226_131_20140302093217beb.jpg 


あっちょっと見えてきた。結構、クリアにクケナン山が見えそうだけど・・・
2014022620140226_130.jpg
下の方はどうかなー。



でもこれだけでは安心はできないぞっ!

説明しておこう。




この図を見て欲しいのだけど。
2014022620140226_200-001.jpg  


なぜか理由はわからないけど、


いくら天候が良くてもクケナン山とロライマ山の間に雲が一面に停滞するのが日常茶飯事。

そして下から吹き上げるように上昇気流があるので図の右上にある展望台から最高の景色をみるのはなかなか難しい。



そのせいで、ここ数日もどかしい思いをしていたのだが

”ラ・ベンターナ”という展望台に到着すると、思わず歓声をあげてしまった。

2014022620140226_110.jpg 


うぅぅぅーーーわっ!

すっごい景色だよ。おとぉぉぉーーーーさーーーん!!
 


 

のんびり歩いていた父もやってきて一緒に歓声を上げる。

これはすごい。

2014022620140226_113.jpg 


今日は一面のパノラマが全て見てとれる。

なんて壮大で圧倒的に美しいのだろう。

今、この胸の奥から沸き上がる感動を全て1つ残らず伝えたい。


だけど、どう頑張っても自分の表現しうるだけの言葉や写真では伝えられないのが

本当にもどかしい。




自分よりも強大なものを目の前にして恐れおののくというよりも、なんと爽快で心がワクワクするのだろう。

折角なので眼下に広がるギアナの全てを感じ取ろうとギリギリまで寄ってみる。


2014022620140226_106.jpg 

あ~ 落ちたら死ぬなぁっと、

股間がキーーーーンとなるほどの恐怖もあるが、言葉を失うほどの絶景。

20140214-065243.jpg 


ベネズエラに入ってからのたいへんな思いの 数々が思い出されるが

全てこのひとときの景色を思えば全てチャラにしてオツリをあげたいくらいだ。



まさか、本当に二度もこの景色を見に戻ってくるとは思わなかったなぁ。

他のみんなはどんな気持ちで見ているのだろう。


でもあえて聞くことはしない。

わかりきっている答えだし、言葉にできる程度の安っぽい表現はいらないからだ。



緑の軍艦から流れ出る滝がまた美しい。
2014022620140226_112.jpg 


雨上がりには、このテプイのあちらこちらから滝が生まれる。

その水しぶきが緑を一層沸き立たせ、生き生きとした様子に虹がとても絵になるのだ。



だけど、そろそろ帰ろうと思った時だ!!

今まで雲に隠れて気付かなかったが、突然滝が現れ目を疑った。



ううぅぅ~ん、目がおかしくなったかな。

なんか妙な滝が見えるぞ。


2014022620140226_111.jpg 


ん?・・・・何度見てもおかしい。


どっどど、どうしても滝が虹色に見えるのは気のせいだろうか。

普通は滝にかかるはずの虹はアーチ状であった、


それがなぜにこんな形で出現するのだろう。   
2014022620140226_208.jpg 


これは、

「ギアナのレインボーフォール(虹の滝)」と呼ぶ。


二億年という悠久の時を経ても変わることないギアナ高地にて人知れず輝き続ける伝説の滝。

年に1度か数回しか知られないはずなのに、まさかそのタイミングにぼくが居合わせるなんて。

この滝を見られたのはほんの10分弱でしたが、運が良すぎるにもほどがある。 




それに前回来た時には、

虹の中に自分が入り天使になる現象もあった。
2014021820140218.jpg
ブロッケン現象。


当時も自分が天使になったような気分だったが

つくづく、虹には縁があるのかなぁ。



ってことで、もうそろそろお別れの時間です。

とても名残惜しいですが最後の最後に最高の絶景を見られてよかった。

2014022620140226_193.jpg



❖さて、ではこれから帰ります。 
2014022620140226_114.jpg 


今日は2日分の登ってきた道を一気に下りきる。

一番つらく長い1日になりそうでちょっと憂鬱です。



てっちゃんと

最後にもういっかーーーーーい!!


って言って、テプイ入り口のビューポイントから撮影に走る。


明日痛いけど、これが最後って思うと頑張れるものだ。
2014022620140226_136.jpg 


さて、ここからはずっと下り。

うわ~、この景色を見た瞬間に気落ちしてしまった。

2014022620140226_138.jpg 
よくこんな道登ってきたよな。



足の疲労が溜まっているときって、登りよりも下り坂のほうが辛いよね。

ぼくもガクガクすぎてフラフラの酔っぱらいのようになる。



これでも足のメンテンナスは毎日のようにしっかりしてたんですよ。


昔、部活で肩や肘の故障が多かったので自分でカイロとか勉強に行ってたんです。

だから、父や常ちゃんのマッサージもしたけど如何せん汗臭かったので

入念にしたけど一回が限界だったな。笑 あはは。





だけど、一番危ないと思ったのは

ぼくが荷物の他に、でっかいゴミ袋にみんなの寝袋とマットで6キロ分ほど持ってたこと。



これがすっごくかさばって、急な下り坂ではこれが足にからまるし、

何より急坂でデカい袋のせいで足元が見えないのだ。これが一番怖かったな。



さーーーて、帰ろ帰ろっ!!
2014022620140226_143.jpg   

2014022620140226_145.jpg


なかなかこの景色もいいでしょ~。

行きも同じ道だったけど、それでも感動は新鮮だなぁ。


ここのポーター(荷物持)は、リュックは持たず大きなカゴに荷物を入れて運ぶんですよね。 腰がとっても痛そうだけど、休んでいる姿がとっても絵になる。


2014022620140226_144.jpg 


なぜここにあるのか。

ところどころに大きな岩盤が平地にあり、そこには木がしっかりと根づいている。

2014022620140226_146.jpg 



❖そして最後の難関。

ロライマトレッキング2日目に体験した激流の川渡り

2014022620140226_152.jpg 


っと思ったら、ここ数日ずーーーっと天候が良かったそうで

うっそだーーーーー!!これがあの川?!


思わず声がもれるほど、水位が低すぎて普通に石の上を歩いて渡れた。

ちょっと拍子抜けだったけど、まあここで思いっきり水浴びできたのが嬉しかった。


ぼくの翌日に出発したグループからは水位が下がったそうだが

父はこの川渡りがアドベンチャーチックで良かったというので結果オーライです☆




そして、最後のキャンプサイトに到着☆
2014022620140226_156.jpg 


今日は地味にキャンプサイトへの帰還時間を急いでいたんですよ。

それはここまで来ると、ビールとコーラが買えるから!



遅くなると無くなっちゃうから早めに確保しないといけないんだな。

それと嬉しいのは、一本50円。



やっすっぅぅー!!

もう、頑張った後のビールはたまんないねーーー\(^o^)/




このひと時を地べたに座り、外国人も含めみんなで談笑しながら味わうのが最高なのさ。




あと、ここで他の日本人にも会いました。
彼の名前はリュウ君。
 2014022620140226_157.jpg  

旅中、記録をブログやスケッチに残すひとは何度か見てきたけど

このリュウ君は絵日記にしてたの。

2014022620140226_158.jpg

なかなか斬新で読ませてもらったけど、アクシデント満載で楽しかったな。


それと、以前の記事でてっちゃんがサンタ・ヘレナで日本人の女の子のバックパック

盗難事件に遭遇した話をしたけどその女の子もここで再会しました。

2014022620140226_140.jpg 


結局タクシーにの盗まれた荷物は、食事中のドライバーを見つけて家に取り返しに行ったけどほとんどの貴重品は盗まれてしまったんですって。

しかもこのドライバーは国境越えの検問で捕られたとか適当な嘘を並べられてどうしようもなかったとか、武勇伝のように語ってくれました。



まあ、トレッキングツアーも終わってしまえば楽しい談話だよね。

こは~。のツアーも明日で終わりか。



明日の早朝5時にキャンプを出発し、

昼にはチャーターしたジープでシウダーボリバールに出発です。



最後まで無事に終わるかな。
2014022620140226_154.jpg  
   


ってそうは問屋が卸さない!!

ギアナ高地のせいで絶景ボケしてやいませんか?

甘いんな~。






ベネズエラ編は明日で終了です。

今日も長くなったけど読んでくれてありがとう。




ぜひ最後までぜひ読んで貰えるとうれしいです☆

ではでは。



世界一周Blogランキング参加中でーす♪
「あっ、おもしろっ!」って思った方!
1日1クリックお願いします!!
(ワンクリックでポイントが入るそうです♪)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村(携帯、スマホの方はこちら)



関連記事

テーマ : バックパッカー
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

No title

わーーーー!!!虹すっごい!!
景色もすっごい!!!
ギアナはやっぱり他の人も世界一よかったって
宇宙だったって言ってたから興味あったのだけど
たいさんの写真でみれてよかった〜!
しっかし、たいさんがお父さんとかを
全力で呼ぶのとか…見てみたい(笑)

わ!

虹がすごーい!!
虹滝が素敵すぎです。
タイさん、虹男だね。

すごい

もう全部空撮みたいな写真ですね!
たいさん、もってますね!!

あとなんか僕もフランク嫌いになってきました。

虹の滝、凄いですね!
こんな奇跡みたいな滝が世の中にはあるんですね〜世界は広いなぁとあらためて思いました。

No title

コメントが知った人ばっかりで笑ってしまいますね。
たいたい、ホント持ってるな〜。
自然界の超常現象、めっちゃ見てる!神様に旅すべく選ばれた人なんだなーと
感心してしまった!!
それをさらに写真に納めて見せてくれて、ありがとうねー!
お父さん、こんなに過酷な道のりを若い(?)衆に混ざって乗り切られて、本当におつかれさまでした!

No title

毎日楽しみに見ていますよ!
相変わらずの冒険話!
かなり面白いです!
崖いっぱいにせり出した写真、
恐いです!
でもこんな不思議な虹が見られて
ラッキーの100倍ですね!
お父様も喜ばれたでしょうね!
最高の親孝行ですね~!

感動しました♡

初めまして(^^)
初めてコメントします。
たいさんの写真綺麗すぎて感動しました!!
たいさん強運ですね☆さすが持ってますね(((o(*゚▽゚*)o)))
お父様と共有できるの素敵ですね♡
これからもたいさんのブログ楽しみにしています(*^^*)

ブロッケン観れるとはなんてラッキー。虹の滝も目を疑うような体験ですね。素晴らしい景色の連続ですね^_^

No title

FBで観て知ってたはずなのに、写真を見た瞬間
鳥肌が立ちました。

素晴らしい景色ありがとうございます。

☆・*:.。. (*゚v゚*) すごい写真 .。.:*・☆

断崖絶壁に身を乗り出してる、たいさんビックリ凄すぎるー!!!スゴィッ(*゚д゚ノノ
この高さ強烈に怖いけど、すごい迫力のある絶景ですね!!!

ブロッケン現象も深い感動で神事なのかと思っちゃったけど
レインボーフォールも神秘的で人生の中で見れた事の奇跡、
最後の最後に本当に最高の絶景ですね!!!
特別な感動~☆
自然界がたいさんを祝福してくれてるみたいですね(o^^o)

Re: No title

> Hitch × kakeru* kei さん

返事が遅くなってごめんね!
この景色はすごいでしょーーーーーーーー。

うん、ギアナのスケールは世界中を見て回ったけどそうは匹敵するものがないね。
それを父に見せられてよかったよ。

しかも景色がすぐ変わるから、今の一瞬一秒が全てなの。
次はないものとしてみるから、さすがにめちゃくちゃ大声で叫んだね!笑


Re: わ!

>ミミミ さん

お返事遅くなってすいません!!

そうなんです。確かに虹男かもしれない。
不思議な虹も見れたし、心が満たされたなぁ。
なんでこんな虹はできるんだろう。今でもあの興奮は忘れないです\(^o^)/

Re: すごい

> けんじ くん

お返事遅くなってごめんね!

確かに言われてみれば空撮みたいにも見えるね。
空撮並みにドキドキも半端無かったよ。

あのキューーーンという股間の緊張から胸躍る絶景。
あああーほんとに来てよかった。

これだけの感動があったら、これはぼくも”もってる”といえるかもね!


フランクは・・・・なあ。忘れよう。

Re: タイトルなし

>シロ子☆ さん

お返事遅くなってすいません!!

そうですよね。
こんな虹もあるんですねーーー。世の中には不思議なことがいっぱいです。
こういうのを知ってしまうと、もっともっといろんなことが世界ではあるんじゃないかって思い、また旅に出たくなる衝動に?!胸がうずくなぁ。

Re: No title

> ヨメさちこ ちゃん

お返事遅くなってごめんね!

いやいやそんなに喜んでもらえてとっても嬉しいよ。
2人が行けなかった南米はしっかり将来の下見になるようにレポってきます!
それにしても今回は運が良かったな。ちゃんと絶景も父に見せることができたしほっとした気持ちいっぱい。

まあ、周囲はみんな30台でも随分と年下だからねぇ。父も気を使ったかな。

Re: No title

> 愛ちゃんママ さん

お返事遅くなってすいませんm(__)m

うわぁ~~~毎日読んでもらってありがとうございます。
書いてる甲斐があるってもんですね。やる気出てきました。

この突き出した崖も、不思議な虹もほんとラッキーですよね。はい、父にも喜んでもらえました。も~~、ずっと曇だったらどうしようって心配だったんですよ!

Re: 感動しました♡

> まゆ さん

お返事遅くなってすいません!!

はじめまして。コメントどうもありがとうございます。
写真喜んでもらえてとっても嬉しいです。それも本当にこの景色のおかげですよね。
晴れてよかったぁぁーーー。

これが父と共有できたことが本当に何よりですよね。
ほんと、この景色にほっとしました。

どうぞこれからもよろしくお願いします!

Re: タイトルなし

> toshi さん

お返事遅くなってすいません!!

そう、ブロッケン現象なんてなかなか見られるものではないですよね。
これは以前来た時のものですが、自分が天使の輪っかのなかにいて感動ものでした。

虹の滝もほんと目も疑うような景色ですよね。
感動のしっぱなしです(*^^*)

Re: No title

> わかめ さん

お返事遅くなってすいません!!

FBでも見てくださったんですね。うれしいです。いまいち、どれくらい見てくれている人がいるのがつかめないもので。この絶叫間が伝わってよかったな。

これからもわかめさんが鳥肌が立つような写真をアップできたらいいなぁ。

Re: ☆・*:.。. (*゚v゚*) すごい写真 .。.:*・☆

> ゆみ* さん

お返事遅くなってすいません!!

はい、この断崖絶壁に立った時は・・・腰が引けた。笑
ハンパない怖さです。それでもすごい爽快な感じでしたよ。この迫力が伝わって嬉しいです。

最後の最後にこの景色。本当に感動だったな。
あの思い思い雲がなくなった景色を見た時は、心まですっと軽くなりました。
ふぅ~~~ー。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
スポンサードリンク
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
合わせて読んでね♪
Twitter
世界一周の持ち物
使用一眼カメラ
❖NiconD7000
+18-105mレンズキット

中型サイズで邪魔にならず無難に良いカメラ
.................................
❖単焦点レンズ35m f/1.8G

値段も手頃で人や物をぼかすに最適
.................................
❖Canon デジタルカメラ PowerShot S120
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。