世界一周Blogランキング参加中でーす♪
「あっ、おもしろっ!」って思った方!
1日1クリックお願いします!!
(ワンクリックでポイントが入るそうです♪)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
.................................................
地球のらくがきのFacebookページ作りました♪
リアルタイム情報やブログで使った写真をアルバムにして掲載しています。
よかったら「いいね!」押して下さいね(^^)

Petit Customization Diary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後までトラブル。帰ったら情勢悪化でデモ勃発を知る。

<親父旅 ベネズエラ編10> 




ロライマトレッキング7日目、最終日。

朝の4時起きです。



ここ数日ずっと寒い夜を過ごしていたが、

さすがに標高が1000m以上も低くなったせいかまだ寝付きは良かったかもしれない。





フランクが軽い朝食とコーヒーを出してくれたが、みんな食欲が無い。


おそらくアレパと呼ぶトウモロコシ粉を練って作ったホットケーキが嫌いなのだ。

粉っぽくてぬちゃぬちゃ、もさもさする感じ。さすがにこれが毎日だとうんざりだね。



寝起きで食べられないのもあるが、あぁーこんな日にはスープがいいのになって

思いながらぼくだけは普通に食べていた。




まだ薄暗いなかライトで道を照らしながら出発する。

しばらく経つと背中のほうから温かみを感じると、それは朝日だった。

2014022620140226_205_1.jpg 
振り返ると同時に、こんなにもロライマから離れたことを実感する。





ぼくたちは、10時までにパラテプイ村まで戻らないといけない。



当初予定していたツアーを1日延長したせいで予備日を1日失っていたからだ。

途上国では何が起こるかわからないのでいつでも余裕を持つことにしているのだが、

シウダーボリバールに帰る為の
ジープをチャーターしていたのだ。


料金は12,000Bsf(闇レート換算で当時160$。一人40$)
バスだと300Bsfで料金にかなりの差があるが、それでもいっか。



お金は帰国して頑張って働くもん。

働いたらこんなのはした金だもんね。へへへーーーん。泣




夜行バスだとこの前のように寒くて寝れないし14時間もかかる。

昼間に出れば今晩には夜到着し、明日いっぱいは洗濯しながらゆっくりできる。


父のことも考えたらお金を惜しむ理由はないもんね。





しっかし、今日も長い道のりだな。

いくつもの丘を越えていくのだろう。

明日へと続く曲がりくねった道。

2014022620140226_160.jpg 

一歩一歩、着実に前に足を踏み出していく。
2014022620140226_154.jpg 



壊れた太ももが荷物の重みが耐え切れず悲鳴もあげているだろう。

でもこれで最後。最後の力を振り絞る。




言葉はないが、みんな同じ気持ち。

誰だって辛い。


気持ちが一緒だから、感動も苦労も一緒に分かち合える。




今日のてっちゃんは、誰よりも足取りが軽かった。

きっと先頭に立つことでみんなに頑張るよう刺激してるのだろう。


いつも誰より気を使ってくれるてっちゃん。

言葉にはしないけど、みんなわかってる。感謝してるんだよ。




❖ようやく遠くにパラテプイ村を目視できるようになった。
2014022620140226_163.jpg  


てっちゃんが小川の前でトイレするというので、荷物を置いて森に入る。


今日もこんなに頑張ってくれているんだ。

折角だし途中までこの荷物を運んでやろう。






ぼくが大きなリュックサックを両手で持ち上げた時だ。

かるぅっーーー!!



なんだなんだ。

軽すぎだろう。思わずバックを開けてみると、カメラ1台だけだった。





まさかなーーーとは思ったが、疑念は確信に変わる。



自分の荷物を全部、隠れてポーターのバックに入れやがったな!!


道理で足取りがいつにも増して軽いはずだ。

ずる過ぎにもほどがあるっーーー!笑

まあ、ポーターはてっちゃんのカメラ機材用運搬にチャーターしてるからいいんだけどね。







それともう1つ、アクシデントもあった。

父が坂道で足を滑られて転んでしまったのだ。


単純に疲れてぼぅ~ってしていたのだろう。

大事にはいたらないだろうが、軽い出血と打撲部分が大きく膨れ上がった。




そこで登場、お医者様!!

常ちゃんが出血したところを丁寧に処置してくれる。




ぼく
さすが、専門家は違いますねぇ。



常ちゃん
いや、ぼくの専門は精神科だからっ!!怪我はちょっと・・・

ぼく
えっええーーー。じゃあ、旅中にメンタルで困ったら相談します!





こうして常ちゃんは、ぼくたちの医療担当よりカウンセラーとなったのでした。





❖そしてその2時間後、ようやく出発地点パラテプイに帰還!

2014022620140226_165.jpg 

てっちゃん到着! 
2014022620140226_166.jpg 

常ちゃんも追って到着。   
2014022620140226_167.jpg 

父もさっきの転倒もなんのその。軽快な笑顔で到着!
2014022620140226_168.jpg 

そしてぼくも到着。ちょっ!!何か一人だけ荷物の量が違うっ!笑
2014022620140226_179.jpg 




同時期にてっちゃんの荷物を持ったテリーも到着。

だが、テリーがどうにも申し訳なさそうにしている。


話を聞いたら、

てっちゃんのバックパックの
ショルダーが壊れていました!

2014022620140226_169.jpg
2つのショルダーが完全に壊れ背負える状態ではない。


バックパックが壊れたことよりも、重い荷物を持たせたことに責任を感じたてっちゃんは、通常のポーター料金に加えてしっかりチップもあげていました。 テリーはほんと素直な良い奴なので気持ちよくチップをあげられるってのはいいことですよね。







そして到着した後はもっと大変でした!





早速ゲートの受付にパスポートを提出し、

何時何分にトレッキングを到着した内容を記載してもらう。



これが終わったら荷物検査をし、

クリスタルなどテプイから不正な持ち出しがないかをチェックを受けるのだが




いつまで経ってもパスポートが帰ってこない。


えっ??なんで?




不思議に思っていたら、ここのスタッフが入り口の看板を指差し


おまえはロライマに何時に出発したんだ。

警察にいくか?



と聞いてくる。



やっと一息ついて、売店でビールを購入しみんなで乾杯しようという矢先に

よくわかんないこの会話。



❖看板には「出発・到着は8:00~13:30」
2014022620140226_180.jpg   
と記載してある。



うぅぅーーーん。僕たちが出発するときはフランクの車の手配がズサンで

出発が夕方過ぎだった。つまり門限が過ぎている。


でも、ちゃんとここのスタッフに確認し出発の許可をもらっているのだ。

それで「警察に行け!」は意味はわからない。





そこでフランクが到着し事情を聞いてみる。

彼が言うには、


出発する時にワイロを少し払って閉山時間にスタートさせてもらったんだ。

しかし今回別ののスタッフが、出発時間が16:30と記載があるのを見てそれを訴えようとしてるんだ。

だから、警察に行きたくなかったらちゃんとワイロを払って欲しい。一人500Bsfだ。





いやいや、遅れたのはそもそもおまえのせいだろ。

しかも、出発時にワイロ払ってまた払うには道理がいかない。


ワイロを払って出発時間を誤魔化すんなら、責任持ってそのノート記載の時間も訂正させるべきだったろう。

そもそもこれくらいおまえが責任持って処理しろっ!!





それは嫌だよ。

お金がもうないもん。


ベネズエラの人間は腐っているから常にワイロは必要なのさ。




(おまえが十分に腐ってるけどな。)

お金?おまえはカルロスから貰うガイド料金の他に、ぼくたちから延長料として170$直接もらっているんだ。

闇レート換算すれば13,760Bsf。逆に正規レートに換算したらでは1400$の価値と同等なので十分な収入だろう。

おまえが払え!




それは嫌だ。

行くときは私が払ったんだ。今度はお前たちが払え。

でないと警察に行くことになるぞ。







まあ、これ以上話あっても仕方ない。



ワイロだって一人6ドル程度。

今回だけは父もいるので問題は全て金で処理できるのなら処理することにしている。

納得いかないところもあるが、全員一致でとりあえず支払うことにした。



要は、揉めて蓄積するストレスよりも6$払って早く帰ることを選んだのだ。




そして、シウダーボリバール行きのジープの到着!

2014022620140226_170.jpg 


僕たちは早速ジープに乗り込む。

そこでフランクがモゴモゴしていた。


もともと僕たちは、全員バスで帰る予定からジープを選択し予約した時にフランクは、
 

「自分の分も払うから一緒にジープで帰りたい。

それに自分がいたほうが検問は安心だろう。」



と言っていたのだ。







それが今度は、


こんなにガイドとして問題を犯したんだ。

お前たちはぼくが嫌いだろう。悪いことをしたな。

息子のテリーもいるしジープ台も払えないのでバスで帰るよ。
 




あぁ、単純にジープにもお金を払いたくなくなったんだな。




もういいよ。

テリーには十分に世話になったし、
ジープ自体席があるから2人とも乗っていいよ。






そう言ったら、2人は喜んで乗り込んできた。

しかも大量のビールとウォッカを買い込んでだ。



こうして僕たちのジープの最後尾では勝手に宴会が始まったのだった。

面倒くさやつ。




でも1つだけ、フランクは良いことをした。

これは土産物屋でフランクが購入したネックレス。
2014022620140226_181.jpg 

これをロライマの記念にと父にプレゼントしてくれたのです。
2014022620140226_182.jpg 

大いに喜んで力強く握手していたので、良かったです。

父にとって、記憶に残すよりもこうして現地の人からもらったものは何より嬉しいんですよね。





また、おかしなことに8時間のジープの道のりは

悪酔いしたフランクからずーーーっと懺悔されていました。




ぼくが悪かったよ~。

こんなぼくが嫌いだろ~。

カルロスにはトラブルのことを報告しないくれよーー。


一泊延長したことと、お金を直接もらったことも内緒にしてくれよ。



なんて面倒なやつなんだ。

悪事を働き、仕事はてきとうな上に、最後は懺悔。

それでも要所要所で機嫌をしっかりとろうとする”人たらし”的な人間。


まあ、日本にもいっぱいいるけどね。




ぼくは生産性のない無意味なやりとりは嫌いです。


今となっては全て終わったこと。

終わったことにあーだこーだ言わないし、嫌な気持ちを貯めこむのも時間の無駄なので適当にあしらっていました。







こんなフランクの相手もありましたが、ジープでの移動は本当に楽ちんでした。

ドライバーのドイツ人は他のツアー会社でお客さんを送り届けたあとらしく

英語も堪能だったのでいろんなことを聞けた。


何より
正式なツアー会社のジープを利用すると検問を免除されるんです!
2014022620140226_185.jpg

これはすごい!



ってことは時間も早く着くし、検問がないという賄賂のストレス、リスクを回避できるのは何よりも価値がある。


いつかベネズエラにいかれる方は、これを知っておくといいかも。






あと、もう1つ。

今現在、ベネズエラの通過がものすごい勢いで安くなっています。

情勢もかなり不安定です。



ベネズエラの深刻なドル不足で航空会社にもUS$での支払いも滞っており、

2月末よりほとんどの航空会社が撤退しています。

実際、アメリカン航空なんて3兆円の赤字ですしね。


先月までは闇レートで安く航空券を買うってのができましたが今は不可能。

(ネットで正規レートで購入はできます。 )




加えて、この政府はドル不足を回収するために

国内の物資を輸出過剰になっており、国内産の小麦など主食製品も連日の品不足。

スーパーマーケットに長蛇の列を目のあたりにしました。食事もたいへん。




ガソリンスタンドも連日すごい長蛇の列です。
2014022620140226_183.jpg 

ベネズエラは産油国です。

有り余るはずの石油があるのになぜに長蛇の列はなんで?


これもべネズエラのドル不足を解消するための政策が影響しているようです。



だって、ここのガソリンの値段知ってます??
2014022620140226_184.jpg 

1リットルで 50銭です!(闇レート換算)


1円もしない、水よりも安いのが石油って、のど乾いたらとりあえずガソリンスタンドに行ったほうが良さそうですね。

金も石油もとれ、ここまで資源が豊富な国がなぜにこんなに酷い状況なのだろう。

悲しいにもほどがありますね。


ベネズエラは調べれば調べるほど興味深い国です。






さて、シウダーボリバールに到着した僕たちは

今までの服をぜーーーんぶ洗濯することに。

2014022620140226_171.jpg 

濯いでも濯いでも出てくる泥と汗に、洗濯がとってもたいへんでしたが

何とも清々しい気分です☆ ひなたぼっこも最高!



そしてカルロスの奥さんからの食事♪
2014022620140226_173.jpg 

どうしてもラーメンが食べくなって、持ち込んだラ王を食べてみる。
2014022620140226_174.jpg
エネルギー充電です!!



時間ができたら、てっちゃんのバックパックショルダーのお裁縫。

背負えないバックなんて苦痛でしかないからね。

2014022620140226_172.jpg 



ってことで最後の1日は、のんびりと次の観光に標準を合わせるための

リフレッシュをなったのでした。




なんだかんだいろんなことがあったけど、

それでもエンジェルフォールツアーもロライマトレッキングも最高だったな。


ぶっちゃけもう二度と来なくていいと思うが

少なからずぼくの中では南米トップ3の絶景ではあるのです。






でもこれからベネズエラに来られる方は本当に注意して欲しい。



ロライマから帰ってきて初めて気づいたのだが、今ちょうどベネズエラではデモの真っ最中なのです。bg0af4hccaa-eoe-jpg-large.jpg



ベネズエラは世界でも最も美人が多いとも言われていますが

つい先日、ミス・ベネズエラも殺害されました。


とにかくデモに巻き込まれないこと。

政府はデモをする市民を徹底的に弾圧し、特にその原因がアメリカにあると主張しています。



報道規制もかなりあるようだし、世界の注目はウクライナ情勢に傾いてるので

日本では詳しい詳細とかはネット上でさえ少ししか上がってきません。

少なからずスペイン語、英語のサイトもしっかりチェックすべきです。





ってことでベネズエラ編も最終話でした。

最後は気持ちよく終わりたいのでロライマのパノラマショットをアップして終わりにします。
(クリックで拡大できます♪)



<最後にロライマの写真>

2014022620140226_175_20140302202237b68.jpg 


2014022620140226_202.jpg 


2014022620140226_201.jpg 


2014022620140226_197.jpg 


2014022620140226_190.jpg 


2014022620140226_200.jpg     


2014022620140226_139.jpg 



今日も読んでくれてありがとう。





世界一周Blogランキング参加中でーす♪
「あっ、おもしろっ!」って思った方!
1日1クリックお願いします!!
(ワンクリックでポイントが入るそうです♪)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村(携帯、スマホの方はこちら)


関連記事

テーマ : バックパッカー
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは^ ^
ベネズエラ編も読みごたえがありました。お疲れなのに記事のアップをありがとうございます!!
たいさんの記事は物語を読んでるみたいに、面白くてドキドキするし勉強になるしで何度も読み返してます。
ランキングもさすが上位3に入りましたね!


Re: タイトルなし

> おかじ さん

お返事遅くなってすいません!!

ベネズエラ編完読ありがとうございます。
そう、ほんとなぜにこんなに時間がかかってるかわからないですけど、ほとんど不眠のなかで記事を書いてたんです。でもこの気持ちや感動を熱いうちに伝えたくって。
ランキングもとうとうここまで来ましたね。より沢山の人に読んでもらえてうれしいです。親父旅、最後まで書き上げるぞー!

Re: タイトルなし

>おかじ さん

お返事すっごく遅くなって申し訳ございません!
ベネズエラ編も読んでもらえてうれしいです。寝る時間がかなりなくなりたいへんでしたが、なんとかなんとかやれてます。こんなに喜んでもらえるならもっと頑張らなくっちゃですね☆
とうとうランキングも上位に入ったし、この調子でがんばります(*^^*)
スポンサードリンク
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
合わせて読んでね♪
Twitter
世界一周の持ち物
使用一眼カメラ
❖NiconD7000
+18-105mレンズキット

中型サイズで邪魔にならず無難に良いカメラ
.................................
❖単焦点レンズ35m f/1.8G

値段も手頃で人や物をぼかすに最適
.................................
❖Canon デジタルカメラ PowerShot S120
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。