世界一周Blogランキング参加中でーす♪
「あっ、おもしろっ!」って思った方!
1日1クリックお願いします!!
(ワンクリックでポイントが入るそうです♪)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
.................................................
地球のらくがきのFacebookページ作りました♪
リアルタイム情報やブログで使った写真をアルバムにして掲載しています。
よかったら「いいね!」押して下さいね(^^)

Petit Customization Diary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あっブログ村1位のギター侍?!金丸さんとの出会い。

<親父旅 ペルー編クスコ①>




オリャンタイタンボからクスコにやってきました!


クスコは統一された茶色い屋根に、
20140222-113138.jpg 

緑色の山々を覆い尽くすほどにびっしりと家が立ち並んでいます。
20140222-113342.jpg 

標高3600m。
富士山の頂上くらいなのに、よくもこんなに人が住んでいるものだ。感心します。

そういえば、マラソンランナーが低地から高地に行って赤血球を増やすトレーニングもあるけど、逆にこっちの人が低地に行ったらスーパーマンになりそうな感じがするけど、それを聞いたら気持ち悪くなって体調崩しちゃんですって。なんだか、難しいなぁって感じました。




さてさて、
基本的にクスコでは3日間滞在の予定ですが、まったり希望です。



連日の移動と観光。

事前に宿の手配とかツアーの予約とかはしていたにも関わらずさすがに疲れてきました。



ぼくはぼくでブログを書くのがめっちゃ遅いし、

肝心な時にドジ踏んで保存なしに消してしまったりして最近の睡眠時間は2、3時間ってところです。




父はこの旅の記録をメモてとっているので、それをまとめる時間も必要だし

常さんはネットゲームしたいし、

てっちゃんは、クスコでどうしても会いたい人がいるらしくチャットばかりしてる。




これでいいのです。

ゆとりがあるから、観光も楽しいのです。

20140223-164501_20140308230312e80.jpg 





❖もちろん観光ガイドもします!


はい、みなさんこちらがアルマス広場ですよー。
20140221-160156.jpg 
スペイン人がもともとあった町を破壊し、植民地化したら町を作り直すわけですが、まず最初にアルマス広場を作ります。そしてこの広場を中心に町を広げていくのです。ですので迷ったらとりあえずここを集合にしましょう☆


次にサント・ドミンゴ教会!!
20140221-145030.jpg

こちらはスペインが造った教会ですが、もともとはインカ時代の太陽神殿でした。

教会建造の際にこの土台の石組は利用しその上に教会を建てたのですが、地震があった際にこの土台を残し上モノは崩壊したそうです。その結果、インカ人の石組み技術がどれだけすごいかの証明になったみたいです。



❖こちらが有名な12角の石です!
20140221-160635.jpg 
ハトゥン・ルミヨック通りという細い路地を進むと、この石組を目にします。
”カミソリの歯も通さない”と言われる石組み技術はかなり高度なものだったそうです。



まあ、ここまでの観光の説明はありきたりなので、天邪鬼なぼくは言わせていただきます。



このインカ帝国時代と時を同じくするのは日本の戦国時代です。

個人的な意見としてはこの程度の石組技術は日本にも存在したし、紀元前に建造されたイランのペルセポリスにも同等なものは存在します。更に、同時期にヨーロッパ諸国も様々な様式で教会を建造していましたがその技術はインカ帝国を遥かに凌駕します。


だから、なぜクスコにくるとここまでこの石組技術に感心するのか。

それは、インカ文明が車輪も大型家畜(牛・馬)も鉄器も文字も存在しないという低文明ながら頑張っていたからでしょうか。 大陸が違うだけでここまで文明にも開きがあるのですね。

でも、そんなことを言ったら観光できなくなりますね。これ以上はやめましょう。






さて、気を取り直して

町を歩いたら必ず注目して欲しいのは屋根の上!


そこには必ずプカラ牛”という置物を発見するだろう。

20140221-111235.jpg 
20140221-120827.jpg


沖縄のシーサーにも似ているが、

ペルーでは「家の守り神」「魔除け」「幸運を運ぶ」 と言われています。

意味合いも沖縄に近いかな。




プカラ牛は昔から幸運を呼ぶ置物とされてきましたが、


ペルーの象徴はコンドル

ペルーを侵略したスペインの象徴は牛なわけです。



幸運を運ぶはずの牛(スペイン)がペルーを侵略したわけなんですよね。
少し複雑な気持ちになるのはぼくだけでしょうか。








さて、そんな不純なことを考えていたからでしょうね。

クスコではあんまりよくないこともありました。


❖クスコのインカマッサージ屋にて
20140222-111523.jpg 

クスコではインカマッサージというのも有名で

一人15ソレス(550円)で 疲れた身体をほぐしてもらうことができるのですが



服を脱いで、タオルを身体に巻いてくださーーーい。はーーい。

脱いだ服はベットの床下に置いてくださーーい。はーーい。



1時間後、マッサージが終わり服を着ようとしたら

ぼくの服が思いっきり漂白されていました!!!

どうやら、床一面が漂白剤で濡れていたようです。




もうちょっと、奥に置いてくれれば良かったに~。もう。
20140222-105806.jpg 
そういう問題じゃないだろ!!



こっちは床に付いた部分の服全部が漂白剤で白くなってるんだよ。

こんな時にみんな色物で、もう着れないよぉぉ。



私なら着るわよっ!!



だから、そういう問題じゃないだろって!!





❖それと、アマゾナス航空。
20140221-145012.jpg 

クスコのあとは、ボリビアのラパス経由でウユニに飛ぶチケットを手配していたんだけど、
もともと乗継時間が1時間半だったのに、なぜか時間変更があって乗継30分になってしまったの。


ペルーからボリビアに入って、入国手続までしたら確実にウユニ行きの便に間に合わないだろ。



結局、受付の人に聞いたけど

わかんないなーーー。まあ、だいじょうぶじゃないかな?

みたいなゆるい返事もらって終わり。心配だなぁ。



だけど、旅してりゃこんなことはよくある気分を変えないとね。







さて、夜になるとてっちゃんが

あの旅人が来てるから会いに行こうよ!

って半ば強引に誘うので、ついて行くい事に。

20140222-193536_20140308165850f0d.jpg 

20140222-185709.jpg  

人混みを分けて進んでるのに、道端の売り物に興味津々で立ち止まってしまう。
20140222-185829.jpg 

こっこれは今年まだ食べてないクイ(テンジクネズミ)ではないかっ!!
20140222-185816.jpg
見た目はアレですが、美味しいので最後にレポートしますね!



あっ見つけた!!


てっちゃんが遠くを指さす。

演奏してるんだよ。折角だから邪魔をしちゃいけないよね。まずは遠くからすり寄ろう。





遠くから撮影を試みると、

えっ私を撮りたいの??

とっても嬉しそうにおばちゃん割って入ってきた。

20140222-191524.jpg 

ちっちがぁぁーーーーーーー

えっ?はあ、では1枚失礼します。。。。



とんだ勘違い野郎だぜ。

でもとっても満足そうなおばちゃんの顔が印象的だった。

 

そして本題はこのひと!
20140222-191551.jpg

20140222-192057.jpg 

ギターで歌いながら世界一周する金丸文武さんでした。

すげーーーーめっちゃ人集まってるじゃん。

20140222-192233.jpg

世界一周ブログランキングではずっと1位に君臨するこのひと。


歌を歌いその稼ぎで旅を続けるスタイルにファンも多いと聞く。

それに対してぼくは日本で働いて稼ぐか、海外で稼ぐかの違いであってそれがすごいとは思っていなかったんですが、歌を歌うことで人に出会い、そこから特別な経験をしていることがすごいなーーーっていつもブログを見て感心していたんです。

ぼくは短期旅行とは違うバックパッカーの醍醐味は現地交流にあると思うので、それを地でいってるような感じです。


日本が恋しいかと思い、お金の替わりに思いっきり日本食を差し入れしておきました。笑 
IMG_5250.jpg 

めっちゃくちゃ喜んでくれた!!
IMG_5248.jpg 


ってか、金丸さん!

こんなに歌が上手いとは思ってもいなかったっす!!笑




たったいさんっすか?

こんなに声が高いとは思ってもいなかたっす!!笑




えっえーーーぼくって声が高かったの??!!




こんな感じでまさかここで会うとは思ってもいなかったですが

てっちゃんがずーっとチャットしてたのは金丸さんでずっと出会う機会を探ってくれていたようです。




そしてこの後、一緒に飲みにもいったのですが

これが今日の売上げっす!!
20140223-013328.jpg 
でたーーー、
全部こぜにーーいくらかわかんねーーー。
 



確かにお札入れたら結構な額なので小銭になるのかな。持ち運びが大変そう。笑

あとどこでも歌っていいわけではなく、警察の取り締まりもあるし、乾燥で喉も傷めるし、高地で酸素量がもろ少ない中で歌うのもすごくたいへんだそうです。そういう話を聞くと応援したくなるなって素直に思いました。っていうか、ほんと声がいいのでファンになってしまったし。




さて、クスコでやるべきことと言えば

あとは珍味めぐりでしょう!!
20140223-202735.jpg  

とりあえず、フルクローレでアンデスの曲を演奏してくれるレストランに入り

注文したのはこちら!!
20140223-124116.jpg 

クイは観光客向けのレストランや、クイエリアと呼ばれるクイ専門レストランで食べられます。

クイエリアともなると、レストランの中にクイが飼育されていて好きなクイを選んで調理してもらうことも可能。美味しく食べるなら2時間程度はかかるのでその間のんびりお酒でも飲んで待っていましょう♪


そしてやって来たのは

❖クイの丸揚げ!
20140223-201644.jpg


ぼくはペルーに来てクイを食べないで帰るのは、

ペルーに来てマチュピチュに行かないのと同じ程度残念
だと思っています。


確かにこれ一匹で2000円もします。

だけど、高地であり植物だって育ちにくい環境で畜産はたいへんなんです。そこで繁殖力能力が高く、管理が容易なテンジクネズミ(クイ)が食べ物として普及するのは必然だったかもしれません。


それにスペイン人が侵略し、キリスト教改宗を進めようとしたときより大衆に受け入れられるようにした政策。

こっちでは宗教画「最後の晩餐」で食べているのは、なんと”クイ”なんです。

神の子たるイエスにネズミを食わせるとは、なかなか興味深いですがこれはすさまじい効果があったそうですよ。




次に注文したのはアルパカ!!
20140223-105625.jpg
このアルパカはほんと美味いんですよ。笑


まずはアルパカのカルパッチョ!
20140223-201627.jpg 

柔らかいのは仔アルパカを使っているからでしょうか、肉がピンク色です。

臭みもなく、脂っぽくもない。豚にもどことなく近いような食感です。


そして次にアルパカのステーキ!
20140223-203107.jpg 

これもミディアム・レアか、レアくらいで食べるとちょうどいいのですが、 肉汁の割になかなかアッサリして美味しいんですよね。

そして左側に添えられているのがキヌア。
ペルーやエクアドル、ボリビアで食べられる穀物ですが、栄養価が高くNASAの食事にも採用されているそうですが、栽培が難しく高級食材となっているのが現状なようです。




っという具合に、なんとまあ食材に関して話すと書ききれないのが残念です。

南米には日本では食べられないような食材がとっても沢山あります。しかもこれを調べると必ずその土地の気候・風土にあっていて大衆に馴染む理由もあるんですよね。

これを見つけるのがまた楽しいのです。





さてさて、今日はここまで。


今日も読んでくださってありがとうございます。

明日はクスコから2時間ほど離れたアンデスの村で市場があるようです。
まさかの2年ぶりの再会?!思わぬ出会いがあるのでお楽しみに☆   




世界一周Blogランキング参加中でーす♪
「あっ、おもしろっ!」って思った方!
1日1クリックお願いします!!
(ワンクリックでポイントが入るそうです♪)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村(携帯、スマホの方はこちら)


関連記事

テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

前回のアメーバで消されてしまったたいさんの伝説ブログではクイを市場で買ってきてさばいて干すとことか全てのっけてましたよね

スーパー衝撃でした!笑

かわいそうって思ったらダメだけど可愛すぎてつい思ってしまった笑

でももちろん遊びで屠殺してる訳ではないし私たちがスーパーで売ってるパックの牛や豚、鶏を買うのと変わらないですもんね

でもその記事でクイ食べてみたくなったのもまた事実
食べるとこ少なそうなのに高級食材ですよね

たいさんの旅、大好きです

No title

最後の晩餐でクイなんすね!!!画像調べたらそうなってた!!衝撃!!!!
キリスト教の、布教するために現地の物と混ぜて行くその感じがなんか好きです。ワイン好きのグルジアでは十字架がブドウ十字になったり、太陽信仰の場所で太陽とまぜてケルト十字を作ったり。

いつも楽しみに見てます!!

もーすぐ1位です。
旅の終わりまでに1位になりましょう!

すごい再会ですね!!
気付かれたたいさんもすごいです(^-^)

そういえば、前の時クイを食べて体調崩されてた気もしたんですが、またチャレンジされたんですね⁈それほど記憶に残る味て事でしょうか♪
記憶違いだったらすみませんσ^_^;

これからも良い旅路になりますように☆

クイ

アレキパのサンドラの家で調理されてましたね。
毛の生え変わり時期のクイの処理に手間取ってましたね。
食後にピーピーになっていましたね。
それでもまた食べたくなる美味しさなんですね。

No title

たいさんと金丸さんの感動の出会いのシーン、とっても素敵ですね☆
南米で会えたの、ほんとに凄いですね (*^-^)ノ■☆■ヾ(^-^*) ♪
一緒に旅をしてる所も見てみたかったなー。

もし、時間があったら一緒にやりたい事とか、ありましたか??

Re: タイトルなし

> 黒子 さん

お返事遅くなってすいません!!

よくぞ覚えていてくれましたぁ。そうなんです。前回は市場でクイを買って自分で調理しましたね。
あのクイの天日干し風景は、その後旅人の間では流行ったんですよ。笑
ずいぶんとカルチャーショックが大きい出来事ですよね。

そう、しかもこれが高級食材とくるんだから食べて見たくなりますよね。
食べるところは確かに少ないですが、なかなかおしいいですよ。ぜひぜひク黒子さんも機会があれば挑戦して欲しいです!!\(^o^)/

Re: No title

> にっぱー さん

お返事遅くなってすいません!!

そうなんです。大衆受けするように宗教だってどんどん変わっていくのがおもしろい。時代や政治においてもその都度、解釈は変えられてきました。
宗教は人が作ったもの、だからこそ人が変えていくのも道理なわけです。絶対的なものと頑なにとらえず柔軟に解釈するのは大切ですよね。そういった意味ではとてもおもしろい具体例でした。でも西洋の人がイエスがネズミを食べてると知ったらきっと怒るでしょうね。当時の時代背景や権力関係、宗教の分布の変化にとっても興味が出てきました。そこまでするってことは、きっと苦戦してたか、そうとう頭の柔軟なひとが宣教していたのでしょうね。

Re: タイトルなし

> ランキングの神様 さま

お返事遅くなってすいません!!
そうですね。やっとここまできましたね。

応援ありがとうございます。がんばります\(^o^)/

Re: タイトルなし

> イーアールアイ さん

お返事遅くなってすいません!!
かわいいなって思って、フェイスブックページの表紙にもしていた女の子だったのでさすがに覚えていますよぉ。笑
再会はとってもうれしかったです。はっとしましたもんね。


クイは記憶に残る味っていうよりは、食べる空気がとってもいいです。
みんなドキドキするし、恐る恐る食べる緊張感は見ていて楽しいですよ。笑
あと、食は文化ですのでこうしてその土地の食べ物を体験するのも立派な観光ですしね。


Re: クイ

> トゥカン♂ さん

さっすがーーーー。

詳細までしっかり覚えていてくれて嬉しいです。
そう、毛の生え変わりで処理がすっごくたいへんだったのです。
あのピーピーは酷かったなぁ。

ううぅん、あれはたいへんだったけど、それでもぼくってよりみんなに食べて欲しいって気持ちのほうが強かったかも。笑 ぼくもまた便乗して楽しんじゃいましたけどね♪グロいけど、惹きつける魅了ですね。

Re: No title

> ゆみ*さん

金丸さんってね。歌声がとってもいいんですよ。
正直・・・ここまでと思ってなかったです。(ちょっと失礼だけど。笑)

しかも会った瞬間に あっ!!って声をかけてくれて
ぼくのこともよく知っていてくれたんです。うれしいですよね。

時間があったらかぁ。
現地交流を大切にする点ではすごく共通してるので
その辺をもっともっといろいろ話したいですね。

教えてください

はじめまして。今年のGWにウユニに行く予定なのですがチケット購入後のアマゾナス航空のフライト変更で困っています。対処方法を検索していたところこちらのブログを読ませていただきました。

実は私も同日移動でクスコ→ラパス経由でウユニというフライトでチケットを購入したのですが、クスコ発が遅くなり、やはりラパスでのトランジットが30分しかない状況になってしまいました。

代理店からはフライト変更するならキャンセルして新しくチケットを取り直せ、その際のキャンセル料は自己負担という返答でした。

同じようなフライト変更のようでしたが、実際旅行されてどのよう対処されたのでしょうか。そにあたりがブログには記載されていませんでしたのでメッセさせていただきました(>_<)

Re: 教えてください

> yuna さん

そうですよねぇ。笑
このことを記事に書こうと思ったのですが、たぶんダラダラ書いても状況は読者に伝わらないかなって思いカットしちゃったんです。

ぼくもこの間かなり動揺しました。チケットを買い直すか、乗りおくれたら夜行バスで行くことも検討しました。1ヶ月以上までにその変更を知ったのでかなりビクビクはしていました。っていうか。ぼくは常さんがたまたま教えてくれたので良かったですが、時間の変更があったにも関わらずメールで連絡がきたのは出発の2日前ですよ。


そのアマゾナス航空の工程(クスコ→ラパス経由でウユニ)はぼくたちと一緒なんでその時の様子を記載します。

これはぼくも困りましたが、メールしても返事がないし、電話も微妙だったのでクスコのアマゾナス航空に聞きに行きましたが、「だいじょうぶでしょう。」と言われ、それにかけました。その時の感触は、「この従業員はなんの権限もないので、てきとうに返事してるな。」って感じです。


そして結果ですが、トランジットは30分でしたがだいじょうぶでした。

飛行機は20人程度の中型機で、イミグレも全部で10分程度。
なんだかんだなんとかなりました。

ただどんな対応と言われれれば、それでも最善を尽くすのに荷物を受け取り、再チェックイン(荷物の預入)が必要です。この間は、荷物受け取って走ってカウンターに行き、ここは沢山並んでいるし、クレジットカードの確認まであるのでひとりひとりの手続きがすごい時間かかります。だから横から説明しながら割り込ませてもらってすぐに預けました。この流れはずっと走ってはいました。でも、同じ状況にある危機感の薄い日本人はゆーーーーくり歩いてもいましけどね。

それと、荷物は再チェックイン必要ですが、クスコチェックイン時に、ラパスーウユニも同時にチェックインしてボーディングチケットはもらえました。一応、情報はこれでラパスは伝わるのかな。

それと、ラパスーウユニ便は1日にいくつかあります。席が空いていれば、次の便にまわしてくれたり、翌日に手配してくれるだけの考えはあるようです。希望の振替があるかどうかは運もあるかもしれませんね。ぼくたちは、ハイシーズンのために買い直す席もなかったので、最悪はその日の夜行バスも検討の範囲に入れていました。

あとフライトのチケットについては、代理店で何もやってくれないのですか?
なんのための代理店かわかりませんね。航空会社に電話させて変更させられないのでしょうか?

No title

たいたいさん

トランジットの件、教えていただきありがとうございました。

アマゾナスへ連絡していいるのですがコンタクトが取れなくて…アマゾナスの規約を見るとこういった場合のキャンセル料金は発生しないと記載あるのですが。

まだ時間はあるのでアマゾナスと直接交渉できるように頑張ってみます!!

Re: No title

> yuna さん

お返事遅くなってすいません!!
その後、無事に解決はしましたか?

すいません。最近はずっとバタバタしていてようやく今のお返事になってしまいました。

上手くいっていたならいいですが・・・。
スポンサードリンク
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
合わせて読んでね♪
Twitter
世界一周の持ち物
使用一眼カメラ
❖NiconD7000
+18-105mレンズキット

中型サイズで邪魔にならず無難に良いカメラ
.................................
❖単焦点レンズ35m f/1.8G

値段も手頃で人や物をぼかすに最適
.................................
❖Canon デジタルカメラ PowerShot S120
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。