世界一周Blogランキング参加中でーす♪
「あっ、おもしろっ!」って思った方!
1日1クリックお願いします!!
(ワンクリックでポイントが入るそうです♪)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
.................................................
地球のらくがきのFacebookページ作りました♪
リアルタイム情報やブログで使った写真をアルバムにして掲載しています。
よかったら「いいね!」押して下さいね(^^)

Petit Customization Diary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドの奇祭クンブメーラ2013!!

<インド編 その1>







おっ お は ようぅぅぅー


ご    ざい   ますぅーーーーーーーーーーー( ´Д`)








眠い!!









めちゃくちゃ眠いっていうか

朝の4時ですよ。






イエメンからインドについて早々、


時差とか関係なくぼくは日も昇らない時間から起きて行動してるんです。







でも、わざわざイエメンからインドに飛んできたのは

インドの奇祭”クンブメーラ”のためです!!









昨日の晩に宿のおっちゃんが


「クンブメーラを見に行くなら、4時には出発しないとたいへんだぞ。」







そんなことを言うので、半信半疑でホテルをでたんです。



リキシャー(人力車)に乗って コトコト コトコト 煙にまかれながら
サンガムという会場に向かいます。







サンガムまで10キロ。




ガンジス川系の川の河川敷であるサンガムにて、

沢山のヒンドゥー教徒が集まって沐浴するらしいのですが


半分くらい来たところでリキシャーの親父に降ろされます。





どうやら、クンブメーラの期間は

歩行者天国になるので車の通行規制が入るらしい。






でも、ぼくは10キロ分の料金を払っているので

それはずるいだろ!!ってリキシャーの親父とケンカしながら
半分返してもらうことに。(絶対に前払いはすべきではない。)







リキシャとは必ず金絡みのケンカが絶えない。





そんな話は聞いていたが、





このアラハバードのインド人は英語を全然話せないし、

数字すらも知らない状態なので早くもインドの洗礼を痛感したのでした。











そして、朝からもうグッタリしたぼくはようやく

サンガムに向けて歩き始めた。


1_20130629003024.jpg








街灯や人の流れを道標に先に進む。

どうせなら誰かと一緒に来たかったなって少し寂しさを感じながら
歩き続ける。









みるみるうちに人が増えてきた。


2.jpg        





そして、ぼくはあることに気づきました。(今更?!笑)



ひと多すぎっ!!!



3.jpg


4.jpg


地平線まで人で埋まっている。







人が多いな~っては思っていたけど

目が覚めるような人混み。





どうやらここがサンガムへの入り口だったらしい。






会場は難民キャンプのようになっていました。


5.jpg





ぼくは思ったのです。




ぼくが、祭りせいで5000円も、6000円もする宿に涙を流している間に

こいつらはここで寝ていたのか。




うらやましいぞこの野郎!







荷物がなかったら間違いなくそうしただろうと思う。








ここではペットボトルが一番売れる商品のようです。

6.jpg





この2リットルサイズのペットボトルにガンジス川の水を持ち帰るみたい。



この時期だけは、ペットボトルも需要が追いつかず、ぼくの水の入ったボトルも
欲しいと言われたのであげていまいました。






それと、沐浴に来ているひとは恐ろしいほど優しい。


7.jpg



8.jpg



ぼくを見ると道を譲ってくれるし、なんか手を振ってくる。





やはり神の前だと煩悩はなくなるのか。

いろんな家族連れが「こっちだよ!」ってガンジス川まで誘導してくれた。








しかし、困ったことがありました。





みんなでベタベタして、
お互いの生肌がこすれあって気持ち悪い!!!

なんとかしてぇ!泣








結局、沐浴すらしていないのに

ぼくの一張羅も泥だらけ。


精神状態もすでに沐浴が済んだ状態になりながら






やっとガンジス川に到着。


9.jpg




10m歩くのに5分もかかってしまった。ふぅ。






いたいたっ!!


これが噂に着ていたガンジス川の沐浴です。





10.jpg







はい、ではここでぼくが来たクンブメーラについて説明します。



クンブメーラはヒンズー教の神話から生まれた祭りで、神と悪魔が不死の蜜の入った水差しを取り合った際に滴がこぼれたとされるアラハバード、ナシク、ウッジャイン、ハリドワールの4つの聖地で交代で開催されています。

2ヶ月ほど続く期間中は、聖なる川へ続く道はインド国内から健康や長寿を願い、俗世の汚れをはらうためにやってきた巡礼者であふれ、海外からも観光客がやってきます。華々しく楽器が打ち鳴らされる中、柿色の袈裟(けさ)を着けた修行者を担いだ宗教パレードも行われ、街は活気にあふれるとのことです。



_______________________________________________________________







つまりは簡単にいうと




身を清める水浴びの神がかりにすごいのが

特別なこの時期、この場所でこの場所で行われるってこと。






しかもクンブメーラの中でもこのアラハバードで行われるのが
最も神聖で盛大に行われるんですって。




参考)
ぼくが訪れる2日前には史上最大級の沐浴が有り、3000万人ものひとが
訪れました。その際、重さに耐え切れず駅の階段が崩壊し10人もの命が犠牲になる
という悲しい事故もあったのです。







日本の人口の1/4が
1日に訪れたってこと!







すごいでしょ。

これこそがヒンドゥー教である神の力なのです。





11.jpg   



12.jpg





こんなに沢山のひとを見たのは初めてかもしれない。

きっとここで家族がはぐれてしまったら、もう無理なんだろうな・・・






ふわぁぁーーーーーん。アーーン(ノω・、)


ひとりぼっちで揉みくしゃにされながら泣く子どもの声。





少し経って、その小さな女の子はお母さんに抱きかかえれれる姿を見て
ちょっとホッとしました。








それにしても



こんなに人が入り乱れ、地面もぐちゃぐちゃの泥だらけ。

劣悪な環境としか言えないのにどうしたことでしょう。



13.jpg





彼らの瞳は真剣そのもので、ガンジス川に頭を下げたり、

お祈りするものばかりでした。







次は、こちらを見てください。


14.jpg




さっきの何百万人もごちゃごちゃしたエリアの反対側は

こんなガラガラ殺風景なグランドが広がっていました。


なんだなんだ??






だれがどう見ても、ここは特別な場所なんだなってことがわかるけど

状況が変わったのは日が少し上がりかけ、空の色が薄くなったときでした。








はーるまはーでぇぇぇ~。



大きな掛け声と、楽器。

人々の行進でこの沈黙は破られました。



15.jpg    


16.jpg
ここからは写真がメイン。







大勢の報道陣、カメラマンがその行列に押しかける。


ぼくは警察官3人くらいに止められて追い返される。




一般人は入れないみたい!!!!









くっそ~。


ここで負けてねるものか!!

特攻隊JAPAN!!!





この状況にぼくの鼓動はものすごい沸きだっていて、

興奮を抑えられない状況にあったのです。






そこでぼくは一旦引き下がって、周って報道陣に紛れ込む。

そこではまた、女性の警察官につかまった。 もうっ。







どうする?

よし、最終手段だ。







運転免許証を見せて、



「ぷろふぇっしょなる カメラマン !!」






どうだこのヤローって突きつけたら、




なんと入れたけどー(・∀・)







よっしゃ!!やっぱり特攻隊!!気合だぁぁ。








もう、やばいぃぃ。

こんな見たこともない格好の人たちがいっぱいいる~。


17.jpg



18.jpg


ほんと、すげーーー。

(さっきから、こればっかり。笑)







むむ??((゚m゚;)

こっこれは?




19.jpg    



20.jpg



21.jpg



22.jpg




もう・・・ こっこれは・・・

へっ へんたぁぁぁぁぁーーーー( ̄□ ̄;)!!



23.jpg






いや、服を着ないことこそが


神聖な行為なので間違っても”ヘンタイ” ではないので誤解しないように。





24.jpg



でもなんか、気持ちよさそう・・・w



25.jpg



26.jpg



27.jpg
もうここまで来ると野人ですね!






ハンパないぞぉぉー。このひとたち。


ぼくまで触発されて脱ぎたくなってきた   。笑 







 
そしてこちらが、 ”彼ら”専用の沐浴会場



28.jpg
もはた、戦場にも見えてしまう。







彼らは、 ”ババ”と呼ばれ、説明するにはとても長くなるので


ここは裸の全身に白い灰を塗ったヒンズー教の修行者(ババ)が

勢いよく川の水に入り、身を清めはじめたってことで解釈しておいて欲しい。






29_20130703193643.jpg




30.jpg    



31.jpg



32.jpg




沐浴の後もその興奮で踊り狂っている。

33.jpg





そして彼らは


濡れた裸に、また白い灰を塗って帰っていった。




34.jpg 


35.jpg







これこそが、聖者の行進なのだ。


ぼくが歩んできた世界のがどれだけ小さなものか痛感したひとときでした。。





これがクンブメーラの動画






世界一周Blogランキング参加中でーす♪

「あっ、おもしろっ!」って思った方!

1日1クリックお願いします!!

(ワンクリックでポイントが入るそうです♪)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



テーマ : バックパッカー
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

よかったー!

アメブロでお見かけしないのでどうしたのかと思っていました。
強制退会とは…
これからはこちらをマメマメにチェックしますね。
楽しみにしています♪

やっぱり、強制退会させられたんですね(^_^;)たいたいさんのブログを何度も探し、今日やっと発見することができました。
これからも楽しみにしています♪1

Re: よかったー!

> grace さん
コメントありがとうございます。いきなりブログ滞ってます。やっぱり書きダメが必要ですね。これから新しいブログなのでフレッシュな気分でがんばりますw

Re: タイトルなし

> なないろ さん
コメントありがとうございまっす。そうなんです。突然のことで一瞬パニックなりましたよw
強制退会って・・・はんか犯罪者みたいっすね。でも探してもらえてとっても嬉しいですーー!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
スポンサードリンク
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
合わせて読んでね♪
Twitter
世界一周の持ち物
使用一眼カメラ
❖NiconD7000
+18-105mレンズキット

中型サイズで邪魔にならず無難に良いカメラ
.................................
❖単焦点レンズ35m f/1.8G

値段も手頃で人や物をぼかすに最適
.................................
❖Canon デジタルカメラ PowerShot S120
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。