世界一周Blogランキング参加中でーす♪
「あっ、おもしろっ!」って思った方!
1日1クリックお願いします!!
(ワンクリックでポイントが入るそうです♪)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
.................................................
地球のらくがきのFacebookページ作りました♪
リアルタイム情報やブログで使った写真をアルバムにして掲載しています。
よかったら「いいね!」押して下さいね(^^)

Petit Customization Diary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンジス川と生きるって

<インド編 その4>





ガンジス川の朝は


日の出とともにインドが動き始める。




朝日をゆっくりみていたぼくも気づいたら大勢のひとに

囲まれていました。



o0600039812569779496.jpg
    



o0600039812569779495.jpg

 

ひと多すぎっ!!笑




まだ朝の6時くらいなんですよ。早起きすげーーーー

なんでも、沐浴するのは朝が良いらしいです。





インドとは言っても朝は寒いのにぃ。

すごいな。ねむねむzzz






❖太陽に向かって拝むひと

o0600039812570500947.jpg




❖水をちゃぱちゃぱしたり
o0600039812569779499.jpg  



❖水をかぶったり
5_20130711002008.jpg   





みんな沐浴には30分くらいかけてるのかな。



”早起きは三文の得”とはいうけれど、こうやって身を清めるのも

やっぱり朝なんですよね。



こうして1日がスタートするんです☆







こちらも沐浴の一貫のようで、

花をガンジス川に流すところ。


 6_20130711002011.jpg




家族で1つ。

花の盛り合わせに頭を下げて祈りを込めてる。



そしてゆっくりゆっくり、大事にそうに手のひらからガンジス川にのせる。

それを両手で水をすくいあげ、遠くに流してあげます。




7_20130711002014.jpg   




ガンジスに浮かぶマリーゴールド
8_20130711002018.jpg    





マリーゴールドは西洋では「聖母マリアの黄金の花」といわれるけど

ヒンドゥー教でも神様の花なんです。





ちなみにインドではこういった宗教で使われる花は

マリーゴールドやバラ、ジャスミンなどが一般的です。






そしていつまでいつまで祈り続ける。

9_20130711002021.jpg  





幸せを掴むのは自分の行動次第だと思ってるけど

こういった”祈り”で幸せを求める世界を間近に見てかなりの価値観の違いを
感じました。




でも、祈っても祈っても幸せになれなかったら

それは絶望に変わるんじゃい?って思ったんだけど





結局、幸せは心の持ちようだし、

少なからず祈ることで心が救われているそうです。




それにインドの法律ではカースト無くなったけど、

ヒンドゥー教では今でもカースト(階級)の慣習が残っていて
祈ることと現世での行い次第で来世の階級が決まってくるです。






来世を引き合いに出されるかぁ。

でも、来世や輪廻(生まれ変わり)と言う観念は仏教も同じですよね。




それは仏教がヒンドゥー教から生まれたものだからです。

ぼくはそれを初めてインドで知りました。





だから、インド人から宗教はなに?と聞かれるとスモールブッディストと答えます。

そうするとヒンドゥー教のインド人は微笑んで”兄弟だね”って答えました。




あーそうなのかーー。







話がずれて申し訳ないけど



キリスト教やイスラム教ってのはもともとユダヤ教から派生したものなんです。

でも彼らは”ただ1つの神”は同じであっても兄弟だとは思ってない。

むしろそれぞれの宗教のなかで更に宗派があって、また認めることはない。






ぼくたち日本人は宗教観念は薄いけど、やおろずの神の神道や仏教、儒教などいろんな宗教が
うすーーーくからみ合って生活に根付いていると思う。

これっていわゆる多神教なんだよね。


インドのヒンドゥー教も神様がいっぱいいるので多神教。その土地で祀る神も違うしね。






そういった意味では多神教の国のひとは、

宗教の話をしてもお互いの神様を否定することはないんです。




そういう神様がいてもいいんじゃない。みたいな。






ちょうどエチオピアの飛行機の中でイスラム教のひと数人に

神様は1つだ!!!って宇宙的な話と一緒に強く否定されたので



ちょっとそのことを思い出しました。











❖こちらはお勉強するひと 

10_20130711010341.jpg 





❖ガンジス川と朝の洗濯風景 
11_20130711010343.jpg




ガンジス川での洗濯の様子は

見ていてとっても気持ちよかったのでずっとここにいたかも。笑




川に膝までつかり、備え付けの洗濯板にパンパン叩きつける! 


12_20130711010345.jpg


パーン!パーーーン!!この音が爽快☆




手洗いの様子も。 
13_20130711010348.jpg 





そして洗濯物がきれいに干された土手。 
14_20130711010350.jpg 




この時だけはガンジス川はカラフルになるんだ! 
15_20130711011104.jpg 


16_20130711011107.jpg






ガンジス川にはインド人の生活の全てがあります。

一生、命そのものだと言っても過言ではないと思いました。







生まれたら赤子をガンジス川で洗い


お祈りして、


洗濯して、


汚れた食器を洗ったり


時には牛も猿も身体を洗って糞尿を置いていく。


そして死んだらガンジス川に流される







有名なのは水葬と言われる風習。

詳しくは次回に書くけどガンジス川ではよく死体が流れています。



ぷかぷか・・・。








でも、ぼくが一番信じられないって思っったのは


そんなガンジス川の水を彼らは飲むんですよね。






いやはや、神聖なものとはいえすごい。




ちなみにバラナシの日本人宿では

倒れた日本人がみんな倒れて横になってるのが有名です。



みんな沐浴して病気になったの。

酷い時には救急車で運ばれて数週間入院することも。



まあ、それが普通。笑

でもみんなノリで沐浴しちゃんだよね。笑







こちらは、巡礼のひとびと。 

17_20130711011110.jpg




みんなオレンジ色の服を来ているけど、なんか中国語を話してたな。

観光?!






今日も沢山の修行僧のサドゥーを見ました。


19_20130711011116.jpg
 


18_20130711011113.jpg
 

いやーなんかこのオーラがいいよね。

でも彼らはどちかというとはぐれのサドゥで観光客の前で写真を撮ってもらったり、
いろいろしてお金をもらって整形を立てています。





❖ガンジス川ほとりのひと。 

21_20130711011834.jpg   



20_20130711011831.jpg
 


みんな良い顔してらっしゃる。

っていうかぼくはこのターバンが好きっ!笑






こうしてぼくのバラナシ生活の2日目が始まりました。 


22_20130711011837.jpg






今日も読んでくれてありがとう。


世界一周Blogランキング参加中でーす♪
「あっ、おもしろっ!」って思った方!
1日1クリックお願いします!!
(ワンクリックでポイントが入るそうです♪)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村(携帯、スマホの方はこちら)

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

私は悪い女?

りり記 すさまじいインドの列車 を読んでみて

Re: 私は悪い女?

> りり記 すさまじいインドの列車 を読んでみて
りりさんと文体が違う!私は悪い女って はい、悪い女です。嘘ついちゃだめですよ。
てかこの記事は前に読んだよーw
スポンサードリンク
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
合わせて読んでね♪
Twitter
世界一周の持ち物
使用一眼カメラ
❖NiconD7000
+18-105mレンズキット

中型サイズで邪魔にならず無難に良いカメラ
.................................
❖単焦点レンズ35m f/1.8G

値段も手頃で人や物をぼかすに最適
.................................
❖Canon デジタルカメラ PowerShot S120
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。