世界一周Blogランキング参加中でーす♪
「あっ、おもしろっ!」って思った方!
1日1クリックお願いします!!
(ワンクリックでポイントが入るそうです♪)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
.................................................
地球のらくがきのFacebookページ作りました♪
リアルタイム情報やブログで使った写真をアルバムにして掲載しています。
よかったら「いいね!」押して下さいね(^^)

Petit Customization Diary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悩むキッカケ

<ネパール編その3>






今日は、ネパール近郊の町パタンに向かいます。

パタン行きのバスは、路上のオールドバスパークからパタン行きが出ています。



アッチだ!コッチだ!!


と言われながらたらい回しになりながら、やっとミニバスに乗り30分。






パタンの町に到着です☆

TAI_1222.jpg


TAI_1283.jpg



パタンは多くの伝説を含むいくつかの歴史的記録によれば、カトマンズ盆地では

一番古い都市であるとされています。


なので平日から、ネパール人の観光客が多く賑わっていました。






❖パタンのダルバール広場

TAI_1246.jpg


TAI_1256_20130805042507791.jpg




やっぱりここもカトマンズと一緒で、外国人観光客だけは入場料を払います。


マッラ王朝の16世紀~18世紀に建てられた建築物が立ち並んでいて、なかなか見応えがあるのですが
正直、どれもみんな同じに見えてしまう。





パタンの町には他にも沢山の寺院が立ち並んでいるのですが

一番興味があったのは



❖マハボーダ寺院


TAI_1320.jpg




この寺院、めっちゃくちゃすごいんです。

高さ30mほどの寺院なのですが、ここには9000もの仏像が彫り込まれているんです。


TAI_1329.jpg



とにかくこの仕事が細かい。

TAI_1308.jpg 


TAI_1315.jpg




他にもいろんな寺院や、町を巡ってネパール独特の建築や装飾を楽しめます。


❖町の通路には、さり気なく神様が彫られている。
TAI_1284.jpg 


❖寺院への道
TAI_1287.jpg 
 

❖寺院の守り神でこの竜をよく見ます。
TAI_1231.jpg 



ふざけた装飾に見えてしまうけど、きっと大真面目なんだろうな。
TAI_1238.jpg 


これを見るとどこか日本を思い出す。
TAI_1243.jpg  




❖パタンでお祈りをする老夫婦

TAI_1274-001_2013080503485737c.jpg 
  
TAI_1275.jpg 



なんかすごく味のある老夫婦だなって見ていました。




ちょっと話をしていたら、

お茶でもどうか?って誘われたんですが、







この後どうしても行く場所があったので

ここから、チベット難民キャンプへ移動。




チベットを強制的に中国にされてしまった際に、数多くの迫害を受けたチベット人はインドや、ネパールに難民として移住しました。


このチベット難民キャンプは、インドやネパールの各地になるのですが、

なかなか行く機会がなったのでどうしても足を運んで見たかったのです。




タクシーで10分ほど。

チベット難民キャンプというと、みんなテントに住んでいるのかと思っていたのですが

実際には、もう数世代前から移住してるらしく、みんな大きなビルに住んでいました。




一応、観光地にもなっているらしく、通されたのは

有名なチベット絨毯を織っているところ。

TAI_1351.jpg    

  

羊毛を100%使用した全て手作りのカーペットで

チベットの女性達の手で、一段一段丁寧に織られています。


TAI_1342.jpg


TAI_1349.jpg


TAI_1341.jpg





チベット絨毯を売ってこのコミュニティーの運営費用にしているのですが

実際には国際的に援助もあるそうで、ところどころ援助をした国の表記がありました。




あー この人達はもっといろんな会話をしたい。

でも言葉の壁が立ちはだかり歯がゆい思いばかりです。






こちらは、

❖絨毯織りを引退した女性


絨毯織りの部屋の併設したフロアに5、6人ほどのおばあちゃんがあいました。

TAI_1365.jpg


TAI_1356_201308050523235c3.jpg 




彼女たちとも英語が全然通じないので、ネパール語で軽く挨拶する程度だったけど



ぼくがいる間はずっとチベット音楽?? 楽器を奏でながらチベットの歌を歌ってくれていました。

もちろんぼくの為ではないですが、



どこかノスタルジックでぼくの田舎を思い出す切ない気持ちになりました。

不思議ですがこれだけで来た価値があると思ってます。






❖チベット移民が住む住宅街も目の前にあるので行ってみました。


TAI_1427.jpg


 TAI_1417.jpg




すごい静か!!




男性は働きに出ているからいないのかなっって思ったら、みんな寝ているそうです。


女性は働いて男は寝ていていいんかい?!



このチベット難民キャンプには800人ほどのチベット人が住んでいるそうです。

でも挨拶しようにもどこか無愛想だし、相手にされません。



なんでだろう。すごい恥ずかしがり屋なのだろうか。



それにしても誰もがここに心あらずみたいな不思議な感覚のする難民キャンプです。




❖こちらは幼稚園かな?

TAI_1408.jpg  



❖唯一話をできたおばあちゃん
TAI_1412.jpg



❖『世界最年少の政治囚』パンチェン・ラマ11世 
TAI_1435_20130805053538f72.jpg 




ダライ・ラマ法王によって時期後継者とされたその3日後には、

政治犯として中国に拉致されて行方不明となってしまいました。



その歳、当時でまだ6歳でした。



何が不幸か、この歳で人生を奪われたのはダライ・ラマに後継者に認定されたからでしょうか。






いろいろチベットについては、考えることはあるけど

いつかチベットが開放される時がくるのだろうか・・・・。



TAI_1420.jpg 




チベットが独立する日が来るといいですね。







最後に・・・



本当はもっとチベットについてこのブログで話をしたかったし、どういった現状になっているかも
お知らせしたかったのですが、自分が持ってるいる知識に対して、このチベット難民キャンプでは
うまく会話ができずにどこか不完全燃焼で終わりました。



なので中途ハンパになるので、

あえてここで詳しくは語りませんが、国を奪われたこういった人たちがいるってことも知っておいて下さい。





現実には最近のニュースでもありましたが、
「世界一幸福な国」と言われているブータンさえも中国に国を少しずつ奪われています。


なぜこうなってしまったかは、近年中国と国境ラインで敵対するインドとの友好関係を切って中国から
支援を受けた結果、いつ間に国を削られていたようです。

気を抜いてしまった外交上の問題じゃないかと・・・。


この先もずっと、チベットも含め中国からの脅威に怯える国をもっとあるんだろうなぁ。






答えはでなかったので、今日の記事はとにかく悩んでみたということでお終いにします。

悩ましいことは世の中にいっぱいです。







今日も読んでくれてありがとうございました。



世界一周Blogランキング参加中でーす♪
「あっ、おもしろっ!」って思った方!
1日1クリックお願いします!!
(ワンクリックでポイントが入るそうです♪)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村(携帯、スマホの方はこちら)

コメントの投稿

非公開コメント

セカイには

日本にいると知らないだけで、世界には沢山の難民がいて、今もおびえながらとか、風に吹かれながら、小さな子もおばあちゃんも必死に生きてるんだよね。
同じひとなのに。
答えはないだろうけど、これからも伝えていってね。世界のきれいなところもよどんだところも。

Re: セカイには

> 田村京子 さん

そうだね。
良くも悪くもそれざれあるけど、ぼくはほんと日本に生まれて良かったと思ってる。
自分で選択できるってことが何よりもいいね。

海外では生きる自由さえも選択できないひとが多くいるしね。
しっかり伝えていきます!
スポンサードリンク
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
合わせて読んでね♪
Twitter
世界一周の持ち物
使用一眼カメラ
❖NiconD7000
+18-105mレンズキット

中型サイズで邪魔にならず無難に良いカメラ
.................................
❖単焦点レンズ35m f/1.8G

値段も手頃で人や物をぼかすに最適
.................................
❖Canon デジタルカメラ PowerShot S120
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。