世界一周Blogランキング参加中でーす♪
「あっ、おもしろっ!」って思った方!
1日1クリックお願いします!!
(ワンクリックでポイントが入るそうです♪)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
.................................................
地球のらくがきのFacebookページ作りました♪
リアルタイム情報やブログで使った写真をアルバムにして掲載しています。
よかったら「いいね!」押して下さいね(^^)

Petit Customization Diary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定番な景色って嫌いですか?ギョレメはエロすごいぞ。

<トルコ編その6 カッパドキア>




今日も昨日に続いて4時起き!

っのはずが、ちょっと二度寝しちゃってさぁ。


急いで町の展望台に向かうぼく。

小高い丘にぼくが到着するとちょうど気球が登りはじめた頃でした。  

TAI_7000_20131119172929a38.jpg
すごっ!

水の中から気泡が上がるように、
ぷくーーぽうっ

次から次に気球があがっていく



なんかかわいいよねっ!



視線を太陽のほうに向けると益々幻想的かもっ♪
TAI_0372__1__2_tonemapped_1.jpg
もう一瞬で目がパチっとしたね。



目が覚める?

もうそんな感じじゃなくって、それどころかも胸もドキドキしてた。



ブルーとオレンジ色のトワイライトに、

いろんなデザインのバルーンが新しい色を加えていくの。



TAI_0293_-001_-002_tonemapped_2013111917264695d.jpg


真っ黒だったキャンパスがいつの間にかカラフルな世界に変わっていく。

いつの間にか心奪われたぼくはこのキャンパスの一部になっていたみたい。



わっ、いつの間にか後ろから気球が現れ急接近!
TAI_0263__1__2_tonemapped (2)
危ない!岩にぶつかるよっ!!



っと思ったらギリギリまで近づいた気球は、

ふわ~っと上昇し見事岩をかわしていました。やるなぁ。



気球に乗った人たちが地上のぼくを見つけて

グットモーーーニング!

って手を振ってきたww



ぼくも

ハヴ ファーーーン!


って手を振って返す。

いいねぇ。いっぱい景色を楽しんでね。

TAI_0424__2_tonemapped.jpg


なんか今日も良いことありそうな気がしますね!
20131119.jpg


ロマンチック♡
 TAI_0815__1_tonemapped_20131119172927d2c.jpg
↑↑なんかとってもうらやましかった!笑






◆  ◇  ◆



さて、軽くご飯を食べてからはカッパドキアでのもう1つの観光。

ギョレメの奇岩巡りをします!

TAI_6615.jpg 


ぼくが泊まっていたギョレメはこんな尖った奇岩がいっぱいです。 
 


カッパドキアの奇岩は「ペリバジャ=妖精の煙突」と呼ばれ、

伝説ではこの煙突の下には妖精たちが暮らしているんだって。


この伝説をなぞってか、実際に大昔のひともこの奇岩の1つ1つをくり貫いて

1つの住居に住んでいたそうです。すごいっ!作るのもたいへんそうw


そして現在ではそんな洞窟住居はホテルと改装されています。

一泊1万円以上もするの。高いでしょm(__)m




まあ、実際に泊まるのは無理でも

見て周ったほうがより楽しめるけどね!
TAI_6608.jpg 

辺り一面が奇岩で覆い尽くされています。
TAI_6602.jpg  

TAI_6626.jpg 

ちょっと周辺歩いただけだけど見応え十分です。



だけどここからは20キロくらい先までいろいろ周りたいので

原付きを借りて周りたいと思います。


ギリシャのサントリーニ島で骨折して以来ですね。久しぶり。
TAI_6853.jpg 


だけど乗り始めて気づいんたんだけど、

ゴツゴツした石畳の道がツルツル滑って前に行かないっ!


よくよくチェックしたらタイヤもツルツルだった。
TAI_6852.jpg
こりゃあ、ダメだ。


ちなみに自転車も含めてギョレメから東側(ギョレメ博物館やウルギュップ方面)

に向かってすぐの峠は急坂で事故多発地帯みたい。


自転車乗ってたトルコ人旅行者も事故ってたもんな。気をつけてね。



途中見かけた「ナザールボンジュウ」と呼ばれる魔除けがいっぱいある木を発見。
TAI_6862.jpg 

TAI_6859.jpg
この青い目のガラス球が「邪視」から守ってくれるというイスラム以前の迷信があるんだって。

最近ではよくお土産でプレゼントするみたいです。 
 


❖壺のなる木もあった(*´艸`*) なにするんだろう。
TAI_6865.jpg 

❖ ???
TAI_6867.jpg
よくわからん。



ギョレメから東へ10キロ進むとパシャパー地区。

ここでは3本のしめじみたいな奇岩が有名。
TAI_6887.jpg 

うん、キノコをいっぱい入れた鍋がしたい季節になりましたね。
TAI_6886.jpg


この先をずっと真っ直ぐ行くとラクダの形をした奇岩もあるらしいんだけど

工事中で行けなかったので後戻りして、今度はセルヴェ野外博物館を目指します。



途中たまたま立ち寄ったチャウシンという村。
20131119_3.jpg 


5世紀ごろに造られた村で、1950年頃まで人々が暮らしていたけど

岩の浸食や崩落のため廃村になったそうです。


遠くから見た姿がとってもかっこよかった。
20131119_2.jpg
真っ青な空と黄色い巨岩が鮮やかなコントラストですね。


あとはのんびり休憩。

一緒にザクロジュースを飲んだトルコ人観光客♪
cats_20131119204124107.jpg
トルコ人って美人さん多いよね。後でギョレメに帰った時に「タイ~泣」って泣きついてきて自転車で事故ったって聞いた時はビビったな。軽症で良かったですよ。ほんと。


このチャウシンを過ぎるといよいよセルヴェ野外博物館。
20131119_5.jpg

TAI_6904_20131119182142c30.jpg 

博物館っていうか、

しめじ岩がにょきにょきしてるのでそれを保護しているところです。


なんだかんだ他にもいろんなところ行ったんだけど、ここが一番好きだったかな。
 TAI_6910.jpg   

TAI_6921.jpg

TAI_6932.jpg


30分程度でぐるって一周できる程度の景色なんだけど

そのちょっと歩くだけで景色が一変するユニークさ。


ついつい夢中になっておもしろい奇岩ばっかり探していました。


スリーシスターズ(三姉妹の岩)
TAI_6956_20131119182354570.jpg 


まあ、ちょっと一歩間違うと卑猥な岩にも見えてしまうのは気のせいだろうか。
TAI_6927.jpg 


ほんと不思議な景色だよね。
TAI_6966.jpg     

TAI_6980_20131119182401fb1.jpg 


ところで、なんでこんな景色ができたかっていうと

6,000万年前の火山によって柔らかい凝灰岩に固い地層が堆積し
風や雨が長い年月をかけて岩を削った結果、最後に固い部分が残ったそうです。

その固いのが黒い先っちょなんだって。


なんか説明がアレだな。



まあ、とにかく今日は
一日わーわー感動する景色ばっかりを堪能させていただきました!
TAI_6978.jpg

20131119_4.jpg




今日も読んでくれてありがとう。



世界一周Blogランキング参加中でーす♪
「あっ、おもしろっ!」って思った方!
1日1クリックお願いします!!
(ワンクリックでポイントが入るそうです♪)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村(携帯、スマホの方はこちら)

続きを読む

テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

トラブルあったけど、カッパドキアで空飛んできた!

<トルコ編その5 カッパドキア>



石灰岩の美しい街パムッカレを出発したぼくは

カッパドキアにやってきました!


とっても美しい朝日。
TAI_6642.jpg 


トルコの観光は町と町が夜行バスで結ばれているので宿代もセーブできるし、

バスの中で寝れる分、観光の時間も有効に確保できますね。


ぼくは、朝目的地に到着して一番に朝日を見るのがとっても好き。

ほっとするんですよね(^^)




そして朝一番からカッパドキアの
観光として最も人気があるのがこちら!
TAI_6651.jpg 

バルーンツアーです♪

料金は85€とちょっと高いのですが、1時間ほどの飛行を楽しめるのです。



まあ問題は、これもちょっと天候次第ってのもあって

かなり安全基準が高いようで風があるといくら予約があっても中止になったり

風の見極めができるまで待機になってしまうのです。



そんなぼくも日の出前に出発して

朝日と一緒にバルーンで昇る予定だったけど残念m(__)m

明日に延期だったらそれでも良かったんだけど

ちょうど朝日が登って明るくなってからの飛行となりました。ガガーーーン!



まあ、仕方ないね!
TAI_6668.jpg
でも、こうして気球を膨らませているところってかわいいよね(*´艸`*)

ぷくーーーー!って膨らんでいくの。いいな。



さて、出発しま~す☆
TAI_6666_20131118205830ce0.jpg
ちょうどぼくの気球の風が中央に来ています。


上を見るとこんな感じ♪
TAI_6696_2013111820595018d.jpg 

よくよく考えたら今まで気球なんか乗ったことあったかな?

小さい頃にあったようなないような・・・記憶があまりないせいか内心すっごくドキドキで

興奮していました。



トルコには何十社もバルーン会社があるようで

ぼくのバルーン以外にもとにかくたっくさん飛んでいました。

TAI_0087__1_tonemapped (3)


すごくないですか?

確かに景色もすっごくいいんだけど、これだけバルーンがいっぱいなので

そこにものすごい感動しちゃった。



でもね、

今はシーズンオフなのでこれでもオンシーズンの半分くらいなんだって。

そんなこと言われたらオンシーズンにまた来たくなっちゃうよね。笑

もうどんだけーーーなんどろぉぉ。

20131118_2.jpg 



さて、空から地上を見下ろすと

下からでは見られないようなものも見つかります。


それが意外にも知られていない
「カッパドキアの地上絵」
TAI_0080.jpg
↑↑わわっ馬がいたんですけどっ!ビックリ。



ぼくもたまたま見つけたんだけど、

このカッパドキアには12もの地上絵があるみたい。


もともとはカッパドキアという地名が、「美しい馬の土地」という意味に

由来したので作り始めたようです。




他にはカッパドキアの地形を象徴する尖塔の奇岩群
TAI_6689.jpg


広大の広さでモリモリと岩が突き出ていました。
TAI_6693.jpg


このカッパドキアはとっても歴史が古く、

ローマ帝国によるキリスト教の迫害から逃れる為に作った地底都市が地下にあります。

TAI_6694.jpg 

これが絶対それだよね!すっげーー
TAI_6695.jpg  



もうさすがに30分も過ぎると、ちょっと寒くなってくるけど

それでもまだ胸はドキドキ興奮していました。



ただちょっとじれったいのが、見たい方角を自分で決められないの。

自分の入ったボックスからは反対の景色はよく見えないので、ゆっくりゆっくり

気球が回転するのを待たないといけないのです。



しっかし、爽快だなぁ。
TAI_6701.jpg  

TAI_6726.jpg



ほんとはね、欲を言えばこの飛んでいる気球のバックに太陽があって

無数の気球がシルエットになってるところを撮りたかったんだよね。

まあ仕方ない。



特に後悔もなくかなり満足度が高かったです。4時起きした甲斐があったな。
TAI_6745.jpg


TAI_6793.jpg


TAI_6749.jpg



あとは、写真を撮るならあえて気球に乗らずに地上から見る方法もある。

もちろん無料だし、これなら早起きさえすれば何度でも見られるしね!

明日やってみましょっ。眠いけどw



最後に、バルーンツアーが終わり地上に着くと

恒例のシャンパンタイム。
TAI_6815.jpg
パーーン!


あれっ?あんまりみんな元気ない?

そりゃあ、そうだろうな。


眠いし、寒いしって状況でのシャンパンは格別に・・・眠くなるw

さてぼくも今日の観光はもうちょっと寝てからかな?

おやすみなさい。 



TAI_6716.jpg


  TAI_7031_201311182202133ad.jpg




今日も読んでくれてありがとう!




世界一周Blogランキング参加中でーす♪
「あっ、おもしろっ!」って思った方!
1日1クリックお願いします!!
(ワンクリックでポイントが入るそうです♪)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村(携帯、スマホの方はこちら)



<カッパドキアトラブル情報>

あっそうそうカッパドキアの町にあるROSE RENTALというツアー会社は
日本語を話し、自称「日本人の妻がいて、東京にトルコ料理の店を経営してる」というやつが
働いていますが超嘘つきでトラブル続出です。
TAI_6842.jpg 
とりあえずツアーだけ適当に申し込ませて後から話が違うってなっても、
「すでにツアーに参加しただろ!」と言ってあしらわれます。
ぼくも喧嘩して警察にまで行きましたが、無駄骨っした。くっそーーー!泣

だから日本語を話す外国人は嫌いなんだーー。もーー。


それとバルーンツアーの料金については、100€とか最初は行ってきますがなんだかんだ最後は85€までは下げられます。
ツアーはカッパドキアで直接申し込まず、パムッカレやイスタンブールのほうが安いという情報もありますが結局は一度代理店を通しその提携のバルーン会社になるので、カッパドキアでいろんなツアー会社を周って比較するほうがいいのかなって思いました。以上蛇足。

続きを読む

テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

定番のパムッカレをどこまで極めるか。

<トルコ編その4 パムッカレ>




ちょうどもうすぐ冬ですね☆

雪もチラホラ振る頃でしょうか。



そんなぼくは、トルコのスキー場にやってきました。
TAI_6034.jpg

青い空に真っ白な雲と同化するほどの雪原。
TAI_6077.jpg

雪が溶け、その水蒸気がそのまま空の一部になっていくような連想をさせます。
TAI_6059.jpg 

そして足元には、水の流れに乗って流れとる子どもたちの姿。
TAI_6050.jpg
むむ?水の流れ?? 雪じゃないの?



わわっ(笑 

すいません。


本当はスキー場ではなくて石灰岩で出来た丘陵地パムッカにきています。
TAI_6036.jpg 

どこかアミューズメントパークにも見えてしまいますが


こちらは2世紀頃からローマ帝国で栄えた遺跡ヒエラポリスの一部で

世界遺産にも登録されているのです。 


❖こちらがそのヒエラポリス。
TAI_6241_201311160709398e3.jpg

ヒエラポリスはローマ帝国の温泉保養地として栄え、

ローマ劇場まできれいに残っていました。

TAI_6245.jpg
水着の女性が普通にいるのがなんともそそりますね。笑


このパムッカレは”綿の城”と言う名前で呼ばれるほど、真っ白な綿畑のように

広がり、大地から湧き出た白い煙と温泉に含まれる炭酸カルシウムが、石灰岩となり

険しい崖に美しい棚を作り出しているのです。


TAI_6117.jpg

さまざな形をした石灰棚の表情は、とてもユニークです。
TAI_6072.jpg

尖った牙をむくお化けのようなものもあれば、雪見大福のようなのもある。
TAI_6073.jpg

わぉ~ふっくらしていて美味しそう(*´艸`*)
TAI_6058.jpg    
     
でも実際の表面はこんなにもザラザラなのだ!
TAI_6075.jpg


もう一度全体を見渡してみる!とってもきれいですよね。
TAI_6094.jpg
何度見てもため息が出てしまいます。


❖ただ1つ問題もあるようです。


近年、町が観光化され、各地で地下水を組み上げるようになってからは

地下水が不足しパムッカレが枯れてしまいました。


そのせいで人工でお湯を流しているそうです。

それでも水が石灰岩に入ると青色が浮かび上がりこれがまた美しいのです。


TAI_6125.jpg


TAI_6144.jpg


TAI_6143.jpg 

確かにきれいだきれいだとは聞いていたけど、こんなにもきれいだったんだね。    
TAI_6169.jpg 

TAI_6179_01_20131116070714879.jpg


しかもこのパムッカレの石灰岩は、

場所が限られてるけどなかにも入ることができるのです。

TAI_6273.jpg

っというより土足禁止でして

裸足にならないと先に進めないようになっている。


ワンちゃんも一足先にトコトコ進んでいきます。
TAI_6184.jpg 

こんなところを足湯でまったりするのもいいですね。爽快です♪
TAI_6186.jpg 

きれいな石灰棚がどこまで続いてきます。
TAI_6222.jpg

TAI_6232.jpg    


水着に着替えて身体までたっぷりとお湯に浸かる観光客。
TAI_6281_-001_tonemapped.jpg   

こんなふうに2000年前のローマ人も癒やされていたんでしょうね。
TAI_6290_-002.jpg
ロマンがありますねぇ。



昔を偲びながら、

ぼくもゆっくり流れ行くお湯に足を漬け日頃の旅の疲れを癒やすのでした。



そして最後の見どころ!

日の沈むパムッカレの夕方は特に見逃せない。
TAI_6473.jpg 

石灰岩に夕焼けが映え、真っ白な世界からオレンジ色に染め上げるのです。
TAI_6429_-001_-002_tonemapped.jpg  


この様子をじっくり見てゆっくりと時を過ごすのも良かった。
TAI_6460-002.jpg 


どうでしょう!

もう行きたくてウズウズでしてきたでしょう(*´艸`*)



はい、そして日が沈んだら

ぼくがお世話になったのがこの「ラム子の食堂」
TAI_6009_20131116071943af7.jpg 

トルコ人と結婚された日本人のラム子さんが作った料理は絶品!page.jpg


トルコ料理はもちろん、ぼくがずっと食べたくてウズウズしていた日本食も

とにかく品数豊富だしボリュームがすごすぎっ!


あとは、トルコに住まないとわからないようないろんな話をして下さって

とっても有意義な時間を過ごすことが出来ました。


最後にはお弁当までいただき何から何までお世話になりました。

(ラム子さんはブログで現地情報も発信しているので良かったらぞいてみて下さい
トルコの石灰棚を眺めながら生活する日記 





っということで、

トルコの3大観光地では定番のパムッカレとなってはいますが

ぼくはとっても楽しむことができたのでした。


ちなみに、ズカズカいろんなところを歩きまわると警備員にピピーって
注意されますのでお気をつけて!笑



❖今日の写真
TAI_6093.jpg 

TAI_6103_20131116070610b90.jpg 

TAI_6207.jpg 

TAI_6307.jpg 



今日も読んでくれてありがとうございました。

次回はカッパドキアを紹介します。こちらもなかなかの絶景なのでお楽しみに!



世界一周Blogランキング参加中でーす♪
「あっ、おもしろっ!」って思った方!
1日1クリックお願いします!!
(ワンクリックでポイントが入るそうです♪)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村(携帯、スマホの方はこちら)

続きを読む

テーマ : バックパッカー
ジャンル : 旅行

散々トルコ◯◯の文句は言うけどさぁ・・・

<トルコ編その3>




トルコの楽しみ方ってなんだろう?!

やっぱりB級グルメと雑貨屋さん巡りではないでしょうか。



特にトルコ料理って

フランス料理、中華料理に続いて世界三大料理にも数えられてるんですよね。

(ケバブしかしらないけど・・・でも期待大です。)




さて、イスタンブールに来て食事をするとなると

これは必須!!食べなきゃイスタンブールに来た意味ないよ!

と言われる食べ物があります。



それはなんでしょう?

それはこの一日中の釣り人の絶えないガラタ橋にあります。
TAI_0126.jpg

ガラタ橋は釣り人がすっごくいっぱい!
TAI_0118_20131115015554aec.jpg 

このガラタ橋に定着したこの金色の船。
TAI_5289.jpg

なんとここの船は

船上レストランになってる?


船内には大きな鉄板が引かれ、網上でひっきり無しにサバが焼かれている。

とても香ばしく焼きあがる魚の匂いがぷんぷんで、とても食欲をそそります。


そして魚が焼きあがると、パンにサンドして地上に降り立ちます。
TAI_5292.jpg 

この周辺一体は沢山の行列。特にトルコ人が多いですね。
TAI_5295.jpg 

この食べ物はトルコ語でBalik ekmegi(バルック・エクメーイ)と呼ばれ

日本語言うサバサンド


日本人の口にもとっても合うようです。

それもそのはず。


トルコ近海で水揚げされたばかりの新鮮なサバに、トルコのパン。

トルコ人はパンにはとてもうるさいらしく、定期的に検査があって店の味が落ちると閉店させられちゃうって聞きました。すごいでしょ!



さて、普通はここで15分ほど並んでサバサンドを食べるのですが

ぼくはそのままガラタ橋を渡り、対岸の魚市場を目指します♪



❖イスタンブールの魚市場TAI_0161.jpg
思った以上に鮮度の良い魚が並んでいてちょっと驚きました。

鮮度が見てわかるように赤いエラを見せるように置くののがトルコスタイル。
TAI_0141.jpg 
こういった魚屋のとなりには、レストラン併設になっているので
そのまま新鮮な魚をフライやグリルにして食べるのもいいですよね。



更に、ぼくはこの魚を横目にそのまま公園の方向に向かいます。

まだ目的地はここはないのです。



実は、宿で出会った旅人に

「魚市場を過ぎたところに小太り店主のサバサンドが美味しいよ!」

って言われて、それを探していたのです。


迷いもせずにすぐに見つかりました。
TAI_5324.jpg
ほんと小太りだった。笑

こちらは、サバのグリルに香辛料をのせるのがポイントらしい。
TAI_5323.jpg

特徴的なのは、実際に訪れる客の9割は韓国人。
TAI_5322.jpg 

スパイシーサバサンドはここだけのオリジナルで

スパイス好きな韓国人にとってはこれ以上ない人気なのです。


早速ぼくも注文してみた。(1つ5リラ。約300円)
TAI_5325.jpg 
「サバは白いご飯で食べたいな」ってのが素直な感想。

ついでに味噌汁なんてあったらと想像膨らませた時点でぼくは帰ったほうがいいですよね。

そもそもパン派でないぼくはグルメ評論をすべきではないのです。



さて、次に人気のB級グルメといえば、

❖ムール貝のピラフ。
TAI_0162.jpg
このムール貝の1つ1つにご飯が詰まっています。

注文すると貝を2つに開いて、中身を出しレモンをギュッと絞ってくれる。
TAI_0164.jpg
この大きさで1つ50円。


ぶっちゃけ高いです。

初めボラれてる?って思ったのですがトルコ人も同じ金額払っています。

意外とこれを作るのに労力がいるのですが、これを6つくらいポンポン食べて
去っていくのが普通なようです。まあ、味はそこそこでした。



さて、なんだかんだやっぱりちゃんとご飯を食べない

満足できないですよね。


❖トルコの一般的な食堂(以下:ロカンタと呼ぶ)にやってきました。
TAI_5263.jpg 
ロカンタはこんなふうにいろんなおかずやご飯が並んでいるので

好きなものを注文し。、その場で盛りつけてくれるのでそれを持って店内で食べる。


ロカンタの料理はどれを食べてもはずれはない。
TAI_5447.jpg 
ぼくはオクラがとっても大好き。
TAI_5446_20131115022402b9e.jpg 

ただ失敗したのは、臓物のスープ。
TAI_5261.jpg 
ポタージュだと思って注文したら、

酸っぱいの臭いのってちょっとキツかったな。汗



まあ、B級グルメではこんなもんかな。

他にもあるのでしょうが、特徴的なものを紹介しました。



さて、ガラタ橋の側にあるエジプシャンバザールにやってきました。
TAI_5274.jpg 

お土産として人気なのはお茶やドライフルーツ。
TAI_5278.jpg
色鮮やかで食欲をそそります。

さまざな種類の花がティー用に販売されていて見るだけでも楽しい。
TAI_5621_201311150224128aa.jpg

トルコといえば、ロクムというカラフルなお菓子も人気。
TAI_0179.jpg 

クルミ、ピスタチオ、アーモンド、ヘーゼルナッツ、ココナッツなどを加えて作るようです。

見かけによらず、甘さも控えめでぼくも食べられました。

 TAI_0178.jpg  


さて、珍味でいうとちょっと意外だったのは

キャビアもありました。TAI_5279.jpg 

一般的なベルーガの卵ですが、ロシア産やイラン産のものを輸入していました。


基本的にトルコ人は食べないし、1缶1万円ほどするし、試食したが美味しくなかったです。

やっぱりフィンランドで食べたロシア産のベルーガのキャビアは美味しかったな。



さて、もう1つ珍味として紹介するならはずせないのが

こちら↓↓ 
TAI_5614.jpg
これ全部カラスミです。


トルコではカラスミを作ってるんですね。


ぼく自身驚きましたが、これはほぼ日本人観光客用

日本人にカラスミが、めちゃくちゃ売れるそうです。



店内には芸能人の写真や名刺が沢山置かれていていかにも人気店のよう。

今年の3月には高田純次もきていっぱいカラスミを買っていったそうです。


みんな、カラスミを買った日本人は気持ちよくノセられてるんですね。




エジプシャン・バザールのカラスミを売る店は日本語が上手なトルコ人がいて

とっても親切で雰囲気もいいのですが、ちょっと嘘つきです



「トルコのカラスミが世界で一番安い!」
とかいうのですが、

これは真っ赤な嘘です。


トルコのカラスミ 100g=50リラ~70リラ(約2500円~)⇐蝋付き
台湾のカラスミ 100g=300台湾$(約1000円~)
*味は公平に食べ比べで同じクラスを比較した場合。


しかも、トルコ産のカラスミはべったりとハチミツの蝋をコーティングに使ってるので

蝋を取った重さは60g~70g=2500円となるので、台湾産の3倍以上の値段ってことになる。



ただ上手なのが、日本のからすみ通販のプリントを見せて


日本では1万円以上するのが

トルコでは3000円で安いでしょっ!


という。なかなか商売上手で感心しました。

日本語もさることながら商品の予備知識もいっぱいあるし、しっかり勉強したんでしょうね。





さて、今度はグランドバザールにやってきました。
TAI_5723.jpg 

グランドバザールはエジプシャンバザールよりもはるかに大きく、

普通に歩いたら迷ってしまうほどの大きさです。

 
こういったバザールは1テナントに100万円ほどかかるらしく、
その分、商品に上乗せされていますが、いろんな店を比較して吟味するのはいいかも。TAI_5725.jpg 

きれいだよねぇ。 こういうの好きかも。
TAI_5734.jpg    

これはシーシャっていう水タバコの装置。
TAI_5742_2013111502355303f.jpg 

きれいな壺ですよね。
TAI_5728.jpg 
  
トルコだけにトルコ石のアクセサリもいっぱい♪
TAI_5746_201311150237598e3.jpg
トルコ石の石言葉は沈着冷静・先見の明・開放・社交性・冒険心・自由・穏やかな心。

ピアスもいろんな種類があって1つ150円くらい。
TAI_5772.jpg 

いろんな絵柄のお皿を見るのも楽しかったな。
TAI_5759.jpg 




結局、ぼくが何を買ったかというと

からすみなんだけどね!笑



結局そこかいっ!Σ(゚Д゚)

だってからすみ大好きなんだもん。




でもイスタンブールのB級グルメも雑貨屋さん巡りもとっても楽しそうでしょ☆

ってことで、今日はこれでお終い。



今日も読んでくれてありがとうございました。




世界一周Blogランキング参加中でーす♪
「あっ、おもしろっ!」って思った方!
1日1クリックお願いします!!
(ワンクリックでポイントが入るそうです♪)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村(携帯、スマホの方はこちら) 

続きを読む

テーマ : バックパッカー
ジャンル : 旅行

安倍首相に会いたい!

<トルコ編その2>




イスタンブールといえば、

つい先日オリンピックの開催地を東京都競った都市でもありますが


さらに先々週のことになると安倍首相がイスタンブールに来日し

マルマライの開通式に出席していましたね。



マルマライとはイスタンブールの欧州川とアジア側が海で分かれているところに通した海底トンネルです。

約2720億円を投じた一大プロジェクトを請け負ったのが日本の大成建設だったことで、日本とトルコの友好の架け橋としてわざわざやってきたんでしょうね。



そんな明るい話題で今イスタンブールは賑わっていますが

つい先日まで、イスタンブールでは反政府デモの連続でした。

TAI_5917.jpg  
めちゃくちゃ怖い雰囲気だけど、意外に子供もいるんだよね。

TAI_5901.jpg

このおばさん、めっちゃ激しいな。
TAI_5904_201311122158586f3.jpg

数千人規模のデモは、頻繁に行われ死傷者もでていました。
TAI_5885.jpg

警察側は催涙ガスを使うのでみんなガスマスクをしています。
TAI_5895.jpg

ものすごい緊迫感があります。


動き出すのは時間の問題だなって感じがしました。

正直、いきなりライフルをぶちかましてきそうでビビってました。


よし、場違いなばくはぼちぼち退散するかな。



ただちょっと意外だったのが、ちゃんとデモを始まる前に路上を陣取って
集団で食事してるんですよね。 
TAI_5854_20131112220735135.jpg
腹が減っては戦はできぬ!


そんな様子を横目に帰りましたが、ビンビンの緊張感をよそに

どこか腰が抜けるようなへな~っとした感じがありました。




ですが、現在では反政府デモも落ち着きをみせ

先ほどお話したしたように海底トンネルが開通し、今月11月中旬くらいまで

海底トンネルの地下鉄が無料になっています。



まだニュースの直後だったので、もしかしたら安倍首相に会えるかな?

って思い、早速行ってみたのでした。

cats.jpg TAI_0191_20131112221428417.jpg
マルマライは街のアチコチに矢印があるので迷わず行けました。
TAI_0191_20131112221428417.jpg 

駅に着くとビックリ。
工事現場が広がっていました。げげっーーー!TAI_0201_20131112221440288.jpg

これね、トンネルを掘ってたら約8000年前の遺跡が出てきちゃったんだってw

大成建設も工事を請け負ったはいいが、掘っても掘っても遺跡が出てきちゃうので
工期が4年も遅れちゃったんだって。

たいへんだよね。
一面が重要文化遺産で、発掘品がボックスに入れられています。
TAI_0199_201311122214364e6.jpg
なんてたって、8000年前だもんね。

こんなのトンネルを掘りに来たのか、遺跡を掘りに来たのかわかんないじゃんね。



まあ、それはさておき

駅の中に入ってみると驚きました。
TAI_0209.jpg
劇場かと思ったよ。随分と内装もかっこいいです。 

公共のトイレは50円くらい払うんだけど、ここはトイレも無料で無駄にそこでも感動してしまった。


至る所に出土品の展示がある。
TAI_0232.jpg 
みんな記念撮影で大忙し。


それと
壁には「日本とトルコ友好の記念」と書かれた看板がありました。
TAI_0240.jpg 
こういうのはなんだかんだ重要だよね。 


さて、マルマライの到着です。
TAI_0270.jpg
一見は普通の電車のようです。

では実際に試乗してみましょう。
TAI_0234_201311122236151e0.jpg
ちょっ、みんな無料期間をいいことに超満員ですけどっ!


イスタンブールのひとは電車の乗り方をしらないのか?

ずっと誰かが挟まっていてなかなか出られないと思ったら、それをいいことに
どんどん追加乗車してきますw


それにしても乗車してるのって、中高年の男性が多いなぁ。TAI_0237.jpg 



~乗った感想~

まあ、普通かな。。。。

勝手に海底トンネルと聞いて水族館みたいなイメージで来たけど
そんなわけがないよね。乗車時間は5分くらいで対岸に着いてしまいました。
TAI_0226.jpg
たった13.6キロだもんな。
すごく静かだったけど、やっぱり普通の電車でした。


あ~外の空気は美味しいなぁ。
TAI_0244.jpg 


アジア側に着いたはいいのですが、

特にすることもないのでそのままマルマライに乗って帰ることにしました。


TAI_0262.jpg 

 


さて、なんというか特に達成感もないですが

イスタンブールには空港が2つあって、LCCの発着するサビハギョクチェン空港は
このアジア側になるので、このマルマライのおかげで以前よりはずっとアクセスが
よくなったわけですね。


安倍首相には会えなかったですが、

まあとりあえず新しいものをちょっと体験してトルコ人の笑顔を見られたので
良かったです。



今日も読んでくれてありがとう☆

 


世界一周Blogランキング参加中でーす♪
「あっ、おもしろっ!」って思った方!
1日1クリックお願いします!!
(ワンクリックでポイントが入るそうです♪)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村(携帯、スマホの方はこちら)

続きを読む

テーマ : バックパッカー
ジャンル : 旅行

スポンサードリンク
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
合わせて読んでね♪
Twitter
世界一周の持ち物
使用一眼カメラ
❖NiconD7000
+18-105mレンズキット

中型サイズで邪魔にならず無難に良いカメラ
.................................
❖単焦点レンズ35m f/1.8G

値段も手頃で人や物をぼかすに最適
.................................
❖Canon デジタルカメラ PowerShot S120
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。